SAMURAI - NIMS Researchers Database

HOME > 研究者を検索 > 分野別にみる

分野別にみる

機構に所属する研究者の発表した論文を、タイトル・抄録・分野などから検索することができます。論文の分野はクラリベイト社のESI分類を参考に分類しています(Materials Science, Physics, Chemistry, Engineering, Biologyなど)。

最終更新日: 2022年08月13日

36702件の論文が見つかりました。論文は出版年月日順に表示しています。(ヘルプ)
  • 須藤恵美子, 須藤恵美子. 鉄鋼のガス分析. 鉄と鋼. [13] (1974) 1805
  • 衣川純一, 福島孟, 福島貞夫. 水中おけるプラズマ溶接(3). 溶接学会誌. 432 (1974) 2
  • K Tanaka, S Matsuoka. The work hardening and fracture of steels containing cementite. Acta Metallurgica. 22 [2] (1974) 153-163 10.1016/0001-6160(74)90005-4
  • 中村恵吉. Proton Magnetic Resonance Line Shapes in the Ti and Zr Hydrides. J. Magnetic Resonance. 14 (1974) 31
  • 池田清一, 伊藤伍郎, 伊藤伍郎. Fe―Al―Cr―Ti合金の耐酸化性と機械的性質におよぼすSi添加の影響. 日本金属学会誌. 38 (1974) 533
  • 河部義邦, MUNEKI, Seiichi, 金尾正雄, 中澤興三. 18Niマルエージ鋼の低温時効組織における遅れ破壊亀裂と破壊靭性値. 鉄と鋼. 60 (1974)
  • 郡司好喜, 檀武弘, 檀武弘. 溶融CaO―SiO2系およびCaO―SiO2―Al2O3系の表面張力. Trans ISIJ. 14 [3] (1974) 162-169
  • 植竹一蔵, 伊藤秀之, 木村勝美. 磁粉探傷における磁粉の付着に対する材料の磁化の影響について. 非破壊検査. 23 [4] (1974) 189-197
  • 中村森彦, 津谷和男, 津谷和男. 切欠を有する鋼材の脆性破壊に及ぼす予荷重の効果. Trans. JIM. 15 [4] (1974)
  • 藤田充苗, 内山郁, 内山郁. Fe―Mn合金の高圧処理によるε相の生成と引張応力下でのその相の安定性. 鉄と鋼. 60 (1974) 525
  • ▲ページトップへ移動