SAMURAI - NIMS Researchers Database

HOME > プロフィール > 早川 正夫

早川 正夫
Address
305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1 [アクセス]
  • 論文・発表

[研究論文] |[書籍] |[会議録] |[口頭発表] |[特許]

研究論文 TSV

2019
  1. Kenichi Nakajima, Mitsutaka Matsumoto, Hideyuki Murakami, Masao Hayakawa, Yasunari Matsuno, Wataru Takayanagi. Development of multi-value circulation based on remanufacturing. Matériaux & Techniques. 107 [1] (2019) 103 10.1051/mattech/2018057
  2. 志波 光晴, 早川 正夫, 橋本 知之, 竹腰 正雄, 佐藤 英一. 酸化膜を対象としたレプリカ法による液体酸素/液体水素燃焼器銅合金劣化損傷評価. 日本金属学会誌. 83 [5] (2019) 176-180 10.2320/jinstmet.j2018050
2017
  1. 長島 伸夫, 早川 正夫, 木村 恵. クリープ疲労特性の異なるフェライト系耐熱鋼(12Cr-2W)のナノインデンテーション法による機械的特性評価. 材料. 66 [12] (2017) 887-892 10.2472/jsms.66.887
  2. 木村 恵, 山口 弘二, 早川 正夫, 小林 一夫. 9~12% Crフェライト系耐熱鋼の微細構造と粒界析出物. 鉄と鋼. 90 [1] (2017) 27-32 10.2355/tetsutohagane1955.90.1_27
  3. 山口 弘二, 木村 恵, 小林 一夫, 早川 正夫. ボイラ及び圧力容器用2.25Cr-1Mo鋼の高温疲労寿命に及ぼすヒート,熱処理,ひずみ制御モードの影響. 鉄と鋼. 90 [10] (2017) 841-845 10.2355/tetsutohagane1955.90.10_841
  4. 小林 一夫, 山口 弘二, 早川 正夫, 木村 恵. Ni基超合金Alloy718の高温疲労における内部破壊. 鉄と鋼. 90 [1] (2017) 33-36 10.2355/tetsutohagane1955.90.1_33
  5. Masao Hayakawa, Satoshi Terasaki, Toru Hara, Kaneaki Tsuzaki, Saburo Matsuoka, 早川 正夫, 寺崎 聡, 原 徹, 津﨑 兼彰, 松岡 三郎. Microstructural Analyses of Modified-Ausformed Medium-Carbon Steel with High Resistance to Hydrogen Embrittlement by Atomic Force Microscopy. Journal of the Japan Institute of Metals. 66 [7] (2017) 745-753
  6. 早川 正夫, 松岡 三郎, 古谷 佳之. 原子間力顕微鏡による中炭素鋼焼もどしマルテンサイト組織の降伏点近傍における不均一塑性変形の解析. 日本金属学会誌. 67 [7] (2017) 354-361 10.2320/jinstmet1952.67.7_354
  7. 早川 正夫, 寺崎 聡, 原 徹, 津 兼彰, 松岡 三郎. 改良オースフォームした耐水素割れ感受性に優れる中炭素鋼焼もどしマルテンサイトのAFM組織解析. 日本金属学会誌. 66 [7] (2017) 745-753 10.2320/jinstmet1952.66.7_745
  8. Fujio Abe, M. Tabuchi, M. Hayakawa. Influence of Data Scattering on Estimation of 100,000 hrs Creep Rupture Strength of Alloy 617 at 700 °C by Larson–Miller Method. Journal of Pressure Vessel Technology. 139 [1] (2017) 011403 10.1115/1.4033290
  9. Kotaro Doi, Eiji Akiyama, Masao Hayakawa. Hydrogen Entry into an AISI 4135 High Strength Steel in Tribocorrosion Environment. ECS Transactions. 75 [29] (2017) 33-41 10.1149/07529.0033ecst
2016
  1. Tetsushi Chida, Yukito Hagihara, Eiji Akiyama, Kengo Iwanaga, Shusaku Takagi, Masao Hayakawa, Hiroyuki Ohishi, Daisuke Hirakami, Toshimi Tarui. Comparison of Constant Load, SSRT and CSRT Methods for Hydrogen Embrittlement Evaluation Using Round Bar Specimens of High Strength Steels. ISIJ International. 56 [7] (2016) 1268-1275 10.2355/isijinternational.isijint-2015-565
  2. SHIWA, Mitsuharu, HE, Dongfeng, HAYAKAWA, Masao, Shuske HORI. Fatigue Damage Evaluation Of Copper-Alloy By Using Eddy Current Technique. ELECTROMAGNETIC NONDESTRUCTIVE EVALUATION (XIX). 41 (2016) 55-61 10.3233/978-1-61499-639-2-55
2015
  1. 早川 正夫. 巻頭言 副会長就任にあたりまして. 日本ばね学会会報. [527] (2015) 1-1
  2. 松山晋作, 鈴木 健, 杉本 淳, 早川 正夫, 水野浩行, 大石裕之, 本庄 稔, 伊藤秀和, 榊原和利, 近藤 覚, 岡村 司, 岩永健吾, 横田大介, 黒子新一, 小谷健二, 清水健一, 木口貴弘, 萩原行人. ばねの遅れ破壊に関する研究委員会報告その2−バナジウム添加ばね鋼の水素割れ感受性ー. TRANSACTIONS OF JAPAN SOCIETY FOR SPRING RESEARCH. 60 (2015) 43-50
2014
  1. 早川 正夫, 水野 浩行, 鈴木 健, 杉本 淳, 本庄 稔, 大石 裕之, 榊原 和利, 伊藤 秀和, 近藤 覚, 松山 晋作. 引張強度2GPa級のバナジウム添加ばね鋼の水素割れ感受性の評価. 鉄と鋼. 101 [1] (2014) 33-39 10.2355/tetsutohagane.101.33
  2. Dongfeng HE, Mitsuharu SHIWA, Yoshinori ONO, Masao HAYAKAWA, Hideo SUNAKAWA, Naoki NAGAO, Shinichi MORIYA, Eiichi SATO, Shejuan XIE, Tetsuya UCHIMOTO, Toshiyuki TAKAGI. Nondestructive material reliability evaluation for Cu-alloy of combustion chamber. Journal of Fluid Science and Technology. 9 [5] (2014) JFST0075-JFST0075 10.1299/jfst.2014jfst0075
  3. 大村 朋彦, 鈴木 啓史, 岡村 司, 山田 紘樹, 三輪 則暁, 渡邊 義典, 多田 雅史, 齋藤 博之, 早川 正夫, 大熊 隆次, 岩本 隆, 漆原 亘, 平上 大輔, 今出 政明, 長沢 尚三, 平下 紀夫. 大気および高圧水素ガス環境を模擬した低合金鋼の水素チャージ法. 鉄と鋼. 100 [10] (2014) 1289-1297 10.2355/tetsutohagane.100.1289
