SAMURAI - NIMS Researchers Database

HOME > プロフィール > 大出 真知子

大出 真知子
Address
305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1 [アクセス]
  • 論文・発表

[論文] | [書籍] | [会議録] | [口頭発表] | [その他の文献] | [特許]

論文 TSV

2016
  1. Alexander Umantsev, Machiko Ode. Formation of long-period stacking fault structures in magnesium alloys. Computational Materials Science. 124 (2016) 173-182 10.1016/j.commatsci.2016.07.035
2011
  1. Machiko Ode, Naohiko Sasajima, Yoshiro Yamada, Pieter Bloembergen, Hidehiro Onodera. Numerical Prediction of Eutectic Temperature Using a Multi-phase-Field Model. International Journal of Thermophysics. 32 [11-12] (2011) 2610-2622 10.1007/s10765-011-1089-5
  2. ODE, Machiko. フェーズフィールド法とその応用. 溶接学会誌. 80 [6] (2011) 15-19
  3. ONODERA, Hidehiro, ABE, Taichi, ODE, Machiko, Yoshihiro Suwa, Toshiyuki Koyama, SHIMONO, Masato. 合金設計と計算科学. まてりあ. 50 [1] (2011) 3-10
2009
  1. N. Garimella, M. Ode, M. Ikeda, H. Murakami, Y. H. Sohn. Interdiffusion in L12-Ni3Al Alloyed with Re. Journal of Phase Equilibria and Diffusion. 30 [3] (2009) 246-253 10.1007/s11669-009-9499-9
2004
  1. Seong Gyoon Kim, Won Tae Kim, Toshio Suzuki, Machiko Ode. Phase-field modeling of eutectic solidification. Journal of Crystal Growth. 261 [1] (2004) 135-158 10.1016/j.jcrysgro.2003.08.078

書籍 TSV

会議録 TSV

2013
  1. M. Ode, N. Sasajima, Y. Yamada, P. Bloembergen, M. Shimono. Numerical study of the effect of the shape of the phase diagram on the eutectic freezing temperature. TEMPERATURE: ITS MEASUREMENT AND CONTROL IN SCIENCE AND INDUSTRY. 2013
2008
  1. ODE, Machiko, Narayana Garimella, IKEDA Muneaki, MURAKAMI, Hideyuki, Yongho Sohn. Ternary Interdiffusion in L12-Ni3Al with Ir Alloying Addition. DEFECT AND DIFFUSION FORUM. 2008, 637-642
2004
  1. ODE, Machiko, ABE, Taichi, MURAKAMI, Hideyuki, ONODERA, Hidehiro. Numerical prediction of fraction of eutectic phase in Sn-Ag-Cu soldering. Proceedings of Modeling of Casting and Solidification Processes. 2004, 231-237

