SAMURAI - NIMS Researchers Database

HOME > 研究者を検索 > 分野別にみる

分野別にみる

機構に所属する研究者の発表した論文を、タイトル・抄録・分野などから検索することができます。論文の分野はクラリベイト社のESI分類を参考に分類しています(Materials Science, Physics, Chemistry, Engineering, Biologyなど)。

最終更新日: 2022年08月13日

36702件の論文が見つかりました。論文は出版年月日順に表示しています。(ヘルプ)
  • 八木晃一, 久保清, 田中千秋, 福本保. 低炭素鋼のクリープの形状および寸法効果。. 材料. 22 [234] (1973) 265-271
  • 三井達郎, 中川龍一, 吉松史朗, 上田卓弥, 西本直博, 本多均一. 金材技研式連続製鋼法に於ける酸素・**剤供給に関する報告. 金材技研報告. 16 (1973) 3
  • M. Amano, T. Matsumoto, Y. Sasaki. Internal friction due to domain boundaries in niobium-hydride. Scripta Metallurgica. 7 [4] (1973) 371-375 10.1016/0036-9748(73)90058-6
  • Keikichi Nakamura. The Structure of Ordered β V2D as Determined by Means of the Deuteron Magnetic Resonance. Bulletin of the Chemical Society of Japan. 46 [8] (1973) 2588-2589 10.1246/bcsj.46.2588
  • 河部義邦, 宗木 政一, 金尾正雄. 18Niマルエージ鋼の引張特性におよぼす時効中の組織変化とオーステナイト結晶粒度の影響. 鉄と鋼. 59 (1973)
  • 木村啓造, 美濃部行雄, 上原重昭, 本間一広, 木村 隆. Zr―Cu及びZr・Nb合金―Cu系における拡散形成層の挙動. 日本金属学会誌. 37 [5] (1973)
  • 金沢健二, 吉田進, 吉田進. オーステナイトステンレス鋼SUS304B,SUS316Bの回転曲げ高温疲れ現象. 材料. 22 (1973) 234
  • 稲垣道夫, 西川淳, 頴娃一夫. Development and Its Application of Weld Thermal-Restraint Stress and Strain-Cycles Simulator. Transactions of the J.W.S.. 4 (1973) 1
  • 木村啓造, 上原重昭, 上原重昭. Zr―RuおよびZr―Pd系合金の熱処理材の機械的性質と組織について. 日本金属学会誌. 37 (1973) 2
  • Keikichi Nakamura. Deuteron and Niobium-93 Magnetic Resonance Studies of the Nb-D System. Comments on the Effects of Interstitial Impurities. Bulletin of the Chemical Society of Japan. 46 [7] (1973) 2028-2034 10.1246/bcsj.46.2028
  • ▲ページトップへ移動