  4. 千田 徹志, 萩原 行人, 秋山 英二, 岩永 健吾, 髙木 周作, 大石 裕之, 早川 正夫, 平上 大輔, 樽井 敏三. 定荷重・SSRT・CSRT法による高強度鋼の丸棒試験片を用いた水素脆化評価の比較. 鉄と鋼. 100 [10] (2014) 1298-1305 10.2355/tetsutohagane.100.1298
  5. 田淵 正明, 早川 正夫. 高効率発電プラント用材料の高温における特性試験技術. 日本試験機工業会 広報誌「TEST」. 32 (2014) 3-5
  6. Masao Hayakawa, Etsuo Takeuchi, Saburo Matsuoka. Hydrogen Fatigue-resisting Carbon Steels. Procedia Materials Science. 3 (2014) 2011-2015 10.1016/j.mspro.2014.06.324
  7. Nobuo Nagashima, Masao Hayakawa, Megumi Kimura. Characterization of Mechanical Properties for Creep-fatigued Ferritic Heat-resisting Steel by Nano-indentation. Procedia Materials Science. 3 (2014) 2006-2010 10.1016/j.mspro.2014.06.323
  8. Yoshiyuki Furuya, Kazuo Kobayashi, Masao Hayakawa, Masao Sakamoto, Yutaka Koizumi, Hiroshi Harada. High-Temperature Ultrasonic Fatigue Testing at 1000°C. Advanced Materials Research. 891-892 (2014) 1413-1418 10.4028/www.scientific.net/amr.891-892.1413
  9. 前田 芳夫, 早川 正夫. 溶接構造用圧延鋼JIS-SM490Bすみ肉溶接継手の高サイクル疲労特性. JOURNAL OF HIGH PRESSURE INSTITUTE OF JAPAN(圧力技術). 52 [3] (2014) 100-104
  10. 小林 一夫, 早川 正夫. ニッケル基超合金アロイ713Cの高温高サイクル疲労特性. JOURNAL OF HIGH PRESSURE INSTITUTE OF JAPAN. 52 [1] (2014) 24-29
2013
  1. 早川 正夫. 「ばねの遅れ破壊に関する研究委員会」のアピール. 日本ばね学会会報(巻頭言). 2013年12月 [507] (2013) 4354-4354
  2. Etsuo Takeuchi, Masao Hayakawa, Saburo Matsuoka. Suppression of Hydrogen-Assisted Fatigue Crack Growth in Carbon Steels. MATERIALS TRANSACTIONS. 54 [12] (2013) 2285-2290 10.2320/matertrans.m2013237
  3. 松山晋作, 鈴木 健, 杉本 淳, 早川 正夫, 岡村 司, 伊藤秀和, 近藤 覚, 本庄 稔, M. Hiroyuki, K. Iwanaga, H. Ohishi, S. Kuroko, D. Yokota, K. Kotani, K. Shimizu, T. Kiguchi. ばねの遅れ破壊に関する研究委員会報告その1−CSRTとねじり試験による遅れ破壊評価法の検討ー. ばね論文集. 58 (2013) 41-48
  4. 長島 伸夫, 早川 正夫. ナノインデンテーション法によるフェライト系低合金鋼の塑性変形挙動に及ぼす水素影響の評価. JOURNAL OF HIGH PRESSURE INSTITUTE OF JAPAN(圧力技術). 51 [6] (2013) 312-321
  5. 長島 伸夫, 早川 正夫. Strain Distribution Measurement of a Crack Tip under a Plane Strain Condition. TRANSACTIONS OF THE JAPAN SOCIETY OF MECHANICAL ENGINEERS Series A. 79 [797] (2013) 23-33 10.1299/kikaia.79.23
2012
  1. KIMURA Megumi. Characterization of high temperature long-term fatigue properties for advanced ferritic heat-resisting steels. STRENGTH, FRACTURE AND COMPLEXITY. 7 [4] (2012) 375-386 10.3233/sfc-2012-0151
  2. 竹内 悦男, 早川 正夫, 松岡 三郎. 炭素鋼における水素助長疲労き裂進展の抑制. 日本金属学会誌. 76 [12] (2012) 647-652 10.2320/jinstmet.76.647
  3. 古谷 佳之, 小林 一夫, 早川 正夫, 坂本 正雄, 小泉 裕, 原田 広史. 高温超音波疲労試験装置の開発. TRANSACTIONS OF THE JAPAN SOCIETY OF MECHANICAL ENGINEERS, SERIES A(日本機械学会論文集 A編). 78 [789] (2012) 137-146
  4. Y. Furuya, K. Kobayashi, M. Hayakawa, M. Sakamoto, Y. Koizumi, H. Harada. High-temperature ultrasonic fatigue testing of single-crystal superalloys. Materials Letters. 69 (2012) 1-3 10.1016/j.matlet.2011.11.066
2011
  1. 竹内 悦男, 早川 正夫, 長島 伸夫, 古谷 佳之, Saburo MATSUOKA. The Effect of Hydrogen on Fatigue Properties for Wrok-Hardened SUS 316 L Austenitic Stainless Steel. Transactions of the Japan Society of Mechanical Engineers Series A. 73 [736] (2011) 1335-1342 10.1299/kikaia.73.1335
  2. KOBAYASHI, Kazuo, HAYAKAWA, Masao, KIMURA, Megumi. Creep-fatigue Interaction Properties of Nickel-based Super alloy 617. ACTA METALLURGICA SINICA (ENGLISH LETTERS). 24 [2] (2011) 125-131
2009
  1. 長島 伸夫, 早川 正夫, 塚田 隆, 加治芳行, 三輪幸夫, 安藤昌視, 仲田清智. 低炭素オーステナイト系ステンレス鋼SUS316Lの粒内・粒界の変形挙動の評価. JOURNAL OF HIGH PRESSURE INSTITUTE OF JAPAN. 47 [4] (2009) 236-244
  2. KOBAYASHI, Kazuo, HAYAKAWA, Masao, KIMURA, Megumi, YAMAGUCHI, Koji. Effects of compressive strain hold on low-cycle fatigue life at elevated temperatures. STRENGTH, FRACTURE AND COMPLEXITY. 5 [2-3] (2009) 89-96
  3. 木村 恵, 早川 正夫, 小林 一夫, 山口 弘二. 高強度フェライト系耐熱鋼の長期高温疲労特性の解析. JOURNAL OF HIGH PRESSURE INSTITUTE OF JAPAN. 47 [3] (2009) 161-170
  4. 早川 正夫, 竹内 悦男, 長島 伸夫. 水素機器に使用される金属材料・非金属材料(ゴム・樹脂)の強度評価. 独立行政法人産業技術総合研究所に対する報告書. (2009) 1-77
