SAMURAI - NIMS Researchers Database

HOME > プロフィール > 加藤 誠一

加藤 誠一
Address
305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1 [アクセス]
  • 論文・発表

[研究論文] |[書籍] |[会議録] |[口頭発表] |[特許]

研究論文 TSV

2012
  1. Ivan Turkevych, Vasyl Ryukhtin, Vasyl Garamus, Seiichi Kato, Tadashi Takamasu, Giyuu Kido, Michio Kondo. Studies of self-organization processes in nanoporous alumina membranes by small-angle neutron scattering. Nanotechnology. 23 [32] (2012) 325606 10.1088/0957-4484/23/32/325606
  2. Seisuke Nigo, Masato Kubota, Yoshitomo Harada, Taisei Hirayama, Seiichi Kato, Hideaki Kitazawa, Giyuu Kido. Conduction band caused by oxygen vacancies in aluminum oxide for resistance random access memory. Journal of Applied Physics. 112 [3] (2012) 033711 10.1063/1.4745048
2010
  1. Jeungwoo Lee, Seisuke Nigo, Yoshihiro Nakano, Seiichi Kato, Hideaki Kitazawa, Giyuu Kido. Structural analysis of anodic porous alumina used for resistive random access memory. Science and Technology of Advanced Materials. 11 [2] (2010) 025002 10.1088/1468-6996/11/2/025002
2007
  1. Astushi NAKAHIRA, Kouji YOKOTA, Seiichi KATO, Noriyuki HIROTA, Hidehiko OKADA, Hiroshi ONODERA. Synthesis and Characterization of Fe Nanofiber using Alumina with Nanoholes by Anodic Oxidation. Journal of the Ceramic Society of Japan. 115 [1348] (2007) 905-908 10.2109/jcersj2.115.905
2006
  1. S Kato, S Nigo, Y Uno, T Onisi, G Kido. Voltage-induced insulator-metal transition at room temperature in an anodic porous alumina thin film. Journal of Physics: Conference Series. 38 (2006) 148-151 10.1088/1742-6596/38/1/036
2005
  1. G. Yang, J. Tang, S. Kato, Q. Zhang, L. C. Qin, M. Woodson, J. Liu, J. W. Kim, P. T. Littlehei, C. Park, O. Zhou. Magnetic nanowire based high resolution magnetic force microscope probes. Applied Physics Letters. 87 [12] (2005) 123507 10.1063/1.2043237
  2. Takahiro Iijima, Seiichi Kato, Ryuichi Ikeda, Shinobu Ohki, Giyuu Kido, Masataka Tansho, Tadashi Shimizu. Structure of Duplex Oxide Layer in Porous Alumina Studied by27Al MAS and MQMAS NMR. Chemistry Letters. 34 [9] (2005) 1286-1287 10.1246/cl.2005.1286
2004
