SAMURAI - NIMS Researchers Database

HOME > 研究者を検索 > 分野別にみる

分野別にみる

論文の分野はトムソン・ロイター社のESI分類を参考に分類し(Materials Science, Physics, Chemistry, Engineering, Biology)、ほか発表文献タイトル・抄録などから2006年以降刊行の論文検索を行うことができます。

最終更新時刻: 2019年08月21日

32107件の論文が見つかりました。論文は出版年月日順に表示しています。(ヘルプ)
  • 浅野 稔久, 飯嶋 安男, 伊藤 喜久男, 太刀川恭治. 複合加工Nb3Sn線材におけるTi添加の効果. 日本金属学会誌. 47 (1983) 12
  • 小玉俊明. 油井・地熱環境への実験室的対応. 防食技術. 32 (1983) 470
  • H. Shiraishi, N. Yamamoto, H. Shinno, H. Yoshida, H. Kamitsubo, I. Kohno, T. Shikata. Effect of pre-injection thermo-mechanical treatment on helium embrittlement of Fe-(25–40)Ni-15Cr austenitic alloys. Journal of Nuclear Materials. 118 [2-3] (1983) 179-188 10.1016/0022-3115(83)90223-4
  • T. Fujii, R. Watanabe, Y. Hiraoka, M. Okada. Effects of rolling procedures on the development of annealing textures in molybdenum sheets. Journal of the Less Common Metals. 97 (1984) 163-171
  • 吉原一紘, 新居和嘉, 新居和嘉. ボロンと窒素を添加した18―8ステンレス鋼表面上への窒化ボロンの析出挙動. 日本金属学会誌. 47 (1983) 11
  • 郡宗幸, 伊藤 真二, 佐藤幸一, 大河内春乃. 燃焼―赤外線吸収法によるスラグ中の硫黄の定量. 分析化学. 32 [11] (1983)
  • 新野仁, 白石春樹, 木本 高義, 渡辺亮治. ヘリウムイオン照射による316ステンレス鋼、バナジウム及びモリブデンの表面損傷の線量、照射温度及びイオンエネルギ. Journal of Nuclear Sci.and Technology. 20 (1983) 2
  • 吉原一紘, 新居和嘉, 新居和嘉. 表面偏析の速度論とFe(100)面上のイオウ偏析への適用. Trans. JIM. 24 (1983) 12
  • 梶原節夫, 菊池武丕児, 菊池武丕児. Fe―Ni―C合金のオーステナイト―マルテンサイト相境界の可逆的移動と逆変態したオーステナイト相中の転位構造. Phil. Mag.. 48 (1983)
  • Yutaka Hiraoka, Masatoshi Okada, Tadayuki Fujii, Ryoji Watanabe, 平岡裕, 藤井忠行, 岡田雅年, 渡辺亮治. Bend properties of molybdenum single-crystal sheets produced by the secondary recrystallization method (role of island grains). Journal of the Less Common Metals. 97 (1984) 99-108
  • ▲ページトップへ移動