口頭発表 TSV

2013
  1. 大出 真知子. フェーズフィールド法への数値的核生成導入方法の検討. 新学術領域「シンクロ型LPSO構造の材料科学」A02班 研究会. 2013
  2. 大出 真知子, 下野 昌人, 大谷博司. フェーズフィールド法によるMg-Y-Zn,Mg-Gd-Zn合金の偏析計算. 新学術領域「シンクロ型LPSO構造の材料科学」中間報告会. 2013
  3. 大出 真知子, 下野 昌人, 大谷博司. フェーズフィールド法によるMg-Y-Zn、Mg-Gd-Zn合金の偏析計算. 日本金属学会秋期講演大会. 2013
  4. 大出 真知子. Numerical prediction of Solute Segregation during Rapid Solidification of Mg-Y-Zn alloy using phase-field model. CSSCR2013. 2013
  5. 大出 真知子, 下野 昌人, 大谷博司. フェーズフィールド法によるMg-Y-Zn合金の偏析計算. 日本金属学会2013年春期講演大会. 2013
  6. 大出 真知子, 下野 昌人, 大谷博司. フェーズフィールド法によるMg-Y-Zn合金の偏析計算. 新学術領域「シンクロ型LPSO構造の材料科学」成果報告会. 2013
2012
  1. 大出 真知子. フェーズフィールド法による凝固解析. 第133回特殊鋼部会. 2012
  2. 大出 真知子, 山田善朗, 笹島尚彦, 小野寺 秀博. フェーズフィールド法による 共晶温度定点の解析. 状態図研究会. 2012
  3. ODE, Machiko, Hiroshi Ohtani, ONODERA, Hidehiro. Numerical prediction of solute segregation during rapid solidification of Mg-Zn-Y alloy using phase-field model . LPSO2012. 2012
  4. 大出 真知子, 山田善朗, 笹島尚彦, Pieter Bloembergen, 下野 昌人. フェーズフィールド法を用いた包晶温度定点の安定性の検討. 日本金属学会秋季講演大会. 2012
  5. ODE, Machiko, Yoshiro Yamada, Sasajima Naohiko, Pieter Bloembergen, SHIMONO, Masato. Numerical Prediction of eutectic temperature using phase-field model. NIMS conference 2012. 2012
  6. 大出 真知子, 下野 昌人, 笹嶋尚彦, 山田善郎. 共晶温度定点の不安定化因子の評価. 日本金属学会2012年春期講演大会. 2012
  7. 大出 真知子. 凝固研究の20年−フェーズフィールド法の頃. 材料システム学研究会. 2012
  8. ODE, Machiko. Recent theoritical development in phase-field model. Mathematical approach to emerging topics in materials science 20. 2012
2011
  1. 大出 真知子, 笹嶋尚彦, 山田善郎, 下野 昌人. 共晶凝固界面温度への状態図形状の影響. 日本金属学会2011年秋期(第149回)大会. 2011
  2. 大出 真知子, 笹嶋尚彦, 山田善郎, 下野 昌人. マルチフェーズフィールド法による共晶凝固/融解温度の予測. 日本機械学会 第24回計算力学講演会(CMD2011). 2011
  3. MURAKAMI, Hideyuki, ODE, Machiko, SUGAYA, Yukari, MITARAI, Yoko. Distribution of Ir in Ni-based Alloys and Coatings. NRF - JST (Japan -South Africa) Workshop. 2011
  4. MURAKAMI, Hideyuki, ODE, Machiko, SUGAYA, Yukari, MITARAI, Yoko. Distribution of Ir in Ni-based Alloys and Coatings. 8th International conference on diffusion in materials. 2011
  5. 大出 真知子. 私が感じた独法研究員の自由と制約. 私の仕事とキャリアデザイン(独法研究機関で働くということ). 2011
  6. 大出 真知子. フェーズフィールド法とCALPHAD法の連携について. 九州支部 平成23年度春季講演会. 2011
2008
  1. 阿部 太一, CENK KOCER, 大出 真知子, 御手洗 容子, 橋本 清, 村上 秀之, 小野寺 秀博. Al-Ir二元系状態図の再熱力学評価. 学振 合金状態図 第172委員会 第16回研究会. 2008
  2. ABE, Taichi, ODE, Machiko, CENK, KOCER, MITARAI, Yoko, HARA, Toru, MURAKAMI, Hideyuki. Thermodynamic modeling of the Al-Ir system. CALPHAD XXXVII. 2008
  3. 大出 真知子, 池田宗明, 村上 秀之, 小野寺 秀博, N. Garimella, Y.H.Shon. Ni3Al/(Ni,Ta)3Al拡散対による化学拡散係数の測定. 日本金属学会 2008年春期講演大会. 2008
2007
  1. 大出 真知子, 池田宗明, 村上 秀之, 小野寺 秀博, N. Garimella, Y.H.Shon. Ni3Al/(Ni,Ir)3Al拡散対による化学拡散係数の測定. 第14回 状態図研究会. 2007
