SAMURAI - NIMS Researchers Database

HOME > 研究者を検索 > 分野別にみる

分野別にみる

論文の分野はクラリベイト・アナリティクス社のESI分類を参考に分類し(Materials Science, Physics, Chemistry, Engineering, Biology)、ほか発表文献タイトル・抄録などから2006年以降刊行の論文検索を行うことができます。

最終更新時刻: 2020年08月09日

33741件の論文が見つかりました。論文は出版年月日順に表示しています。(ヘルプ)
  • 竹内 孝夫, 飯嶋 安男, 太刀川恭治, 井上廉. 超電導V3Ga拡散線材の高磁界特性の改善について. 日本金属学会誌. 49 [9] (1985) 784-791
  • C. K. Wu. Lattice Imaging of θ′ Precipitate-Matrix Interfaces in Al-4 mass% Cu Alloy. Transactions of the Japan Institute of Metals. 26 [1] (1985) 7-16 10.2320/matertrans1960.26.7
  • 青木孝夫. 応力腐食割れ下限界応力拡大係数Kisccの標準試験方法. 防食技術. 34 (1985) 11
  • 高橋旦征, 吉岡孝之, 中村佳右, 大河内春乃. 低圧火花放電とエアロゾルサイクロンを用いた高速度鋼の直接ICP発光分光分析. Trans. JIM. 49 (1985) 463-467
  • 小野寺 秀博, 大野勝美, 山縣敏博, 山崎道夫. α+β型Ti合金の引張特性に及ぼすβ安定化元素量の影響. 鉄と鋼. 72 [2] (1986) 284-291
  • 藤田充苗, 河部義邦, 入江宏定. Ti―6Al―4V合金の溶体化―時効材の電子ビーム溶接性. 鉄と鋼. 72 (1986) 678
  • Toshihisa Asano, Yasuo Iijima, Kikuo Itoh, Kyoji Tachikawa. Effects of Titanium Addition to the Niobium Core on the Composite-Processed Nb<SUB>3</SUB>Sn. Transactions of the Japan Institute of Metals. 27 [3] (1986) 204-214 10.2320/matertrans1960.27.204
  • 梶原節夫. Fe―Ni―C合金におけるほぼ完全なる形状記憶効果. Trans. J. I. M.. 26 (1985)
  • Takayoshi KIMOTO, Haruki SHIRAISHI, Masahiro KOYAMA, Yoshiaki IKENAGA. Void Swelling and Precipitation in Ti-Modified Austenitic Fe-Ni-Cr Alloys. Journal of Nuclear Science and Technology. 23 [9] (1986) 802-812
  • 大橋修, 田沼欣司, 木村 隆. 拡散溶接部の密着部での酸化皮膜の挙動. 溶接学会論文集. 4 (1986) 53
  • ▲ページトップへ移動