SAMURAI - NIMS Researchers Database

HOME > プロフィール > 池田 亜矢子

池田 亜矢子
Address
305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1 [アクセス]
  • 論文・発表

[研究論文] |[書籍] |[会議録] |[口頭発表] |[特許]

研究論文 TSV

2018
  1. Ken Cho, Ryota Kobayashi, Jong Yeong Oh, Hiroyuki Y. Yasuda, Mitsuharu Todai, Takayoshi Nakano, Ayako Ikeda, Minoru Ueda, Masao Takeyama. Influence of unique layered microstructure on fatigue properties of Ti-48Al-2Cr-2Nb alloys fabricated by electron beam melting. Intermetallics. 95 (2018) 1-10 10.1016/j.intermet.2018.01.009

書籍 TSV

会議録 TSV

口頭発表 TSV

2018
  1. SAITOH Akiko, NISHIMINE Hirotoshi, IKEDA, Ayako, TAKAGIWA, Yoshiki, NISHI Tsuyoshi, OHTA Hiromichi, IKEDA Teruyuki. An efficient way of exploring microstructure and thermoelectric properties of multicomponent systems using composition-graded bulk materials. 15th International Symposium on Functionally Graded Materials. 2018
  2. 坂田 将啓, 趙 研, 安田 弘行, 中野 貴由, 當代 光陽, 池田 亜矢子, 近藤 大介, 長町 悠斗, 上田 実, 竹山 雅夫. 電子ビーム三次元積層造形法で作製した TiAl 合金の特異バンド状組織制御による室温延性の向上. 日本金属学会春期講演大会. 2018
  3. 齊藤明子, 西峯広智, 池田 亜矢子, 池田輝之, 高際 良樹. 一方向凝固を利用した熱電材料の組織探索. 日本金属学会2018年春季講演大会. 2018
  4. 池田 亜矢子, 趙 研, 安田 弘行, 中野 貴由, 當代 光陽, 近藤 大介, 長町 悠斗, 上田 実, 竹山 雅夫. 伝熱解析による電子ビーム三次元積層造形法を用いて作製したTiAl合金の組織予測. 日本金属学会春期講演大会. 2018
  5. 趙 研, 森田 尚秀, 安田 弘行, 當代 光陽, 中野 貴由, 池田 亜矢子, 近藤 大介, 長町 悠斗, 上田 実, 竹山 雅夫. 電子ビーム三次元積層造形法で作製した TiAl 合金における 室温延性向上に向けた微細組織の最適化. 日本金属学会春期講演大会. 2018
2017
  1. 趙 研, 小林良太, 安田 弘行, 當代 光陽, 中野 貴由, 池田 亜矢子, 近藤 大介, 長町 悠斗, 上田 実, 竹山 雅夫. 電子ビーム三次元積層造形法を用いて作製したバンド状組織を有するTiAl合金の疲労挙動. 秋期講演大会. 2017
  2. 池田 亜矢子, 趙研, 安田弘行, 中野貴由, 當代光陽, 近藤大介, 長町悠斗, 上田実, 竹山雅夫. 伝熱解析と溶融池の観察による電子ビーム三次元積層造形法により作製したTiAl合金部材の微細組織形成過程の解明. 第133回秋期大会 . 2017
  3. Ken Cho, Ryota Kobayashi, Hiroyuki Yasuda, Mitsuharu Todai, Takayoshi Nakano, IKEDA, Ayako, Daisuke Kondo, Yuto Nagamachi, Minoru Ueda, Masao Takeyama. Microstructures and Mechanical Properties of TiAl Alloys Fabricated by Electron Beam Melting. Materials Science & Technology 2017. 2017