  1. Tomoo Udagawa, Susumu Hashio, Kengo Morita, Osamu Suzuki, Akira Tamaki, Tadashi Takamasu, Seiichi Kato, Hideaki Kitazawa, Giyuu Kido. Higher-Order Multipolar Effects on Elastic Properties of PrNi5. Journal of the Physical Society of Japan. 73 [6] (2004) 1514-1518 10.1143/jpsj.73.1514

書籍 TSV

会議録 TSV

2013
  1. 原田 善之, 加藤 誠一, 児子 精祐, 北澤 英明, 木戸 義勇. 希少金属代替陽極酸化皮膜による次世代型メモリー. アルミニウム研究会誌. 2013, 1-9
2009
  1. GOTO, Atsushi, KATO, Seiichi, TURKEVYCH, Ivan, OHKI, Shinobu, SHIMIZU, Tadashi, HASHI, Kenjiro, TAKEHANA, Kanji, TAKAMASU, Tadashi, KITAZAWA, Hideaki. Temperature dependence of the optical nuclear orientation in InP. JOURNAL OF PHYSICS: CONFERENCE SERIES. 2009, 022018-1-022018-3
2008
  1. TURKEVYCH, Ivan, PIHOSH, Yuriy, GOTO, Masahiro, KASAHARA, Akira, TOSA, Masahiro, KATO, Seiichi, TAKEHANA, Kanji, TAKAMASU, Tadashi, KIDO, Giyuu, KOGUCHI, Nobuyuki. Photocatalytic properties of titanium dioxide sputtered on nanostructured substrate. THIN SOLID FILMS. 2008, 2387-2391
  2. KATO, Seiichi, NIGO, Seisuke, LEE, Jeungwoo, MIHALIK, Matus, KITAZAWA, Hideaki, KIDO, Giyuu. Transport Properties of Anodic Porous Alumina for ReRAM. JOURNAL OF PHYSICS:CONFERENCE SERIES. 2008, 012017-1-012017-4
2006
  1. KATO, Seiichi, SHINAGAWA, Hideyuki, KIDO, Giyuu. Measurements of Large High-Performance Permanent Magnet with Superconducting Magnet. Journal of Applied Physics. 2006, 08D914-1-08D914-3
  2. S Kato, S Nigo, Y Uno, T Onisi, G Kido. Voltage-induced insulator-metal transition at room temperature in an anodic porous alumina thin film. JOURNAL OF PHYSICS : CONFERENCE SERIES. 2006, 148-151
  3. KATO, Seiichi, KITAZAWA, Hideaki, IMAI, Motoharu, KIDO, Giyuu. Specific Heat Study of Induced-Moment Ferromagnet PrPtAl Single Crystal. PHYSICA B. 2006, 1105-1106
2005
  1. GOTO, Atsushi, SHIMIZU, Tadashi, HASHI, Kenjiro, OHKI, Shinobu, IIJIMA, Takahiro, KATO, Seiichi, KITAZAWA, Hideaki, KIDO, Giyuu. Nuclear spin polarizer for solid-state NMR quantum computers. The American Institute of Physics Conference Proceedings. 2005, 1471-1472
  2. KATO, Seiichi, SHINAGAWA, Hideyuki, OKADA, Hidehiko, KIDO, Giyuu, 三橋和成. Application of Ferromagnetic Nano-wires in Porous Alumina Arrays for Magnetic force Generator. SCIENCE AND TECHNOLOGY OF ADVANCED MATERIALS. 2005, 341-343
2004