  2. 大出 真知子, 阿部 太一, 原 徹, 村上 秀之, 御手洗 容子, 小野寺 秀博. Al-Ir 2元系状態図の実験的決定. 日本金属学会 2007年秋期講演大会. 2007
  3. 蔡 カイ, 大出 真知子, 村上 秀之. Reaction Kinetics in the Combustion Synthesis of Al-Ir-Ni Intermetallic Compounds. 日本金属学会第141回秋期大会. 2007
  4. 御手洗 容子, 大野 博信, 横山 壽治, 子安 幸夫, 阿部 太一, 大出 真知子, 村上 秀之. 白金系触媒における状態図の役割. 日本金属学会秋期大会. 2007
  5. 大出 真知子, 池田宗明, 村上 秀之, 小野寺 秀博, N. Garimella, Y.H.Shon. Ni3Al/(Ni,Ir)3Al拡散対による化学拡散係数の測定. 日本金属学会 2007年秋期講演大会. 2007
  6. CAI, Kai, ODE, Machiko, MURAKAMI, Hideyuki. Fabrication of complex-shaped IrAl intermetallic by combination of gelcasting and SHS process. International Conference on Materials for Advanced Technologies . 2007
  7. ABE, Taichi, ODE, Machiko, Cenk Kocer, MITARAI, Yoko, MURAKAMI, Hideyuki, HARA, Toru. Thermodynamic Assessment of the Ir-based systems. CALPHAD XXXVI. 2007
  8. 大出 真知子, 阿部 太一, 村上 秀之, 小野寺 秀博. Al-Ni/Ir 界面の反応拡散挙動に及ぼすIr 厚の影響. 日本金属学会第140回春期講演大会. 2007
  9. 蔡 カイ, 大出 真知子, 村上 秀之. Formation enthalpies of AlIr1-xNix (x=0-1) intermetallic compounds measured by DSC . 日本金属学会第140回秋期大会. 2007
  10. 大出 真知子, 小野寺 秀博. 鉛フリーはんだ凝固組織の計算機シミュレーション. 加工プロセスによる材料新機能発現第176委員会研究会. 2007
  11. ODE, Machiko, ABE, Taichi, MURAKAMI, Hideyuki, ONODERA, Hidehiro. Prediction of microstructure evolution between Ir coating and Ni-Al alloy substrate using a phase-field model. TMS2007. 2007
2006
  1. 大出 真知子. Pbフリーはんだの凝固組織形成シミュレーション. 平成18年度CREST研究会. 2006
  2. 諏訪 嘉宏, 大出 真知子, 小山 敏幸, 小野寺 秀博, 齊藤良行. Phase-field法による二相混合組織における粒成長の計算機シミュレーション. 日本鉄鋼協会2006年度秋季大会. 2006
  3. 大出 真知子, 阿部 太一, 村上 秀之, 小野寺 秀博. Al-Ni/Ir界面のβ析出挙動に及ぼす諸因子の検討. 日本金属学会秋期大会. 2006
  4. 蔡 カイ, 大出 真知子, 村上 秀之. Effect of heating rate on the combustion synthesis of (Ir, Ni)Al intermetallics. 日本金属学会第139回秋期大会. 2006
  5. ODE, Machiko, ABE, Taichi, MURAKAMI, Hideyuki, ONODERA, Hidehiro. Numerical Simulation of Microstructure evolution in the interdiffusion zone between Al-binally alloy amd Ir. THERMEC2006. 2006
  6. ODE, Machiko, ONODERA, Hidehiro. Numerical simulation of peritectic solidification of steel using the multi-phase-field model. 13th German-Japanese Workshop on Chemical Information. 2006
  7. 蔡 カイ, 大出 真知子, 村上 秀之. IrAl燃焼合成におけるIr粒径の影響. 日本金属学会2006年春期大会 . 2006
  8. 大出 真知子, 諏訪 嘉宏, 村上 秀之, 小野寺 秀博. マルチフェーズフィールド法によるCu 再結晶過程の評価. 日本金属学会春期講演大会. 2006
  9. 大出 真知子, 村上 秀之, 小野寺 秀博. フェーズフィールド法によるコーティング元素相互拡散領域の組織変化予測. 日本金属学会春期講演大会. 2006
  10. ODE, Machiko, Minoru Ueshima, ABE, Taichi, MURAKAMI, Hideyuki, ONODERA, Hidehiro. Numerical Prediction of Fraction of Eutectic Phase in Sn-Ag-Cu Soldering. TMS2006. 2006

特許 TSV

登録特許
    公開特許出願
      外国特許

        ▲ページトップへ移動