SAMURAI - NIMS Researchers Database

HOME > 研究者を検索 > 分野別にみる

分野別にみる

論文の分野はクラリベイト・アナリティクス社のESI分類を参考に分類し(Materials Science, Physics, Chemistry, Engineering, Biology)、ほか発表文献タイトル・抄録などから2006年以降刊行の論文検索を行うことができます。

最終更新時刻: 2020年08月09日

33741件の論文が見つかりました。論文は出版年月日順に表示しています。(ヘルプ)
  • T. Suzuki, S. Masuda, Y. Matsui, Y. Nakanishi. Phase diagram of the Rb-O system and disproportionation of rubidium suboxide. Journal of Nuclear Materials. 137 [3] (1986) 250-255 10.1016/0022-3115(86)90227-8
  • Yasuyuki Katada, Norio Nagata. The effect of temperature on fatigue crack growth behaviour of a low alloy pressure vessel steel in a simulated BWR environment. Corrosion Science. 25 [8-9] (1985) 693-704 10.1016/0010-938x(85)90006-x
  • S HORIBE, M NAKAMURA, M SUMITA. The effect of seawater on fracture mode transition in fatigue. International Journal of Fatigue. 7 [4] (1985) 224-227 10.1016/0142-1123(85)90054-4
  • 藤井忠行, 平岡裕, 平岡裕. 2次再結晶法による任意形状のMo巨大単結晶の製造. 鉄と鋼. 71 (1985) 1408-1411
  • 生井亨, 菊地政郎, 大澤 嘉昭. 噴霧法による各種粒子の鋳鉄中への分散. 鋳物. 58 [1] (1986) 53-58
  • T. Asano, Y. Tanaka, K. Tachikawa. Effects of deposition parameters on the synthesis of Nb3Ge in the CVD process. Cryogenics. 25 [9] (1985) 503-506 10.1016/0011-2275(85)90073-6
  • 田中千秋, 八木晃一, 大場敏夫, 久保 清, 金丸 修. 高速炉用燃料被覆管のクリープ試験(14). 金属材料技術研究所受託研究報告書. 255 (1985) 8501
  • 檀武弘, 有冨敬芳, 小川 一行, 中村佳右. アルミナるつぼで溶解した高純度鉄中に観察される介在物の組成について. 日本金属学会誌. 49 (1985) 865
  • 中村恵吉, 吉原一紘, 斎藤一男. Auger Study of Interfacial Reaction between Sputter-Deposited NiTi Films and a Glass Substrate Containing Titani. Thin Solid Films. 44 (1986) 93
  • 松岡三郎, 西島敏, 下平益夫, 升田 博之, 竹内悦男. 3%食塩水溶液中の低ΔK領域におけるS45CとHT80鋼の疲労き裂伝ぱ曲線. 鉄と鋼. (1986) 55
  • ▲ページトップへ移動