  1. KATO, Seiichi, KITAZAWA, Hideaki, KIDO, Giyuu. Magnetic Properties of Ni Nanowires in Porous Alumina Arrays. JOURNAL OF MAGNETISM AND MAGNETIC MATERIALS. 2004, 1666-1667

口頭発表 TSV

2019
  1. KATO, Seiichi, 児子 精祐. Metal-insulator transition of amorphous alumina with oxygen vacancies. MANA international symposium 2019. 2019
2015
  1. TSUJII, Naohito, E. A. Payzant, N. C. Muniraju, A. Huq, MAMIYA, Hiroaki, KATO, Seiichi, KITAZAWA, Hideaki. Neutron Powder Diffraction Study of CuFeS2-based Thermoelectric Materials. NIMS conference 2015. 2015
  2. 辻井 直人, E. A. Payzant, N. C. Muniraju, A. Huq, 間宮 広明, 加藤 誠一, 北澤 英明. CuFeS2系熱電材料の粉末中性子回折. 共用・計測 合同シンポジウム2015. 2015
2013
  1. 加藤 誠一, 片桐 昌彦, 浦島邦子. 陽極酸化法を利用したアルミ水素貯蔵材料の開発. 第74回応用物理学会学術講演会. 2013
2012
  1. HARADA, Yoshitomo, KATO, Seiichi, NIGO, Seisuke, NAKANO, Yoshihiro, KITAZAWA, Hideaki, KIDO, Giyuu. Artificially ordered anodic porous aluminum by EB imprinting technique. International Conference on Emerging Advanced Nanomaterials (ICE. 2012
  2. 北澤 英明, 河村 幸彦, 門馬 綱一, 加藤 誠一, 辻井 直人, 茂筑 高士, デニ アンドレアス, Lukas Keller, Jiri Prchal, Pavel Javorsky, Junrong Zhang, 鳥居周輝, 米村雅雄, 神山 崇. 希土類3元系化合物の同相構造相転移. 第4回J-PARC/MLFシンポジウム・茨城県ビームライン平成23年度成果報. 2012
  3. HARADA, Yoshitomo, KATO, Seiichi, NIGO, Seisuke, NAKANO, Yoshihiro, KITAZAWA, Hideaki, KIDO, Giyuu. Ubiqutous Resistive Random Access Memory device composed of Al and O elements. IUMRS-ICEM2012. 2012
  4. KATAGIRI, Masahiko, URASHIMA KUNIKO, KATO, Seiichi. Characteristics of New Approach for Aluminum Hydrogen Storage Materials. IUMRS-ICEM2012. 2012
  5. 北澤 英明, 櫻井 健次, 武田 良彦, 加藤 誠一, 虫明 磨毅, 藤田 大介. SIMS等を用いた吸着挙動の検討. 廃棄物減容のためのCs動態研究に関するJAEA-NIMS共同研究ミーティン. 2012
  6. 北澤 英明, 河村 幸彦, 門馬 綱一, 加藤 誠一, 辻井 直人, 茂筑 高士, デニ アンドレアス, Lukas Keller, Jiri Prchal, Pavel Javorsky, Junrong Zhang, 鳥居周輝, 米村雅雄, 神山 崇. 希土類3元系化合物TbPd1-xNixAlの同相構造相転移. 日本物理学会2012年年次大会. 2012
  7. 原田 善之, 児子 精祐, 加藤 誠一, 中野 嘉博, 北澤 英明, 木戸 義勇. Al2O3:Al-ReRAMデバイスの作製. 第59回応用物理学関係連合講演会. 2012
  8. KATAGIRI, Masahiko, URASHIMA KUNIKO, KATO, Seiichi. Hydrogenation of Aluminum by Anodic Coating for AlH3 Hydrogen Storage Material. ICFEE 2012. 2012
  9. KITAZAWA, Hideaki, KAWAMURA, Yukihiko, MOMMA, Koichi, KATO, Seiichi, TSUJII, Naohito, MOCHIKU, Takashi, DOENNI, Andreas, Lukas Keller, Jiri Prchal, Pavel Javorsky, Junrong Zhang, Syuki Torii, Masao Yonemura, Takashi Kamiyama. Isostructural phase transition in rare-earth ternary compound TbPd1-xNixAl. 第3回MLFシンポジウム. 2012