  5. 早川 正夫, 木村 恵, 小林 一夫. クリープ疲労特性に優れるフェライト系耐熱鋼(12Cr-2W)のサブグレイン組織解析. JOURNAL OF HIGH PRESSURE INSTITUTE OF JAPAN. 47 [3] (2009) 154-160
  6. 早川 正夫, 木村 恵, 小林 一夫. クリープ疲労したフェライト系耐熱鋼(12Cr-2W)のサブグレイン組織解析. JOURNAL OF HIGH PRESSURE INSTITUTE OF JAPAN. 47 [2] (2009) 118-125
  7. 蛭川 寿, 古谷 佳之, 早川 正夫. 低合金鋼のギガサイクル疲労特性に及ぼす水素の影響. 鉄と鋼. 93 [9] (2009) 600-606 10.2355/tetsutohagane.93.600
2008
  1. K KOBAYASHI, K YAMAGUCHI, M HAYAKAWA, M KIMURA. High-temperature fatigue properties of austenitic superalloys 718, A286 and 304L. International Journal of Fatigue. 30 [10-11] (2008) 1978-1984 10.1016/j.ijfatigue.2008.01.004
  2. 加治芳行, 三輪幸夫, 塚田隆, 早川 正夫, 長島 伸夫. SCCき裂先端における変形挙動のマルチスケール解析(III). JAEA-Research. 64 (2008) 1-118
2007
  1. 塚田隆, 加治芳行, 三輪幸夫, 早川 正夫, 長島 伸夫. 平成18年度原子力用ステンレス鋼の耐応力腐食割れ実証に関する報告書. 独立行政法人原子力安全基盤機構. (2007) 1-489
  2. 松岡三郎, 杉本淳, 鈴木健, 早川 正夫. 遅れ破壊試験法の調査研究委員会報告. TRANSACTIONS OF JAPAN SOCIETY FOR SPRING RESEARCH(ばね論文集). 52 (2007) 35-43
  3. 小林 一夫, 山口 弘二, 早川 正夫, 木村 恵. オーステナイト系耐熱超合金の高温高サイクル疲労特性. JOURNAL OF HIGH PRESSURE INSTITUTE OF JAPAN(圧力技術). 45 [3] (2007) 137-143
  4. 木村 恵, 早川 正夫, 山口 弘二, 小林 一夫. フェライト系耐熱鋼の析出物分布定量評価法の開発. JOURNAL OF HIGH PRESSURE INSTITUTE OF JAPAN(圧力技術). 45 [2] (2007) 80-87
  5. 加治芳行, 三輪幸夫, 塚田隆, 早川 正夫, 長島 伸夫. SCCき裂先端における変形挙動のマルチスケール解析(Ⅱ). JAEA-Research. 008 (2007) 1-69
  6. 早川 正夫, 竹内 悦男, 長島 伸夫. 水素機器に使用される金属材料・非金属材料(ゴム・樹脂)の強度評価. 独立行政法人産業技術総合研究所に対する報告書. (2007) 1-50
  7. 早川 正夫. 次世代高強度鋼板強度メカニズム解析. 日産自動車株式会社に対する報告書. (2007) 1-8
  8. 塚田隆, 加治芳行, 三輪幸夫, 早川 正夫, 長島 伸夫. 平成18年度原子力用ステンレス鋼の耐応力腐食割れ実証のうち、SCCき裂先端における変形挙動のマルチスケール解析報告書. 独立行政法人原子力安全基盤機構に対する報告書. (2007) 1-128
  9. 早川 正夫, 長島 伸夫. 超微小硬さ試験機を用いたSCCき裂先端の強度解析等に関する研究(2). 独立行政法人日本原子力研究開発機構に対する報告書. (2007) 1-77
  10. Koji Yamaguchi, Takayuki Abe, Kazuo Kobayashi, Etsuo Takeuchi, Hisashi Hirukawa, Yoshio Maeda, Nobuo Nagashima, Masao Hayakawa, Yoshiyuki Furuya, Masuo Shimodaira, Kensuke Miyahara. Gigacycle fatigue data sheets for advanced engineering materials. Science and Technology of Advanced Materials. 8 [7-8] (2007) 545-551 10.1016/j.stam.2007.09.009
2006
  1. YAMAGUCHI, Koji, HAYAKAWA, Masao, KIMURA, Megumi, KOBAYASHI, Kazuo. Influence of Heats, Heat-treatments and testing methods on High Temperature Fatigue of 2.25Cr-1Mo Steels. STRENGTH, FRACTURE AND COMPLEXITY. 4 [1] (2006) 55-61
  2. 塚田隆, 加治芳行, 三輪幸夫 , 早川 正夫, 長島 伸夫. SCCき裂先端における変形挙動のマルチスケール解析. 平成17年度原子力用ステンレス鋼の耐応力腐食割れ実証プロジェクト成果報告書 . (2006) 1-89
  3. M KIMURA, K YAMAGUCHI, M HAYAKAWA, K KOBAYASHI, K KANAZAWA. Microstructures of creep-fatigued 9–12% Cr ferritic heat-resisting steels. International Journal of Fatigue. 28 [3] (2006) 300-308 10.1016/j.ijfatigue.2005.04.013
  4. 早川 正夫, 長島 伸夫. 超微小硬さ試験機を用いたSCCき裂先端の強度解析等に関する研究. 平成17年度日本原子力研究開発機構委託研究報告書 . (2006) 1-38
2005
  1. Hitoshi Hanada, Teppei Otsuka, Hidehiko Nakashima, Shinji Sasaki, Masao Hayakawa, Masayasu Sugisaki. Profiling of hydrogen accumulation in a tempered martensite microstructure by means of tritium autoradiography. Scripta Materialia. 53 [11] (2005) 1279-1284 10.1016/j.scriptamat.2005.07.031
  2. Masao Hayakawa, Saburo Matsuoka, Yoshiyuki Furuya, Yoshinori Ono. Development of Observation Method for Tempered Martensite Microstructure Using Chemical Mechanical Polishing Technique. MATERIALS TRANSACTIONS. 46 [11] (2005) 2443-2448 10.2320/matertrans.46.2443
  3. 加治芳行, 三輪幸夫, 塚田隆, 早川 正夫, 長島 伸夫, 松岡三郎. SCCき裂先端における変形挙動のマルチスケール解析. JAERI-Research. 29 [2005] (2005) 1-156
  4. Masao Hayakawa, Saburo Matsuoka, Kaneaki Tsuzaki. Microstructural Analyses of Grain Boundary Carbides of Tempered Martensite in Medium-Carbon Steel by Atomic Force Microscopy. MATERIALS TRANSACTIONS. 43 [7] (2005) 1758-1766 10.2320/matertrans.43.1758
  5. Masao Hayakawa, Koji Yamaguchi, Megumi Kimura, Kazuo Kobayashi. Observation of Multi-Scale Structure for a Creep-Fatigued Ferritic 12Cr-2W Steel. MATERIALS TRANSACTIONS. 45 [12] (2005) 3291-3297 10.2320/matertrans.45.3291
