SAMURAI - NIMS Researchers Database

HOME > 研究者を検索 > 分野別にみる

分野別にみる

論文の分野はクラリベイト・アナリティクス社のESI分類を参考に分類し(Materials Science, Physics, Chemistry, Engineering, Biology)、ほか発表文献タイトル・抄録などから2006年以降刊行の論文検索を行うことができます。

最終更新時刻: 2020年08月09日

33741件の論文が見つかりました。論文は出版年月日順に表示しています。(ヘルプ)
  • 榎本正人, H.Aaronson, H.Aaronson. Nucleation Kinetics of Proeutectoid Ferrite at Austenite Grain Boundaries in Fe-C-X Alloys. Met.Trans.. (1986) 1385
  • 堀部進, C.Laird, J.K.Lee. Effect of Test Interruption on Cyclic Behavior in Al-Cu Single Crystals Containing Shearable Precipitates. Mater.Sci.and Eng.. 63 (1984) 2
  • M. Enomoto, H.I. Aaronson. Derivation of general conditions for paraequilibrium in multi-component systems. Scripta Metallurgica. 19 [1] (1985) 1-3 10.1016/0036-9748(85)90254-6
  • 古屋 一夫, 佐藤 幸一, 貝沼 紀夫, 吉田 平太郎. Ni-Cr-W合金の低サイクル疲労挙動におよぼす高温ガス炉近似ヘリウムの影響. 鉄と鋼. 71 [1] (1985) 92-99 10.2355/tetsutohagane1955.71.1_92
  • Masatoshi Okada. Thermal and mechanical properties of vapour-deposited TiC coatings for the first wall of a fusion reactor. Thin Solid Films. 108 [4] (1983) 373-381 10.1016/0040-6090(83)90118-9
  • 梶原節夫. マルテンサイト変態およびその逆変態における可逆性. 鉄と鋼. 70 (1984) 3
  • 今野 武志, 飯田國廣. ヒステリシスエネルギー論による曲げ疲労強度の予測. 日本造船学会論文集. 156 (1984) 511-521
  • 岡田雅年. イオンプレーティング装置の概説. 金属表面技術. 35 (1984) 2
  • 新谷紀雄, 横井信, 京野 純郎. 密度変化測定によるCr―Mo―V鋼のクリープ損傷評価. 鉄と鋼. 70 (1984) 6
  • 藤田充苗, 河部義邦, 入江宏定, 塚本 進. 強度水準200〜300kgf/mm2のマルエージ鋼の溶接継手強度. 鉄と鋼. 70 (1984) 1750
  • ▲ページトップへ移動