SAMURAI - NIMS Researchers Database

HOME > プロフィール > 永田 賢二

永田 賢二
Address
305-0044 茨城県つくば市並木1-1 [アクセス]

[論文] | [書籍] | [会議録] | [口頭発表] | [その他の文献] | [特許]

論文 TSV

2021
  1. Xun Liu, Lihao Yang, Zhufeng Hou, Bo Da, Kenji Nagata, Hideki Yoshikawa, Shigeo Tanuma, Yang Sun, Zejun Ding. Machine learning approach for the prediction of electron inelastic mean free paths. Physical Review Materials. 5 [3] (2021) 10.1103/physrevmaterials.5.033802
2020
  1. Hirotaka Sakamoto, Shun Katakami, Kensuke Muto, Kenji Nagata, Taka-hisa Arima, Masato Okada. Bayesian Parameter Estimation Using Dispersion Relation Spectra. Journal of the Physical Society of Japan. 89 [12] (2020) 124002 10.7566/jpsj.89.124002
  2. Ryo Murakami, Hiromi Tanaka, Hiroshi Shinotsuka, Kenji Nagata, Hayaru Shouno, Hideki Yoshikawa. Development of multiple core-level XPS spectra decomposition method based on the Bayesian information criterion. Journal of Electron Spectroscopy and Related Phenomena. 245 (2020) 147003 10.1016/j.elspec.2020.147003
  3. Yoh-ichi Mototake, Hitoshi Izuno, Kenji Nagata, Masahiko Demura, Masato Okada. A universal Bayesian inference framework for complicated creep constitutive equations. Scientific Reports. 10 [1] (2020) 10.1038/s41598-020-65945-7
  4. Hoheok Kim, Junya Inoue, Tadashi Kasuya, Masato Okada, Kenji Nagata. Bayesian inference of ferrite transformation kinetics from dilatometric measurement. Computational Materials Science. 184 (2020) 109837 10.1016/j.commatsci.2020.109837
  5. Hiroshi Shinotsuka, Kenji Nagata, Hideki Yoshikawa, Yoh-Ichi Mototake, Hayaru Shouno, Masato Okada. Development of spectral decomposition based on Bayesian information criterion with estimation of confidence interval. Science and Technology of Advanced Materials. 21 [01] (2020) 402-419 10.1080/14686996.2020.1773210
2019
  1. 遠藤瑛泰, 永田 賢二, 木戸尚治, 庄野逸. Bolasso を用いたびまん性肺疾患画像の特徴選択. Transactions of Information Processing Society of Japan. (2019) 68-77

書籍 TSV

会議録 TSV

口頭発表 TSV

2020
  1. 出村 雅彦, 永田 賢二, 木村大輔, 秋本直輝, 塩谷正俊, 杉本慶喜, 宝田亘, 入澤寿平, 小角X線散乱を用いた炭素繊維のボイド解析におけるボイドの長さ分布を考慮した解析法の検討. 第47回炭素材料学会年会 . 2020
  2. 永田 賢二, 角谷 正友, 田沼 繁夫, 篠塚 寛志, 登坂 弘明, 原田 善之, 松波 成行, 吉川 英樹, 庄野逸, 村上諒. BIC自動ピークフィッティング技術を用いたXPSデータセットのハイスループット解析手法. 2020年度 実用表面分析講演会 Symposium on Practical Surface Analysis 2020 (PSA-20). 2020
  3. 篠塚寛志, 永田 賢二, 吉川英樹, 本武陽一, 庄野逸, 岡田 真人. 情報量規準を用いた信頼区間推定付きのXPSスペクトルの自動解析. 2020年日本表面真空学会学術講演会. 2020
  4. 村上 諒, 庄野逸, 永田 賢二, 篠塚寛志, 吉川英樹. 参照スペクトルを使った多元素XPSスペクトルの解析手法の開発. 2020年日本表面真空学会学術講演会. 2020
  5. 永田 賢二, 秋本直輝, 出村 雅彦, 木村大輔, 塩谷正俊, 宝田亘, 入澤寿平, 杉本慶喜. 長さ分布を考慮した炭素繊維のボイド解析と炭素繊維の圧縮強度の関係. 2020年 繊維学会秋季研究発表会. 2020
  6. 村上 諒, 庄野逸, 篠塚寛志, 吉川英樹, 永田 賢二. 多量のスペクトルデータを利用した参照スペクトルの推定手法の開発. 第81回応用物理学会秋季学術講演会. 2020
  7. 篠塚寛志, 岡田 真人, 吉川英樹, 永田 賢二, 本武陽一, 庄野逸, 情報量規準を用いた信頼区間推定付きのXPSスペクトルの自動スパースモデリング. 第81回応用物理学会秋季学術講演会. 2020
  8. 荻原 俊弥, 篠塚 寛志, 永田 賢二, 吉川 英樹. 三次元オージェ分析による実用材料の評価. 日本分析化学会第80回分析化学討論会. 2020
  9. 村上 諒, 仲村 和貴, 田中 博美, 篠塚寛志, 永田 賢二, 吉川英樹. 多重ピークを基底とした多元素XPSスペクトル解析の手法開発. 第67回応用物理学会 春季学術講演会. 2020
2019
  1. NAGAMURA, Naoka, 松村太郎次郎, NAGATA, Kenji, 赤穂昭太郎, 安藤康伸. Machine Learning-Based Analysis for High-throughput Peak Detection in Synchrotron X-ray Spectromicroscopy. Materials Research Meeting 2019. 2019
  2. NAGAMURA, Naoka, 赤穂昭太郎, 松村太郎次郎, 安藤康伸, NAGATA, Kenji. Spectrum adapted expectation-maximization algorithm for high-throughput peak shift analysis in synchrotron X-ray operando spectromicroscopy. Materials Research Society (MRS) Fall Meeting 2019. 2019
  3. 永村直佳, 赤穂昭太郎, 松村太郎次郎, 永田 賢二, 安藤康伸. 機械学習を活用した放射光軟X線スペクトルイメージングの高速解析. 第2回日本表面真空学会若手部会研究会・放射光学会若手有志研究会. 2019
  4. 荻原 俊弥, 篠塚 寛志, 永田 賢二, 吉川 英樹. 三次元オージェ深さ方向分析の基礎的検討. 日本分析化学会第68年会. 2019
  5. 永田 賢二. AIによる分野横断型の新しい化学の創成. 分子研研究会「化学・情報科学の融合による新化学創成に向けて」. 2019
  6. 岡田 真人, 永田 賢二, 村岡 怜, 徳田 悟, 本武 陽一, 杉田 精司, 佐々木 岳彦. ベイズ計測. 第2回計測インフォマティクス研究会(人工知能学会第2種研究会). 2019
  7. NAGAMURA, Naoka, 松村太郎次郎, 赤穂昭太郎, NAGATA, Kenji, 安藤康伸. High-throughput peak shift detection using machine learning for synchrotron X-ray spectral imaging. PRESTO International Symposium on Materials Informatics. 2019

その他の文献 TSV

特許 TSV

登録特許
    公開特許出願
      外国特許

        ▲ページトップへ移動