2011
  1. HARADA, Yoshitomo, NIGO, Seisuke, KATO, Seiichi, KITAZAWA, Hideaki, KIDO, Giyuu. Low forming voltage ReRAM in Al/Al:Al2O3/Al. International Symposium on Advanced Nanodevice and Nanotechnolog. 2011
  2. HARADA, Yoshitomo, NIGO, Seisuke, KATO, Seiichi, KITAZAWA, Hideaki, KIDO, Giyuu. Crossbar type AlOx-ReRAM device. Intern. Symp. Advanced Nanodevices and Nanotechnology. 2011
  3. 北澤 英明, 児子 精祐, 原田 善之, 李 政祐, 加藤 誠一, 中野 嘉博, 大吉 啓司, 籾田 浩義, 大野 隆央, 柳町 治, 井上 純一, 熊谷 和博, 関口 隆史, 木戸 義勇. ナノ計測技術によるアルミナ系ReRAMデバイス開発. 第3回AIST-NIMS計測分析シンポジウム. 2011
  4. HARADA, Yoshitomo, NIGO, Seisuke, KATO, Seiichi, KITAZAWA, Hideaki, KIDO, Giyuu. Direct electron beam lithographic method for fabrication of long range ordered anodic porous aluminum. Intern. Symp. Advanced Nanodevice and Nanotechnology. 2011
  5. KITAZAWA, Hideaki, KAWAMURA, Yukihiko, MOMMA, Koichi, KATO, Seiichi, TSUJII, Naohito, MOCHIKU, Takashi, DOENNI, Andreas, Jiri Prchal, Junrong Zhang, Syuki Torii, Masao Yonemura, Takashi Kamiyama. The isostructural phase transition in TbPd1-xNixAl and TbNi1-yCuyAl studied by high-resolution powder neutron diffraction. 1st Asia-Oceania Conference on Neutron Scattering. 2011
  6. KATAGIRI, Masahiko, KATO, Seiichi, URASHIMA Kuniko. Structural Stability of AlH3 as Hydrogen Storage Material. 2nd ISNPEDADM - 2001. 2011
  7. 北澤 英明, 児子 精祐, 原田 善之, 加藤 誠一, 中野 嘉博, 大吉 啓司, 柳町 治, 井上 純一, 木戸 義勇. AlOx-ReRAM素子開発の現状. 2011年秋季 第72回 応用物理学会学術講演会. 2011
  8. 原田 善之, 大井 暁彦, 児子 精祐, 加藤 誠一, 北澤 英明, 生田目 俊秀, 木戸 義勇. 酸化アルミニウム系ReRAMデバイスの作製2. 第72回応用物理学会学術講演会. 2011
  9. 児子 精祐, 原田 善之, 加藤 誠一, 柳町 治, 中野 嘉博, 北澤 英明, 木戸 義勇. MIS構造のAlOx-ReRAM. 第72回応用物理学会学術講演会. 2011
  10. 加藤 誠一, 児子 精祐, 原田 善之, 北澤 英明, 木戸 義勇. 陽電子消滅法によるアルミ陽極酸化膜のナノ空孔測定. 第72回応用物理学会学術講演会. 2011
  11. 原田 善之, 児子 精祐, 加藤 誠一, 中野 嘉博, 北澤 英明, 木戸 義勇. Al:Al2O3-ReRAMデバイスの作製. 第72回応用物理学会学術講演会. 2011
  12. 加藤 誠一, 児子 精祐, 原田 善之, 北澤 英明, 木戸 義勇. 陽電子消滅法によるアルミ陽極酸化膜のナノ空孔測定. 2011年秋季 第72回 応用物理学会学術講演会. 2011
  13. 原田 善之, 加藤 誠一, 児子 精祐, 木戸 義勇. 化合物薄膜の作製と物性. 岡山大学理学研究科池田研究室セミナー. 2011
  14. 後藤 敦, 大木 忍, 端 健二郎, 清水 禎, 瀧澤 智恵子, 加藤 誠一, 北澤 英明. 光ポンピング法を偏極源とした固体超偏極技術の開発. 日本物理学会第66回年次大会. 2011
