SAMURAI - NIMS Researchers Database

HOME > 研究者を検索 > 分野別にみる

分野別にみる

論文の分野はクラリベイト・アナリティクス社のESI分類を参考に分類し(Materials Science, Physics, Chemistry, Engineering, Biology)、ほか発表文献タイトル・抄録などから2006年以降刊行の論文検索を行うことができます。

最終更新時刻: 2020年09月29日

33929件の論文が見つかりました。論文は出版年月日順に表示しています。(ヘルプ)
  • 武藤功, 鈴木正, 鈴木正. 高Crフェライト鋼のナトリウム中の共存性に及ぼすCr量とナトリウム流速の影響. 日本金属学会誌. 51 [4] (1987) 350-355
  • 新井隆, 小林 敏治, 板垣孟彦, 小池喜三郎, 佐久間信夫. 鋳ぐるみ法によるタングステン線強化コバルト基耐熱合金の製造とクリープ破断特性. 鉄と鋼. 73 (1987) 1389-1396
  • 斎藤鉄哉. 金属材料の非破壊検査 ― その現状と新しい手法. 自動車技術. 40 (1986) 11
  • M. Enomoto. Computer modeling of the growth kinetics of ledged interphase boundaries—II. Finite train of steps. Acta Metallurgica. 35 [4] (1987) 947-956 10.1016/0001-6160(87)90173-8
  • 斎藤鉄哉. 非破壊検査 ― 腐食に係わる損傷を中心として. 防食技術. 36 (1987) 1
  • 浜野隆一. 強力鋼の疲れき裂伝播の環境感受性に及ぼす析出物の役割. J Mater Sci.. 23 (1988)
  • M. Enomoto. Computer modeling of the growth kinetics of ledged interphase boundaries—I. Single step and infinite train of steps. Acta Metallurgica. 35 [4] (1987) 935-945 10.1016/0001-6160(87)90172-6
  • Etsuo TAKEUCHI, Saburo MATSUOKA, Satoshi NISHIJIMA. Near-threshold fatigue crack growth properties for SB42 and SUS304 steels at elevated temperatures.. JSME international journal. 30 [259] (1987) 22-28 10.1299/jsme1987.30.22
  • 斎藤鉄哉. 非破壊検査による構造材料の残存寿命予測の現状. 材料フォーラム. (1983) 13
  • 上原重昭, 笹野久興, 鈴木敏之. TiNi焼結体のマルテンサイト変態に及ぼす酸素の影響. Proceedings of the I.C. on Ti Products. (1987) 840
  • ▲ページトップへ移動