  6. 早川 正夫, 松岡 三郎, 古谷 佳之, 小野 嘉則, 鈴木 功, 鴻巣 喬. 化学機械研磨(CMP)処理を利用した中炭素鋼焼もどしマルテンサイトの微細組織観察法の開発. 日本金属学会誌. 68 [10] (2005) 899-903 10.2320/jinstmet.68.899
  7. 早川 正夫, 山口 弘二, 木村 恵, 小林 一夫. フェライト系耐熱鋼(12Cr‐2W)のマルチスケール構造の組織解析. 日本金属学会誌. 68 [4] (2005) 216-222 10.2320/jinstmet.68.216
  8. 小林 一夫, 山口 弘二, 早川 正夫, 木村 恵, 緒形 俊夫, 松岡 三郎. 宇宙関連材料Alloy 718ニッケル基超合金の高サイクル疲労特性. 日本金属学会誌. 68 [8] (2005) 523-525 10.2320/jinstmet.68.523
  9. Teppei Otsuka, Hitoshi Hanada, Hidehiko Nakashima, Kan Sakamoto, Masao Hayakawa, Kenichi Hashizume, Masayasu Sugisaki. Observation of Hydrogen Distribution around Non-Metallic Inclusions in Steels with Tritium Microautoradiography. Fusion Science and Technology. 48 [1] (2005) 708-711 10.13182/fst05-a1022
  10. 加治芳行, 三輪幸夫, 塚田隆, 早川 正夫, 長島 伸夫, 松岡三郎. SCCき裂先端における変形挙動のマルチスケール解析. 平成16年度高経年化関連安全対策技術高度化調査報告書. [2005] (2005) 1-127
  11. Kazuo Kobayashi, Koji Yamaguchi, Masao Hayakawa, Megumi Kimura. Grain size effect on high-temperature fatigue properties of alloy718. Materials Letters. 59 [2-3] (2005) 383-386 10.1016/j.matlet.2004.09.029
  12. 長島 伸夫, 早川 正夫, 松岡三郎. 超微小硬さ試験機を用いたSCCき裂先端の強度解析等に関する研究. 平成16年度日本原子力研究所委託研究報告書. [2005] (2005) 1-24
2004
  1. K. Kobayashi, K. Yamaguchi, M. Kimura, M. Hayakawa. Low and high-cycle fatigue properties of 12Cr-2W ferritic steel at high temperature. Journal of Materials Science. 39 [20] (2004) 6253-6256 10.1023/b:jmsc.0000043594.76915.53
  2. 早川 正夫, 松岡 三郎. 原子間力顕微鏡による焼もどしマルテンサイトの組織解析. まてりあ(日本金属学会会報). 43 [9] (2004) 717-723
  3. KOBAYASHI, Kazuo, YAMAGUCHI, Koji, HAYAKAWA, Masao, KIMURA, Megumi. HIGH CYCLE FATIGUE PROPERTIES OF NICKEL-BASE ALLOY 718. ACTA METALLURGICA SINICA. 17 [4] (2004) 345-349
  4. Masao Hayakawa, Koji Yamaguchi, Megumi Kimura, Kazuo Kobayashi. Visualization of subgrain structure for a ferritic 12Cr–2W steel using backscattered scanning electron microscopy. Materials Letters. 58 [21] (2004) 2565-2568 10.1016/j.matlet.2004.03.003
  5. M. Kimura, K. Yamaguchi, M. Hayakawa, K. Kobayashi, E. Takeuchi, S. Matsuoka. Fatigue fracture mechanism maps for a type 304 stainless steel. Metallurgical and Materials Transactions A. 35 [4] (2004) 1311-1316 10.1007/s11661-004-0305-3
  6. 早川 正夫, 山口 弘二, 木村 恵, 小林 一夫. FE-SEMの反射電子像によるフェライト系耐熱鋼(12Cr-2W)のサブグレイン組織の可視化技術開発. JOURNAL OF HIGH PRESSURE INSTITUTE OF JAPAN. 42 [1] (2004) 14-18
  7. 松岡 三郎, 宮原 健介, 早川 正夫, 古谷 佳之. 超微少硬さ試験機と原子間力顕微鏡を用いた鉄鋼材料のナノ領域強度解析. 電気製鋼. 75 [1] (2004) 49-54

書籍 TSV

2006
  1. 早川 正夫, 松岡三郎. 走査プローブ顕微鏡による金属組織の観察. 材料開発のための顕微鏡法と応用写真集. 2006 , 41-46
  2. 早川 正夫. 改良オースフォームした焼もどしマルテンサイト鋼のAFM組織解析. 材料開発のための顕微鏡法と応用写真集. 2006 , 137-137
  3. 早川 正夫. 鉄鋼組織をナノスケールで観察・分析. 超鉄鋼. 2006 , 143-157
2005
  1. HAYAKAWA, Masao, YAMAGUCHI, Koji, KIMURA, Megumi, KOBAYASHI, Kazuo. Characterization of Multi-Scale Structures for a Creep-Fatigued Ferritic Heat-Resisting Steel. Advances in Materials Technology for Fossil Power Plants(ASM International). 2005 , 403-411

会議録 TSV

2016
  1. 土井 康太郎, 秋山 英二, 早川 正夫. 腐食摩耗環境における高強度鋼への水素侵入挙動. 2016 年度春季「ばね及び復元力応用講演会」講演論文集 2016, 5-6
  2. ABE, Fujio, TABUCHI, Masaaki, HAYAKAWA, Masao. Influence of Data Scattering on Estimation of 100,000 h Creep Rupture Strength of Alloy 617 and Alloy 740 by Larson-Miller Method. Proceedings of 8th International Conference on Advances in Materials Technology 2016, 125-136
2014
  1. Nobuo Nagashima, Masao Hayakawa, Megumi Kimura. Characterization of Mechanical Properties for Creep-fatigued Ferritic Heat-resisting Steel by Nano-indentation. PROCEEDIA MATERIALS SCIENCE 2014, 2006-2010
  2. Masao Hayakawa, Etsuo Takeuchi, Saburo Matsuoka. Hydrogen Fatigue-resisting Carbon Steels. PROCEDIA MATERIALS SCIENCE 2014, 2011-2015