  15. 辻井 直人, 北澤 英明, 加藤 誠一. YbPdSiの強磁性. 日本物理学会 第66回年次大会. 2011
  16. 加藤 誠一, 齋藤寛之, 片桐 昌彦. 陽極酸化処理されたアルミニウムの水素貯蔵. 第58回応用物理学関係連合講演会. 2011
  17. 加藤 誠一, 齋藤寛之, 片桐 昌彦. 陽極酸化処理されたアルミニウムの水素貯蔵. 2011年春季 第58回 応用物理学関係連合講演会. 2011
2010
  1. GOTO, Atsushi, TAKIZAWA, Chieko, KATO, Seiichi, OHKI, Shinobu, HASHI, Kenjiro, SHIMIZU, Tadashi, IKEDA, Naoki, SUGIMOTO, Yoshimasa. Controlling hyperpolarized nuclear spins in optically pumped semiconductors. The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies. 2010
  2. 後藤 敦, 清水 禎, 端 健二郎, 大木 忍, 瀧澤 智恵子, 加藤 誠一. 光ポンピング法を偏極源とした固体超偏極技術の開発 . 第9回JST-PRESTO「物質と光作用」領域会議. 2010
  3. 後藤 敦, 清水 禎, 端 健二郎, 大木 忍, 瀧澤 智恵子, 加藤 誠一, 北澤 英明. 半導体における動的核偏極技術の開発 V. 日本物理学会2010年秋季大会. 2010
  4. 原田 善之, 児子 精祐, 李 政祐, 加藤 誠一, 中野 嘉博, 北澤 英明, 木戸 義勇. 陽極酸化アルミナの深さ方向成分分析. 2010年秋季 第71回 応用物理学会学術講演会. 2010
  5. HARADA, Yoshitomo, NIGO, Seisuke, KATO, Seiichi, LEE, Jeungwoo, NAKANO, Yoshihiro, KITAZAWA, Hideaki, KIDO, Giyuu. rf-GDOES depth profiling analysis of anodic porous aluminum. STAC-4. 2010
  6. KATO, Seiichi, NIGO, Seisuke, HARADA, Yoshitomo, NAKANO, Yoshihiro, LEE, Jeungwoo, OYOSHI, Keiji, KITAZAWA, Hideaki, KIDO, Giyuu. Local electronic structure and memory characteristics of anodic porous alumina film as a ReRAM. STAC-4. 2010
  7. 瀧澤 智恵子, 後藤 敦, 端 健二郎, 清水 禎, 大木 忍, 加藤 誠一, 池田 直樹, 杉本 喜正. 半導体における動的核偏極技術の開発. 第47回固体NMR・材料フォーラム. 2010
  8. 後藤 敦, 清水 禎, 端 健二郎, 大木 忍, 瀧澤 智恵子, 加藤 誠一. 光ポンピング法を偏極源とした固体超偏極技術の開発 . 第8回JST-PRESTO「物質と光作用」領域会議. 2010
  9. 後藤 敦, 清水 禎, 端 健二郎, 大木 忍, 瀧澤 智恵子, 加藤 誠一, 北澤 英明. 半導体における動的核偏極技術の開発 IV. 日本物理学会2010年次大会. 2010
  10. 李 政祐, 中野 嘉博, 原田 善之, 児子 精祐, 加藤 誠一, 北澤 英明, 木戸 義勇. 同時スパッタ法を用いて作製したAl2O3薄膜のスイッチング特性. 2010年春季 第57回 応用物理学関係連合講演会. 2010
  11. 原田 善之, 児子 精祐, 李 政祐, 加藤 誠一, 大吉 啓司, 中野 嘉博, 北澤 英明, 木戸 義勇. 陽極酸化アルミナのバンド構造. 2010年春季 第57回 応用物理学関係連合講演会. 2010
2009
  1. HARADA, Yoshitomo, NIGO, Seisuke, LEE, Jeungwoo, KATO, Seiichi, OYOSHI, Keiji, NAKANO, Yoshihiro, KITAZAWA, Hideaki, KIDO, Giyuu. The energy band structure of anodic porous alumina. ISANN2009. 2009
  2. 後藤 敦, 清水 禎, 端 健二郎, 大木 忍, 瀧澤 智恵子, 加藤 誠一, 北澤 英明. 半導体における動的核偏極技術の開発 . 平成21年度NIMSナノ計測センター研究成果発表会 - 公開セミナー. 2009
  3. 瀧澤 智恵子, 加藤 誠一, 後藤 敦, 池田 直樹, 杉本 喜正. 陽極酸化法を用いた半導体基板の表面微細加工. 平成21年度NIMSナノ計測センター研究成果発表会 - 公開セミナー. 2009
  4. 後藤 敦, 清水 禎, 端 健二郎, 大木 忍, 瀧澤 智恵子, 加藤 誠一. 光ポンピング法を偏極源とした固体超偏極技術の開発 . 第7回JST-PRESTO「物質と光作用」領域会議. 2009
