SAMURAI - NIMS Researchers Database

HOME > プロフィール > 門脇 万里子

[論文] | [書籍] | [会議録] | [口頭発表] | [その他の文献] | [公開特許出願]

論文 TSV

2021
  1. 門脇 万里子, Izumi Muto, Yu Sugawara, Nobuyoshi Hara. 炭素鋼のミクロ組織の電気化学特性解明と組織制御による高耐食化. まてりあ. 60 [12] (2021) 784-792 10.2320/materia.60.784
  2. 門脇 万里子, 武藤 泉, 菅原 優, 原 信義. 炭素鋼のミクロ組織の局部電気化学特性と耐孔食性. 鉄と鋼. 107 [12] (2021) 1085-1094 10.2355/tetsutohagane.tetsu-2021-032 Open Access
  3. Mariko Kadowaki, Arkapol Saengdeejing, Izumi Muto, Ying Chen, Takashi Doi, Kaori Kawano, Yu Sugawara, Nobuyoshi Hara. First-Principles Investigation on Work Function of Martensitic Carbon Steels: Effect of Interstitial Carbon on Anodic Dissolution Resistance. Journal of The Electrochemical Society. 168 [11] (2021) 111503 10.1149/1945-7111/ac3276 Open Access
2019
  1. Mariko Kadowaki, Izumi Muto, Kinari Takahashi, Takashi Doi, Hiroyuki Masuda, Hideki Katayama, Kaori Kawano, Yu Sugawara, Nobuyoshi Hara. Anodic Polarization Characteristics and Electrochemical Properties of Fe3C in Chloride Solutions. Journal of The Electrochemical Society. 166 [12] (2019) C345-C351 10.1149/2.1311912jes Open Access

書籍 TSV

会議録 TSV

口頭発表 TSV

2023
  1. TSUTSUMI, Yusuke, 真中智世, 後藤光宏, KADOWAKI, Mariko, 石本卓也, KATAYAMA, Hideki. Improvement of Corrosion Resistance of Type 420J2 Martensitic Stainless Steel by Laser Thermal Processing. NIMS Award Symposium 2023. 2023
  2. 門脇 万里子. NaCl含有環境でのAl合金/鋼カップルの腐食挙動の解析. 日本金属学会2023年秋期(第173回)講演大会. 2023 招待講演
  3. 門脇 万里子, 片山 英樹, 山本 正弘. 実験と有限要素解析によるNaClバルク溶液での鋼材表面の水素発生挙動の解析. 日本鉄鋼協会2023年秋季(第186回)講演大会. 2023
  4. KADOWAKI, Mariko. Numerical Simulations to Analyze the Corrosion Behavior of Al Alloy/Steel Coupled Structure. Japan-America Frontiers of Engineering Symposium 2023. 2023
  5. 門脇 万里子, 片山 英樹, 山本 正弘. NaCl含有環境でのAl合金/鋼カップルの腐食挙動の解析. 腐食防食学会 材料と環境2023. 2023
  6. 葉山 智絢, 門脇 万里子, 片山 英樹, 渡辺日香里, 四反田功, 板垣昌幸. 鉄鋼材料の腐食挙動に対するリン添加の影響解析. 材料と環境2023. 2023
  7. 門脇 万里子. 金属材料の腐食メカニズムの解明と新規高耐食材料の開発. 第2回 羽ばたく女性研究者賞 (マリア・スクウォドフスカ=キュリー賞)受賞記念講演. 2023 招待講演
  8. 門脇 万里子, 片山 英樹, 山本 正弘. 有限要素法を用いたAl合金/鋼カップルのガルバニック腐食挙動の解析. 日本金属学会 2023年春期講演大会. 2023
2022
  1. KADOWAKI, Mariko, Izumi Muto, Yu Sugawara, Nobuyoshi Hara, Ying Chen, Arkapol Saengdeejing. Microscopic Electrochemical Properties of Carbon Steels and Metallurgical Approach for High Corrosion Resistance. 242nd ECS Meeting. 2022 招待講演
  2. 門脇 万里子, 片山 英樹, 山本 正弘. AA6016合金/鋼突き合せ部の ガルバニック腐食挙動におよぼす 塩化物濃度の影響. 第69回材料と環境討論会. 2022
  3. 葉山 智絢, 門脇 万里子, 片山 英樹, 渡辺日香里, 四反田功, 板垣昌幸. 鉄鋼材料の耐食性に及ぼすPの影響. 第69回材料と環境討論会. 2022
  4. 門脇 万里子. 研究職での仕事内容と理系への進路選択のきっかけ. 理系で広がる私の未来2022動画公開セミナー. 2022
  5. KADOWAKI, Mariko, Arkapol Saengdeejing, Izumi Muto, Ying Chen, Yu Sugawara, Nobuyoshi Hara. First-Principles Investigation on the Beneficial Effect of Interstitial Carbon on Steel Corrosion. ICAS 2022. 2022
  6. KADOWAKI, Mariko, Arkapol Saengdeejing, Izumi Muto, Ying Chen, Yu Sugawara, Nobuyoshi Hara. Roles of Interstitial Elements in Anodic Dissolution Resistance of Martensitic Steels. ICAS 2022. 2022
  7. 門脇 万里子, 片山 英樹. AA6016合金/鋼突き合わせ部のガルバニック腐食挙動におよぼす塩化物濃度の影響. 腐食防食学会2022年春期 材料と環境2022 https://www.jcorr.or.jp/shuppan/taikai.html. 2022
  8. 門脇 万里子, 片山 英樹, 山本 正弘. Al-Mg-Si合金の局部腐食発生挙動のミクロ解析. 日本金属学会 2022年春期(第170回)講演大会. 2022
  9. 門脇 万里子. PCoMS IPD プログラムでの活動と第一原理計算による炭素鋼の腐食機構の解明 . PCoMSシンポジウム & 計算物質科学スーパーコンピューター共用事業報告会2021. 2022
2021
  1. 門脇 万里子, 武藤 泉, 土井 教史, 河野 佳織, 菅原 優, 原 信義. Role of Retained Austenite in Corrosion Resistance of Si-Mn Steel. 240th Electrochemical Society Meeting / https://ecs.confex.com/ecs/240/meetingapp.cgi/Home/0. 2021

その他の文献 TSV

公開特許出願 TSV

    ▲ページトップへ移動