  3. Yoshiyuki Furuya, Kazuo Kobayashi, Masao Hayakawa, Masao Sakamoto, Yutaka Koizumi, Hiroshi Harada. High-Temperature Ultrasonic Fatigue Testing at 1000°C. ADVANCED MATERIALS RESEARCH 2014, 1413-1418
  4. 早川 正夫, 水野浩行, 杉本 淳, 鈴木 健, 大石裕之, 近藤 覚, 榊原和利, 伊藤秀和, 松山晋作. 引張とねじりによる2GPa級高強度ばね鋼の遅れ破壊特性と破面観察. 第13回フラクトグラフィシンポジウム前刷集 2014, 65-69
2013
  1. 千田徹志, 平上大輔, 樽井敏三, 秋山 英二, 早川 正夫, 岩永健吾, 萩原行人, 大石裕之, 髙木周作. 種々の試験法による丸棒の水素脆化試験結果. 「水素脆化研究の基盤構築」研究会報告書 2013, 55-61
  2. SHIWA, Mitsuharu, HE, Dongfeng, ONO, Yoshinori, HAYAKAWA, Masao, Hideo Sunakawa, Naoki Nagao, Sinich Moriya, Eiichi Sato, Tetsuya Uchimoto, Toshiyuki Takakagi. Non-destructive materials reliability evaluation for Cu-ally of combustion chamber. Proceedings of ICFD10 2013, 504-505
2012
  1. 杉本 淳, 鈴木 健, 早川 正夫, 岡村 司, 鈴木秀和, 近藤覚, 松山晋作. ばね鋼の遅れ破壊特性. CAMP-ISIJ シンポジウム「水素脆化研究の基盤構築中間報告会」 2012, 69-74
  2. 早川 正夫. データシートによる銅合金の高温低サイクル疲労特性の解明. 宇宙関連材料シンポジウムプロシーディングス 2012, 69-83
2010
  1. KOBAYASHI, Kazuo, HAYAKAWA, Masao, KIMURA, Megumi. Creep-fatigue interaction properties of nickel-based superalloy 617. 7th China-Japan Bilateral Symposium on High Temp Strength of Materials 2010, 126-131
  2. HAYAKAWA, Masao, KOBAYASHI, Kazuo, KIMURA, Megumi, YAMAGUCHI, Koji. Characterization of high temperature fatigue properties for 316FR steel . Proceedings of 7th China-Japan Bilateral Symposium 2010, 41-45
2009
  1. 早川 正夫, 小林 一夫, 木村 恵. 長期高温疲労データシートの解析. MITS2009 疲労データシートシンポジウムプロシーディング 2009, 81-106
  2. HAYAKAWA, Masao, KIMURA, Megumi, KOBAYASHI, Kazuo. Characterization of Subgrains for Ferritic Heat-Resisting Steels with Different Creep-Fatigue Susceptibility. Proceedings of the 12th International Conference on Fracture 2009, T12.035-T12.043
  3. KOBAYASHI, Kazuo, HAYAKAWA, Masao, KIMURA, Megumi. High-Cycle Fatigue Properties of Ni-Baced Alloy718 and Iron-Baced A286 Supperalloys at High Temperature. Proceedings of the 12th International Conference on Fracture 2009, 9999-9999
2007
  1. NAGASHIMA, Nobuo, HAYAKAWA, Masao, TSUKADA Takashi, KAJI Yoshiyuki, MIWA Yukio, ANDO Masami, NAKATA Kiyotomo. Consideration of deformation mechanism for low-carbon austenitic stainless steel by micro hardness test. 13th International Conference Environmental Degradation of Materials in Nuclear Power Systems 2007, 1-15
  2. Masami Ando, Kiyotomo Nakata, Mikiro Itow, Norihiko Tanaka, Masato Koshiishi, Ryouji Obata, Yukio Miwa, Yoshiyuki Kaji, HAYAKAWA, Masao. CGR BEHAVIOR OF LOW CARBON STAINLESS STEEL OF HARDENED HEAT AFFECTED ZONE IN PLR PIPING WELD JIONTS. Proceedings of 13th International Conference on Envionmental Degradation of Materials in Nuclear Power Systems 2007, 1-16
2006
  1. HAYAKAWA, Masao, FURUYA, Yoshiyuki, MATSUOKA Saburo. ATOMIC FORCE MICROSCOPY OF LOCAL PLASTIC DEFORMATION For TEMPERED MARTENSITE. Proceedings of 16th European Conference of Fracture 2006, 358-365
  2. 小林 一夫, 山口 弘二, 早川 正夫, 木村 恵. オ-ステナイト系耐熱超合金の高温高サイクル疲労特性. 日本機械学会 2006年度年次大会 講演論文集 Vol.1 2006, 743-744
2004
  1. 山口 弘二, 木村 恵, 小林 一夫, 早川 正夫. 2.25Cr-1Mo鋼の高温疲労寿命に及ぼすヒート、熱処理、ひずみ制御モードの影響. 疲労シンポジウム前刷集 2004, 193-196
  2. HAYAKAWA, Masao, YAMAGUCHI, Koji, KIMURA, Megumi, KOBAYASHI, Kazuo. Characterization of Multi-Scale Structures for a Creep-Fatigued Ferritic Heat-Resisting Steel. Proceedings of Forth International Conference on Advanced in Materials Technology for Fossile Power Plants 2004, 619-627
  3. KOBAYASHI, Kazuo, YAMAGUCHI, Koji, HAYAKAWA, Masao, KIMURA, Megumi. HIGH CYCLE FATIGUE PROPERTIES OF NICKEL-BASE ALLOY 718. Proceedings of Fifth China-Japan Bilateral Symposium on High Temperature Strength of Materials 2004, 39-44

口頭発表 TSV

2018
  1. 江村 聡, 萩原 益夫, 早川 正夫, 黒田 秀治, 本橋 功会, 北嶋 具教. 構造用チタン合金の疲労特性に及ぼす金属組織の影響. 日本機械学会 M&M2018材料力学カンファレンス. 2018
  2. DAOChi Tue, 早川正夫, 石田章, Le Thi Hong Lien, 村上秀之. ペースト法によるNi基超合金へのPt, PtIr拡散コーティング法の開発とそのリマニュファクチャリングプロセスへの応用. 第28回日本MRS年次大会. 2018