  5. 後藤 敦, 清水 禎, 端 健二郎, 大木 忍, 瀧澤 智恵子, 加藤 誠一, 北澤 英明. 半導体における動的核偏極技術の開発 III. 日本物理学会2009年秋季大会. 2009
  6. 加藤 誠一, 後藤 敦, 瀧澤 智恵子, 池田 直樹, 杉本 喜正. ポーラスアルミナをマスクに用いたInPのドライエッチング. 2009年秋季 第70回 応用物理学会 学術講演会. 2009
  7. 李 政祐, 高増 正, 中野 嘉博, 児子 精祐, 原田 善之, 加藤 誠一, 北澤 英明, 木戸 義勇. ポーラスアルミナ膜の極低温下での輸送特性. 2009年秋季 第70回 応用物理学会 学術講演会. 2009
  8. 李 政祐, 中野 嘉博, 児子 精祐, 原田 善之, 加藤 誠一, 北澤 英明, 木戸 義勇. Si基板上のAl2O3酸化膜の抵抗変化型スイッチング特性. 2009年秋季 第70回 応用物理学会 学術講演会. 2009
  9. LEE, Jeungwoo, OYOSHI, Keiji, NIGO, Seisuke, NAKANO, Yoshihiro, KATO, Seiichi, KITAZAWA, Hideaki, KIDO, Giyuu. Anodic porous alumina for resistive random access memory. 23rd Int. Conf. on Amorphous and Nanocrystalline Semiconductors. 2009
  10. KATO, Seiichi, KITAZAWA, Hideaki, NIGO, Seisuke, HARADA, Yoshitomo, YANAGIMACHI, Osamu, LEE, Jeungwoo, KIDO, Giyuu. Resistive switching mechanism of anodic amorphous alumina ReRAM. STAC-3. 2009
  11. 後藤 敦, 清水 禎, 端 健二郎, 大木 忍, 瀧澤 智恵子, 加藤 誠一, 北澤 英明. 光ポンピング法を偏極源とした固体超偏極技術の開発 . 第6回JST-PRESTO「物質と光作用」領域会議. 2009
  12. 加藤 誠一, 児子 精祐, 中野 嘉博, 李 政祐, 北澤 英明, 木戸 義勇. AlOx-ReRAMのノンポーラ動作. 2009年春季 第56回関係連合講演会. 2009
  13. 李 政祐, 中野 嘉博, 児子 精祐, 加藤 誠一, 北澤 英明, 木戸 義勇. EB描画パターニングによる Si基板上の AlOx-ReRAMの開発. 2009年春季 第56回応用物理学関係連合講演会. 2009
  14. 児子 精祐, 籾田 浩義, 柳町 治, 李 政祐, 加藤 誠一, 北澤 英明, 木戸 義勇. 熱刺激電流TSC法によるAlOx-ReRAMオフ機構の解析. 2009年春季 第56回応用物理学関係連合講演会. 2009
  15. 後藤 敦, 清水 禎, 端 健二郎, 大木 忍, 瀧澤 智恵子, 加藤 誠一, 北澤 英明. 半導体における動的核偏極技術の開発 II. 日本物理学会第64回年次大会. 2009
2008
  1. 児子 精祐, 梅田直樹, 李 政祐, 中野 嘉博, 加藤 誠一, 北澤 英明, 柳町 治, 木戸 義勇. ReRAMに用いるAlOx薄膜のナノ構造. 2008年秋季第69回応用物理学会学術講演会. 2008
  2. 李 政祐, 児子 精祐, 中野嘉博, ナフロブスキ ボーダン, 加藤 誠一, 北澤 英明, 木戸 義勇. Si基板上の成膜Alを用いたAlOx-ReRAMの開発. 2008年春季 第55回応用物理学関係連合講演会. 2008
2007
  1. KATO, Seiichi, NIGO, Seisuke, MIHALIK, Matus, LEE, Jeungwoo, KITAZAWA, Hideaki, KIDO, Giyuu. Transport Properties of Anodic Porous Alumina for ReRAM. Int. Sympo. on Advanced Nanodevices and Nanotechnology. 2007
  2. 中村 雅英, 梅田 直樹, 加藤 誠一, 岸本 直樹. 陽極酸化多孔質アルミナを用いたマスク照射によるナノ粒子の空間制御. 2007年秋季 第68回応用物理学会学術講演会. 2007
  3. 児子 精祐, 梅田 直樹, 北澤 英明, 加藤 誠一, 木戸 義勇. ReRAM用AlOx薄膜のアモルファス・ナノ構造. 2007年秋季第68回応用物理学会学術講演会. 2007
  4. 北澤 英明, 児子 精祐, 加藤 誠一, 木戸 義勇. アルミ陽極酸化膜を用いた次世代不揮発性メモリの開発. 第45回茅コンファレンス. 2007
  5. 北澤 英明, 加藤 誠一, 辻井 直人, デニ アンドレアス. 希土類3元系化合物の強磁場物性. 特定領域”100テスラ領域の強磁場スピン科学”19年度スタートアップ. 2007
