SAMURAI - NIMS Researchers Database

HOME > 研究者を検索 > 分野別にみる

分野別にみる

論文の分野はトムソン・ロイター社のESI分類を参考に分類し(Materials Science, Physics, Chemistry, Engineering, Biology)、ほか発表文献タイトル・抄録などから2006年以降刊行の論文検索を行うことができます。

最終更新時刻: 2019年07月17日

31933件の論文が見つかりました。論文は出版年月日順に表示しています。(ヘルプ)
  • M. Kitajima, M. Fukutomi, M. Okada. Surface damage of CVD-SIC coatings on Mo under D+— irradiation. Journal of Nuclear Materials. 103 (1981) 403-407 10.1016/0022-3115(82)90632-8
  • 河部義邦. マルエージ鋼の加工熱処理. 熱処理. 21 (1981) 6
  • 角田方衛, 丸山典夫, 内山郁. 100Kgf/mm2級高張力鋼の海水中における疲れき裂伝播速度への応力比の影響. 鉄と鋼. 69 (1983) 11
  • 梶原節夫, 菊池武丕児, 菊池武丕児. Cu―Zn合金のマルテンサイトの逆変態によって生じる転位構造. Acta metallurgica. 30 (1982)
  • K. Nakamura. On the hardening and topology changes in palladium resulting from hydrogen absorption-desorption cycling carried out above 588 K. Journal of the Less Common Metals. 84 (1982) 173-185 10.1016/0022-5088(82)90143-6
  • 宗木 政一, 河部義邦, 高橋順次. 10Ni―18Co―14Mo系マルエージ鋼におけるオーステナイト中の析出とその強靭性に及ぼす影響. 鉄と鋼. 68 (1981) 8
  • 安中嵩, 岩尾暢彦, 木村勝美, 星本健一, 武藤功, 福原煕明, 松本庄次郎, 吉田秀彦. 超音波法による破壊靭性試験片のき裂伝播の検出. 非破壊検査. 31 (1981) 455
  • 石川圭介, 平賀 啓二郎, 平賀啓二郎. 極低温用構造材料. 金属学会報. 20 (1981) 692
  • 檀武弘, 中村恵吉, 中村恵吉. PdおよびNi被覆したNbの水素吸収放出過程で生じた硬化と割れ. 日本金属学会誌. 46 (1982) 2
  • T. Takeuchi, T. Asano, Y. Iijima, K. Tachikawa, 竹内 孝夫, 浅野 稔久, 飯嶋 安男, 太刀川恭治. Effects of the IVa element addition on the composite-processed superconducting Nb3Sn. Cryogenics. 21 [10] (1981) 585-590 10.1016/0011-2275(81)90226-5
  • ▲ページトップへ移動