  3. 松本光崇, 村上秀之, 廣瀬伸吾, 早川正夫, 松野泰也, 中島謙一. Promoting Product Remanufacturing through Innovation in Material Restration and Reliability Technologies. 第28回日本MRS年次大会. 2018
  4. DAO, Chi Tue, TSAO, Te-Kang, HAYAKAWA, Masao, ISHIDA, Akira, MURAKAMI, Hideyuki, Le Thi Hong Lien. Microstructure and Oxidation Behavior of Pt and Pt-Ir Diffusion Coatings on Ni-based Superalloys. EFC-Workshop 2018: High Temperature Corrosion under Complex Cond. 2018
  5. 黒田 秀治, 本橋 功会, 江村 聡, 萩原 益夫, 早川 正夫, 北嶋 具教. Ti-6Al-4V合金鍛造材の疲労特性におよぼす製造条件の影響. 日本鉄鋼協会第176回秋季講演大会. 2018
  6. 長島 伸夫, 早川 正夫. ナノインデンテーション試験による低合金鋼の塑性変形挙動に及ぼす水素の影響. 第60回構造強度に関する講演会. 2018
  7. 北嶋具教, 萩原益夫, 伊藤勉, 早川正夫, 岩崎智. Effect of α2 Precipitation on Creep and Tensile Properties of Ga-Added Near-α Titanium Alloys. THERMEC 2018. 2018
  8. 松本光崇, 松野泰也, 早川 正夫, 中島謙一, 村上 秀之, 廣瀬伸吾. R&D Challenges to Promote Product Remanufacturing. International Symposium on Precision Engineering and Sustainable Manufacturing (PRESM2018). 2018
  9. NAGASHIMA, Nobuo, HAYAKAWA, Masao. Evaluation of hydrogen influence on plastic deformation behavior of ferritic low alloy steels by the nano-indentation method. Internatinal Indentation Workshop. 2018
  10. 志波 光晴, 早川 正夫, 橋本知之, 竹腰正雄, 佐藤英一. レプリカ法による銅合金燃焼器の劣化損傷評価. 日本金属学会春季公園大会(2018). 2018
  11. 早川 正夫, 田淵 正明, 阿部 冨士雄, 木村 恵, 前田 芳夫. A-USC用耐熱合金のクリープ疲労特性の解明(三島賞受賞講演). 日本鉄鋼協会第175回春季講演大会. 2018
  12. 志波 光晴, 早川 正夫, 橋本 知之, 竹腰 正雄, 佐藤 英一. 燃焼器に用いられる銅合金のレプリカ法による劣化損傷評価. 安全・安心な社会を築く先進材料・非破壊計測技術シンポジウム. 2018
2016
  1. DOI, Kotaro, AKIYAMA Eiji, HAYAKAWA, Masao. Hydrogen entry into high strength steel in wear-corrosion environment including Cl-. NIMS WEEK 2016. 2016
  2. NAGASHIMA, Nobuo, HAYAKAWA, Masao, KIMURA, Megumi. Mechanical properties evaluation by nanoindenntatoin of creep-fatigued ferritic heat-resisting steel (12Cr-2W). 第9回日中高温強度シンポジウム. 2016
  3. HAYAKAWA, Masao, TABUCHI, Masaaki, ABE, Fujio, MAEDA, Yoshio. Creep-fatigue Properties of Dissimilar Welded Joints for A-USC. 第9回日中高温強度シンポジウム. 2016
  4. 早川 正夫, 田淵 正明, 阿部 冨士雄, 前田 芳夫. A-USC用耐熱合金の異材継手のクリープ疲労特性. 第3回NIMS構造材料研究拠点シンポジウム. 2016
  5. 小松 誠幸, 前田 芳夫, 田原 晃, 古谷 佳之, 蛭川 寿, 西川 嗣彬, 長島 伸夫, 竹内 悦男, 小野 嘉則, 由利 哲美, 木村 恵, 早川 正夫. 疲労、腐食、宇宙関連材料強度データシート. 第3回NIMS構造材料研究拠点シンポジウム. 2016
  6. 早川 正夫. 金属疲労−実務に生かすデータの見方と判断基準−. いわき ものづくり塾. 2016
  7. 早川 正夫, 水野浩行, 江口卓宏. ばねの遅れ破壊研究会の紹介、ばねテストピースの評価方案. 2016年度「水素脆化の基本要因と特性評価」研究会 第2回会合. 2016
  8. HAYAKAWA, Masao, MAEDA, Yoshio. Effect of plate thickness on high-cycle fatigue properties for cruciform welded joints of JIS-SM490B rolled steel. International Conference on Fracture & Strength of Solids. 2016
  9. 田淵 正明, 早川 正夫, 松永 哲也, 阿部 冨士雄. 異材溶接継手の損傷解析および長時間クリープ強度評価. A-USC成果報告会. 2016
  10. 小野 嘉則, 由利 哲美, 早川 正夫, 緒形 俊夫, 堀秀輔, 竹腰 正雄. ロケットエンジン材料の力学特性評価 〜低温から高温まで〜. 第65期通常総会・学術講演会 公開部門委員会. 2016
2015
  1. 早川 正夫. 焼もどしマルテンサイト組織のマルチスケール解析. 日立製作所研究開発グループ勉強会. 2015
  2. HAYAKAWA, Masao, TABUCHI, Masaaki, ABE, Fujio, MAEDA, Yoshio. Creep-fatigue Properties of Dissimilar Welded Joints for A-USC Boiler. 10th International EPRI Creep-Fatigue Experts Workshop. 2015
  3. 土井 康太郎, 秋山 英二, 早川 正夫. 水溶液中磨耗環境における構造材料用高強度鋼への水素侵入(第1報). ばねの遅れ破壊研究委員会. 2015
  4. 土井 康太郎, 秋山 英二, 早川 正夫. 構造材料用高強度鋼の塩化物水溶液中における摺動試験(第2報). ばねの遅れ破壊研究委員会幹事会. 2015
  5. 早川 正夫. 金属疲労 ―実務に生かすデータの見方と判断基準―. いわき ものづくり塾. 2015
  6. 阿部 冨士雄, 田淵 正明, 早川 正夫. TTP法によるAlloy 617の700 oC, 10万時間クリープ破断強度評価. 日本鉄鋼協会 H27年 秋季演大会. 2015
  7. 土井 康太郎, 秋山 英二, 早川 正夫. 塩化物水溶液中摺動環境における高強度鋼への水素侵入挙動. 2015年秋期講演大会. 2015
  8. 早川 正夫, 田淵 正明, 阿部 冨士雄, 前田 芳夫. 高温機器用ニッケル合金及び異材溶接継手のクリープ疲労特性と溶接構造用圧延鋼の高サイクル疲労特性の評価. グリーンマテリアルフォーラムシンポジウム「インフラ構造物の劣化と. 2015
  9. 土井 康太郎, 秋山 英二, 早川 正夫. 構造材料用高強度鋼の塩化物水溶液中における摺動試験. ばねの遅れ破壊研究委員会. 2015
  10. 早川 正夫, 水野浩行, 江口卓宏. CSRT試験の有効範囲調査(材料,強度レベル). 2015年度水素研究会第2回会合. 2015
  11. 土井 康太郎, 秋山 英二, 早川 正夫. 液中摺動試験の提案. 第1回ばねの遅れ破壊研究委員会. 2015
  12. 早川 正夫. 焼もどしマルテンサイト鋼の総合分析のための組織解析技法. 日本金属学会北海道支部講演会. 2015
2014