  6. 後藤 敦, 加藤 誠一, 大木 忍, 端 健二郎, 清水 禎. 半導体における動的核偏極技術の開発2. 第41/6回固体NMR・材料フォーラム. 2007
  7. 児子 精祐, 北澤 英明, 加藤 誠一, 木戸 義勇, 宇野義雄. AlOx薄膜の抵抗変化メモリ(ReRAM)とその特性評価. 2007年春季第54回応用物理学関係連合講演会. 2007
  8. KATO, Seiichi, KIDO, Giyuu. Demagnetization of high-performance permanent magnets with superconducting magnet. 10th joint MMM/Intermag conference. 2007
2006
  1. 児子 精祐, 加藤 誠一, 北澤 英明, 木戸 義勇, 宇野義雄. 電波感応スイッチ素子とその応用開発. 電気学会・フィジカルセンサ研究会. 2006
  2. 北澤 英明, 加藤 誠一, 今井 基晴, 木戸 義勇. 交換相互作用によって誘起された強磁性体PrPtAlの強磁場物性. 科研費特定領域「100T領域の強磁場スピン科学」第2回シンポジウム. 2006
  3. 岡田 秀彦, 加藤 誠一, 小野寺宏, 中平敦. ナノワイヤと磁場を使った脳神経細胞の再生技術の開発. 低温工学・超伝導学会. 2006
  4. 加藤 誠一, 児子精祐, 宇野義雄, 大西隆之, 木戸 義勇. アルミニウム陽極酸化薄膜の電界誘起スイッチング効果. 第53回応用物理学関係連合講演会. 2006
  5. SHINAGAWA, Hideyuki, OKADA, Hidehiko, KATO, Seiichi, Chiaki Nakada, SeokBeom Kim, KIDO, Giyuu. Application of Ferromagnetic Nano-wires in Porous Alumina Arrays to Magnetic Chromatograph. 2nd International Workshop on Materials Analysis and Processing . 2006
  6. 加藤 誠一, 品川 秀行, 木戸 義勇. 大型高性能永久磁石評価装置. NIMSフォーラム. 2006
2005
  1. OKADA, Hidehiko, KATO, Seiichi, SHINAGAWA, Hideyuki, Chiaki Nakada, SeokBeom Kim, KIDO, Giyuu. Application of Ferromagnetic Nano-wires in Porous Alumina Arrays to Magnetic Chromatograph. 2005環太平洋国際化学会議. 2005
  2. 加藤 誠一, 北澤 英明, 今井 基晴, 木戸 義勇. PrPtAl単結晶の磁気比熱. 日本物理学会2005年秋季大会. 2005
  3. KATO, Seiichi, KITAZAWA, Hideaki, IMAI, Motoharu, KIDO, Giyuu. Specific Heat Study of Induced-Moment Ferromagnet PrPtAl Single Crystal. The Czech-Japanese Seminar on Emergent Phenomena in Strongly Cor. 2005
  4. 加藤 誠一, 北澤 英明, 木戸 義勇. ポーラスアルミナを用いて作成された超伝導体ナノワイヤーの磁気特性. 日本物理学会第60会年次大会. 2005
  5. 後藤 敦, 清水 禎, 端 健二郎, 大木 忍, 飯島 隆広, 加藤 誠一, 北澤 英明, ターケヴィッチ イヴァン, 竹端 寛治, 高増 正, 木戸 義勇. 光ポンピング法による化合物半導体の動的核偏極と核超偏極状態の研究. 日本物理学会2005年年次大会. 2005
2004
  1. 品川 秀行, 加藤 誠一, 木戸 義勇, 三橋 和成, 岡田 秀彦. ポーラスアルミナを用いた磁性ナノワイヤの作成および応用. NIMSフォーラム2004. 2004
  2. 加藤 誠一, 品川 秀行, 木戸 義勇. 超伝導マグネットを用いた大型高性能永久磁石の測定. 第28会日本応用磁気学会学術講演会. 2004
  3. 後藤 敦, 端 健二郎, 清水 禎, 大木 忍, 飯島 隆広, 加藤 誠一, 北澤 英明, 木戸 義勇. 光ポンピング法による化合物半導体の超偏極と励起スペクトル. 日本物理学会2004年秋季大会. 2004
  4. TURKEVYCH, Ivan, TAKEHANA, Kanji, TAKAMASU, Tadashi, KATO, Seiichi, KIDO, Giyuu. Nonlithographic fabrication of antidotes in AlGaAs/GaAs heterostructure using nanoporous aluminum oxide.. 日本物理学会2004年秋季大会. 2004