  4. 趙 研, 森田尚秀, 坂田将啓, Liu Tianqi, 安田 弘行, 當代 光陽, 中野 貴由, 池田 亜矢子, 近藤 大介, 長町 悠斗, 上田 実, 竹山 雅夫. 電子ビーム三次元積層造形法を用いて作製したTiAl合金の組織制御と力学特性改善. 秋期講演大会. 2017
  5. 坂田将啓, 趙 研, 安田 弘行, 當代 光陽, 中野 貴由, 池田 亜矢子, 近藤 大介, 長町 悠斗, 上田 実, 竹山 雅夫. 電子ビーム三次元積層造形法で作製したTiAl合金の微細組織と引張特性に及ぼす熱処理の影響. 秋期講演大会. 2017
  6. 森田 尚秀, 趙 研, 安田 弘行, 中野 貴由, 當代 光陽, 池田 亜矢子, 近藤 大介, 長町 悠斗, 上田 実, 竹山 雅夫. 電子ビーム三次元積層造形法で作製したTiAl合金におけるバンド状γ等軸粒が室温延性に及ぼす影響. 秋期講演大会. 2017
  7. 坂田将啓, 趙 研, 安田 弘行, 當代 光陽, 中野 貴由, 池田 亜矢子, 近藤 大介, 長町 悠斗, 上田 実, 竹山 雅夫. 電子ビーム三次元積層造形法で作製したTiAl 合金の組織制御による室温延性の改善. 春期講演大会. 2017
  8. 森田 尚秀, 趙 研, 安田 弘行, 當代 光陽, 中野 貴由, 池田 亜矢子, 近藤 大介, 長町 悠斗, 上田 実, 竹山 雅夫. 電子ビーム三次元積層造形法で作製したTiAl合金の微細組織と力学特性に及ぼす熱処理の影響. 春期講演大会. 2017
  9. 趙 研, 安田 弘行, 當代 光陽, 中野 貴由, 池田 亜矢子, 近藤 大介, 長町 悠斗, 上田 実, 竹山 雅夫, 小林良太. 電子ビーム三次元積層造形法で作製したTiAl合金の熱間等方圧加圧処理による微細組織制御と疲労特性改善. 春期講演大会. 2017
2016
  1. BHATTACHARYA, Somesh Kumar, SAHARA, Ryoji, KITASHIMA, Tomonori, IKEDA, Ayako, Kyosuke Ueda, Takayuki Narushima. Role of impurity in oxidation resistance of Ti: Ab initio DFT study. ACCMS-VO 11. 2016
  2. 池田 亜矢子, 北嶋 具教, 萩原 益夫, 江村 聡, 佐原 亮二, 成島尚之, 上田恭介. Ti-6242S合金の酸化挙動. 日本鉄鋼協会 第172回秋季講演大会. 2016
  3. 徐 雅欣, 池田 亜矢子, 谷 月峰. Effect of alloying additions on Corrosion Resistance of Ni-base Alloys in Molten Glass. 日本金属学会2016年秋期講演大会. 2016
  4. 前田幸大, 上田恭介, 北嶋 具教, 池田 亜矢子, 萩原 益夫, 佐原 亮二, 御手洗 容子, 成島尚之. Ti-6Al-4V-xSi(x=0〜1mass%)合金の耐酸化性と機械的特性. 日本金属学会2016年秋期講演大会. 2016
  5. ヤン ヤン, 北嶋 具教, 原 徹, 原 由佳, 池田 亜矢子, 萩原 益夫, 御手洗 容子. The effect of Ga and Sn addition and microstructure on the oxidation behavior of near-α Ti alloys. 日本金属学会2016年秋期講演大会. 2016
  6. 池田 亜矢子, デュパ ローラ, 趙 研, 安田弘行, 當代光陽, 中野貴由, 近藤大介, 長町悠斗, 上田 実. 電子ビーム三次元積層造形法によるTiAl合金部材の形成過程における熱履歴と微細組織. 日本金属学会2016年秋期(第159回)講演大会. 2016
  7. IKEDA, Ayako. Multi-diffusion couple method for efficient development of phase diagrams of multi-component systems. MOST-NIMS WORKSHOP Innovative Materials for Safe and Sustainable. 2016
  8. 池田 亜矢子. マルチ拡散対法による効率的な多元系状態図の作成. 日本金属学会 2016年春期大会. 2016

特許 TSV

登録特許
    公開特許
      外国特許

        ▲ページトップへ移動