  1. 志波 光晴, 何 東風, 早川 正夫, 佐藤英一, 小林悌宇. ロケットエンジン燃焼器用銅合金の電磁気による欠陥検出・損傷評価. 平成26年度第2回電磁応用現象・解析評価研究委員会. 2014
  2. 早川 正夫, 前田 芳夫. Effect of plate thickness on high-cycle fatigue properties of cruciform welded joints of JIS-SM490B rolled steel. International Conference on Fatigue Damage of Structural Materia. 2014
  3. 水野浩行, 杉本 淳, 鈴木 健, 早川 正夫, 大石裕之, 本庄 稔, 近藤 覚, 榊原和利, 伊藤秀和, 松山晋作. ばね鋼9254Vの引張およびねじり遅れ破壊特性. 「鋼の機械的特性に及ぼす水素の効果とその評価」シンポジウム. 2014
  4. 長島 伸夫, 早川 正夫, 木村 恵. ナノインデンテーション法によるクリープ疲労したフェライト系耐熱鋼の微小力学特性評価. 第63期学術講演会. 2014
  5. 前田 芳夫, 早川 正夫. 高残留応力下におけるJIS-SM490Bすみ肉溶接継手の高サイクル疲労特性に及ぼす板厚効果. 第63期通常総会・学術講演会. 2014
  6. 早川 正夫. 引張とねじりによる高強度ばね鋼の水素割れ感受性の評価. 第108回 フラクトグラフィ部門委員会. 2014
  7. 志波 光晴, 何 東風, 小野 嘉則, 早川 正夫, 佐藤英一, 小林悌宇. 燃焼器銅合金の非破壊による劣化損傷・余寿命評価の課題. 安全・安心な社会を築く先進材料・非破壊計測技術シンポジウム. 2014
2013
  1. 早川 正夫, 田淵 正明, 阿部 冨士雄. ニッケル基合金(Alloy 617)のクリープ疲労特性評価. 先進超々臨界圧火力発電技術開発 講演会. 2013
  2. 早川 正夫. ばね鋼SAE9254の引張遅れ破壊特性. 第2回「ばねの遅れ破壊に関する研究委員会」発表会. 2013
  3. 早川 正夫. ばねV鋼(SAE9254V)の平滑丸棒試験片のCSRT報告. ばねの遅れ破壊に関する研究委員会. 2013
  4. 多田雅史, 大村朋彦, 大熊隆次, 齋藤博之, 渡邉義典, 早川 正夫, 鈴木啓史. 水素脆化を適正に評価できる水素添加法とは(陰極チャージ試験). 「水素脆化研究の基盤構築」研究会 最終報告会. 2013
  5. 長島 伸夫, 早川 正夫, 木村 恵. クリープ疲労したフェライト系耐熱鋼(12Cr-2W)の組織・力学特性評価. M&M2013カンファレンス. 2013
  6. 早川 正夫. ばね鋼SAE9254の引張遅れ破壊特性. 「ばねの遅れ破壊に関する研究委員会」発表会. 2013
  7. 早川 正夫. 高温における材料の疲労と破壊. 日本テクノセンターセミナー. 2013
  8. 早川 正夫. CSRTとねじり試験によるばね鋼の遅れ破壊評価法の検討. 日本材料学会第62期学術講演会. 2013
2012
  1. 阿部 冨士雄, 田淵 正明, 早川 正夫, 仙波 潤之, 岡田浩一, 五十嵐正晃. 長時間クリープ破断強度評価および異材溶接継手の損傷評価. 先進超々臨界圧火力発電技術開発 講演会. 2012
  2. 早川 正夫, 木村 恵, 小林 一夫, 前田 芳夫. ニッケル合金板NW6617(Ni-22Cr-12Co-9Mo)の長期高温低サイクル疲労特性. 日本鉄鋼協会第163回春季講演大会. 2012
  3. FURUYA, Yoshiyuki, HIRUKAWA, Hisashi, HAYAKAWA, Masao. Ultrasonic fatigue tests of hydrogen-charged specimens. HYDROGENIUS and I2CNER Int. Workshop on Hydrogen-Materials. 2012
2011
  1. 長島 伸夫, 早川 正夫. 微小硬さ試験法を用いたき裂先端塑性ひずみ分布測定法. 日本金属学会秋期講演大会. 2011
  2. 杉本 淳, 鈴木 健, 早川 正夫, 松山 晋作. 「ばね鋼の遅れ破壊に関する研究委員会」活動報告. 2011年度 秋季「ばね及び復元力応用講演会」. 2011
  3. HAYAKAWA, Masao, KOBAYASHI, Kazuo, KIMURA, Megumi, MAEDA, Yoshio. Creep-fatigue interaction of Alloy617(Ni-22Cr-12Co-9Mo). International EPRI Creep-Fatigue Experts Workshop. 2011
  4. 早川 正夫, 鈴木 健, 杉本 淳, 松山 晋作. ばね鋼のCSRT試験. 「鉄鋼材料の高強度高機能化基盤技術研究」シンポジウム. 2011
  5. 鈴木 健, 杉本 淳, 早川 正夫, 松山 晋作. ばね鋼のCSRT試験. シンポジウム「水素脆化研究基盤構築中間報告会」. 2011
  6. 古谷 佳之, 小林 一夫, 早川 正夫, 原田 広史. 耐熱合金用の高温超音波疲労試験. 日本鉄鋼協会 第162回秋季講演大会. 2011
  7. 長島 伸夫, 早川 正夫. 平面ひずみ状態のき裂先端塑性ひずみ分布測定. 日本鉄鋼協会秋期講演大会. 2011
  8. 古谷 佳之, 小林 一夫, 早川 正夫, 坂本 正雄, 小泉 裕, 原田 広史. 1000℃まで試験できる高温用超音波疲労試験機の開発. M&M2011材料力学カンファレンス. 2011
2006
  1. 早川 正夫, 松岡三郎, 杉本淳, 鈴木健. 「遅れ破壊試験法の調査研究委員会」活動報告. 2006年度日本ばね学会秋季講演会. 2006
  2. 早川 正夫, 山口 弘二, 木村 恵, 小林 一夫. クリープ疲労したフェライト系耐熱鋼12Cr-2Wの組織解析. 日本機械学会2006年度年次大会. 2006
  3. 早川 正夫, 長島 伸夫, 塚田隆, 加治芳行, 三輪幸夫, 仲田清智, 安藤昌視, 落石正人. SCCき裂先端近傍の変形挙動解析(2)AFMによる粒界近傍の変形観察. 日本金属学会2006年度秋期大会. 2006
  4. 加治芳行, 三輪幸夫, 塚田隆, 長島 伸夫, 早川 正夫, 安藤昌視, 仲田清智. SCCき裂先端近傍の変形挙動解析(3)−EBSP法による塑性変形解析. 日本金属学会2006年度秋期大会. 2006
  5. 長島 伸夫, 早川 正夫, 加治芳行, 塚田隆, 三輪幸夫, 安藤昌視, 仲田清智. SCCき裂先端近傍の変形挙動解析(1)-溶接熱影響部模擬材の強度・組織解析. 2006年秋期講演大会. 2006
  6. 蛭川 寿, 古谷 佳之, 早川 正夫. 低合金鋼のギガサイクル疲労特性に及ぼす水素の影響. M&M2006材料力学カンファレンス. 2006
  7. 小林 一夫, 山口 弘二, 早川 正夫, 木村 恵. A286析出強化型超合金の高温高サイクル疲労特性. 日本材料科学会 平成18年度学術講演大会. 2006
  8. 早川 正夫, 阿部 孝行, 長島 伸夫, 蛭川 寿, 前田 芳夫. 長期疲労特性データシートの整備 −耐長寿命疲労破壊への挑戦. NIMSイブニングセミナー(11) 「安全と材料」. 2006
  9. 早川 正夫, 前田 芳夫, 蛭川 寿, 阿部 孝行, 小林 一夫. 疲労データシート. NIMSフォーラム2006. 2006
2005
  1. 早川 正夫, 古谷 佳之, 松岡三郎. 原子間力顕微鏡による改良オースフォームした焼もどしマルテンサイト鋼の不均一塑性変形のナノスケール解析. M&M2005. 2005
  2. 早川 正夫. ばね技術研究会における遅れ破壊試験法調査委員会の取り組み. 「材料中の水素状態分析標準化の基盤構築」フォーラム. 2005
  3. 小林 一夫, 山口 弘二, 早川 正夫, 木村 恵. 鉄基析出強化型耐熱合金A286の高温高サイクル疲労特性. 日本材料科学会 平成17年度学術講演大会. 2005
  4. 小林 一夫, 山口 弘二, 早川 正夫, 木村 恵. A286合金の高温高サイクル疲労特性. 日本金属学会2005年春期(第136回)大会. 2005
  5. 早川 正夫. ナノ組織解析と高温疲労データシート. 疲労データシートシンポジウム. 2005
2004
  1. 早川 正夫, 山口 弘二, 木村 恵, 小林 一夫. SCMV4鋼の高温疲労寿命特性に及ぼすヒート、熱処理、ひずみ制御モードの影響. 第42回高温強度シンポジウム. 2004