  5. 加藤 誠一, 品川 秀行, 木戸 義勇. 超伝導磁石を用いた大型永久磁石の評価. 平成16年電気学会基礎材料共通部門全国大会. 2004
  6. 加藤 誠一, 品川 秀行, 木戸 義勇. ポーラスアルミナを用いた新しい磁気力発生材. 第5回磁気分離ワークショップ. 2004
  7. 加藤 誠一, 品川 秀行, 木戸 義勇. ポーラスアルミナを用いた新しい磁気力発生材. 第3回磁気分離夏の学校. 2004
  8. ターケヴィッチ イヴァン, 竹端 寛治, 高増 正, 加藤 誠一, 木戸 義勇. Nonlithographic fabrication of antidotes in AlGaAs/GaAs heterostructure using nanoporous aluminum oxide.. 第3回強磁場研究会. 2004
  9. 品川 秀行, 加藤 誠一, 木戸 義勇. 磁性ナノワイヤを用いた磁気フィルター. 第3回強磁場研究会. 2004
  10. 加藤 誠一, 辻井 直人, 木戸 義勇. 電気めっき法によるナノワイヤーの作成. 日本物理学会第59回年次大会. 2004

特許 TSV

登録特許
  1. 特許第6253046号 セシウム抽出法 (2017)
  2. 特許第6164631号 セシウム除去方法及びこれに用いるセシウム除去装置 (2017)
  3. 特許第6150278号 セシウム除染法 (2017)
  4. 特許第5939482号 抵抗変化型メモリ素子およびその製造方法 (2016)
  5. 特許第5874905号 アルミナ抵抗変化型メモリ素子の製造方法 (2016)
  6. 特許第5780543号 電子線描画法を用いた陽極酸化アルミナ及びその製造方法 (2015)
  7. 特許第5728785号 MIS構造の抵抗型変化型メモリ素子 (2015)
  8. 特許第5476566号 酸化アルミニウム薄膜を用いたスイッチング素子とこれを有する電子回路 (2014)
  9. 特許第5266472号 無接点マイクロリレー (2013)
  10. 特許第5224428号 神経線維の伸展用薬剤の位置を制御する装置 (2013)
  11. 特許第4831495号 磁気フィルター (2011)
  12. 特許第4831493号 磁気フィルター (2011)
  13. 特許第4831494号 磁気フィルター (2011)
  14. 特許第4831496号 磁気フィルター (2011)
  15. 特許第4599538号 磁化測定方法とこの方法を実施する磁化測定装置 (2010)
  16. 特許第4254968号 磁気力発生材 (2009)
  17. 特許第4195933号 磁気フィルター (2008)
  18. 特許第3899413号 ナノ材料作製方法 (2007)
  19. 特許第3837550号 高アスペクト比プローブ (2006)
  20. 特許第3829195号 磁気プローブ (2006)
  21. 特許第3793817号 磁気クロマトグラフィー装置 (2006)
  22. 特許第3788704号 パルス式磁束計 (2006)
公開特許出願
  1. 特開2011021249号 陽極酸化用治具とナノ加工方法 (2011)
  2. 特開2010199104号 ノンポーラ型不揮発性メモリー素子 (2010)
  3. 特開2008188593号 磁気フィルター (2008)
  4. 特開2008178877号 磁気フィルター (2008)
  5. 特開2008178879号 磁気フィルター (2008)
  6. 特開2008178878号 磁気フィルター (2008)
  7. 特開WO2008044665号 無接点マイクロリレー (2008)
  8. 特開2007281242号 消磁方法とこの方法を実施する消磁装置 (2007)
  9. 特開2007111816号 多機能ナノワイヤとその製造方法、多機能ナノワイヤを用いた濃縮方法 (2007)
  10. 特開2006316353号 磁気力発生材 (2006)
  11. 特開2006064419号 磁化測定方法とこの方法を実施する磁化測定装置 (2006)
  12. 特開2006060151号 半導体基板に微細加工を施す方法 (2006)
  13. 特開2005139475号 多孔質アルミナを用いた高能率磁気力発生材 (2005)
外国特許
  1. No. JP2013089740A ALUMINA RESISTANCE CHANGE MEMORY ELEMENT AND MANUFACTURING METHOD THEREFOR (2013)
  2. No. JP2013055209A RESISTANCE CHANGE TYPE MEMORY ELEMENT IN MIS STRUCTURE (2013)
  3. No. WO2008044665A1 CONTACT-LESS MICRO RELAY (2008)

▲ページトップへ移動