  2. 早川 正夫, 山口 弘二, 木村 恵, 小林 一夫. クリープ疲労したフェライト系耐熱鋼(12Cr-2W)のサブグレイン組織の反射電子観察. 日本高圧力技術協会平成16年度秋季講演会. 2004
  3. 山口 弘二, 木村 恵, 小林 一夫, 早川 正夫. 圧力容器用SCMV4鋼の高温疲労寿命に及ぼすヒート、熱処理及びひずみ制御モードの影響. 日本高圧力技術協会平成16年度秋季講演大会. 2004
  4. 早川 正夫, 山口 弘二, 木村 恵, 小林 一夫. マルチスケール組織観察. 日本材料学会第271回疲労部門委員会. 2004
  5. 山口 弘二, 木村 恵, 小林 一夫, 早川 正夫. 各種耐熱鋼の高温疲労寿命と寿命設計曲線. 日本鉄鋼協会第148回秋季講演大会. 2004
  6. KOBAYASHI, Kazuo, YAMAGUCHI, Koji, HAYAKAWA, Masao, KIMURA, Megumi. High Cycle Fatigue Properties of Alloy 718 Nickel-base Superalloy. 8th Ultra-Steel Workshop"Proposal of New Constructions with Ultr. 2004
  7. KIMURA, Megumi, YAMAGUCHI, Koji, HAYAKAWA, Masao, KOBAYASHI, Kazuo, 金澤健二. Observation of Multi-Scale Structure for a Creep-Fatigued Ferritic 12Cr-2W Steel. 8th Ultra-Steel Workshop. 2004
  8. YAMAGUCHI, Koji, HAYAKAWA, Masao, KIMURA, Megumi, KOBAYASHI, Kazuo. Influence of heats, heat-treatments and testing methods on high temperature fatigue of 2.25Cr-1Mo steels. 第8回超鉄鋼ワークショップ. 2004
  9. 山口 弘二, 木村 恵, 小林 一夫, 早川 正夫. ボイラ及び圧力容器用2.25Cr-1Mo鋼の高温疲労寿命に及ぼすヒート、熱処理、ひずみ制御モードの影響. 日本学術振興会耐熱材料第123委員会研究発表会. 2004
  10. 小林 一夫, 山口 弘二, 早川 正夫, 木村 恵. Ni基超合金Alloy718の高温高サイクル疲労特性. 日本材料科学会平成16年度学術講演大会. 2004
  11. 小林 一夫, 山口 弘二, 木村 恵, 早川 正夫, 緒形 俊夫, 松岡 三郎. ロケット用ニッケル基超合金Alloy718の疲労特性. 日本金属学会2004年春期(第134回)大会. 2004

特許 TSV

登録特許
  1. 特許第6240844号 高張力鋼板及びこれを母材とした高延性ダイクエンチによる高強度成形品 (2017)
  2. 特許第6010730号 高延性ダイクエンチによる高強度成形品及びその製造方法 (2016)
  3. 特許第5930145号 耐水素疲労フェライト鋼とその製造方法 (2016)
  4. 特許第5467480号 溶接構造部材及び溶接方法 (2014)
  5. 特許第5305194号 金属材の溶接装置 (2013)
  6. 特許第5305195号 金属材の溶接方法 (2013)
  7. 特許第4565142号 試料の組織を映像化する為の観察面処理法 (2010)
  8. 特許第4524369号 高温疲労試験法 (2010)
  9. 特許第4006513号 材料評価方法 (2007)
  10. 特許第3867141号 フェライト系耐熱材の損傷評価方法 (2006)
  11. 特許第3829189号 旧オーステナイト粒界を組織に持つ鋼の結晶粒界測定法 (2006)
  12. 特許第3158159号 原子間力顕微鏡用背高探針付き片持ちレバー (2001)
公開特許
    外国特許
    1. No. JP2016065320A HIGH TENSILE STEEL SHEET AND HIGH STRENGTH MOLDED ARTICLE BY HIGH DUCTILITY DIE QUENCHING USING THE SAME AS BASE MATERIAL (2016)
    2. No. IN201106879P4 HYDROGEN FATIGUE RESISTANT FERRITIC STEEL AND MANUFACTURING METHOD THEREOF (2012)
    3. No. CN102596481A Weld structure component and welding method (2012)
    4. No. EP2460613A1 WELDED STRUCTURAL MEMBER AND WELDING METHOD (2012)
    5. No. CN102482740A High-strength molded article and manufacturing method thereof (2012)
    6. No. US20120129006A1 WELDING STRUCTURAL PART AND WELDING METHOD OF THE SAME (2012)
    7. No. US20120118440A1 HIGH-STRENGTH AND HIGH-DUCTILITY DIE-QUENCHED PARTS AND METHOD OF MANUFACTURING THE SAME (2012)
    8. No. EP2436796A1 HIGH-STRENGTH MOLDED ARTICLE AND PROCESS FOR PRODUCTION THEREOF (2012)
    9. No. EP2402469A1 HYDROGEN FATIGUE RESISTANT FERRITE STEEL AND MANUFACTURING METHOD THEREOF (2012)
    10. No. US20110303655A1 WELDING EQUIPMENT FOR METALLIC MATERIALS AND METHOD FOR WELDING METALLIC MATERIALS (2011)
    11. No. US20110305595A1 HYDROGEN FATIGUE RESISTANT FERRITIC STEEL AND MANUFACTURING METHOD THEREOF (2011)
    12. No. CN102227283A Welding method welding device and metal component metal member (2011)
    13. No. KR2011113206A The domestic demand relieving oneself the ferrite steel and manufacturing method thereof. (2011)
    14. No. EP2351628A1 WELDING DEVICE FOR METAL AND WELDING METHOD FOR METAL (2011)
    15. No. KR2011059655A WELDING DEVICE FOR METAL AND WELDING METHOD FOR METAL (2011)
    16. No. WO2011013793A1 WELDED STRUCTURAL MEMBER AND WELDING METHOD (2011)
    17. No. WO2010137619A1 HIGH-STRENGTH MOLDED ARTICLE AND PROCESS FOR PRODUCTION THEREOF (2010)
    18. No. WO2010098172A1 HYDROGEN FATIGUE RESISTANT FERRITE STEEL AND MANUFACTURING METHOD THEREOF (2010)
    19. No. CA2753415A1 HYDROGEN FATIGUE RESISTANT FERRITIC STEEL AND MANUFACTURING METHOD THEREOF (2010)
    20. No. WO2010038779A1 WELDING DEVICE FOR METAL AND WELDING METHOD FOR METAL (2010)

    ▲ページトップへ移動