SAMURAI - NIMS Researchers Database

HOME > 研究者を検索 > 分野別にみる

分野別にみる

論文の分野はクラリベイト・アナリティクス社のESI分類を参考に分類し(Materials Science, Physics, Chemistry, Engineering, Biology)、ほか発表文献タイトル・抄録などから2006年以降刊行の論文検索を行うことができます。

最終更新時刻: 2021年02月27日

34918件の論文が見つかりました。論文は出版年月日順に表示しています。(ヘルプ)
  • 緒形俊夫, 平賀 啓二郎, 長井 寿, 石川圭介. 液体ヘリウム温度における簡便なシャルピー衝撃試験法. 鉄と鋼. 69 [6] (1983) 641-646
  • 小玉俊明. Potential-pH Diagrams in Sulfide Environments. 防食技術. 31 (1982) 421
  • 田中吉秋, 吉田勇二, ASANO, Toshihisa, 太刀川恭治. Improvements of Superconducting Properties for Composite Processed V3Ga Tapes by Gallium and Magnesium Additions. 日本金属学会誌. 46 (1982) 421
  • 生井亨, 菊地政郎, OHSAWA, Yoshiaki. Thermal deformation characteristies of permanent mold materials with various surface layer conditions. Trans. of the Japan Foundrymen's Socie. 1 (1982) 1
  • 田中吉秋, 吉田勇二, 浅野 稔久, 太刀川恭治. V―GaおよびCu―Ga―Mg合金を用いた複合加工超電導V3Ga線材の作製. 日本金属学会誌. 46 (1982) 431
  • 田中千秋, 大場敏夫, 大場敏夫. 高温ボルト材の所定応力低下後再負荷リラクセーションにおける温度依存性. 材料. 32 (1983) 748
  • 辻本得蔵. The Motive Force of Diffusion and the Free Energy on Phase Separation and Aggregation of Precipitates. Trans.JIM. 23 (1983) 303
  • 塚本 進, 入江宏定, 稲垣道夫, 橋本達哉. 電子ビーム溶接におけるハンピングビード形成現象(第2報). 溶接学会誌. 51 (1982) 10
  • 田中千秋, 大場敏夫, 大場敏夫. 高温ボルト材の所定時間後再負荷リラクセーションにおける温度依存性. 材料. 32 (1983) 741
  • 塚本 進, 入江宏定, 稲垣道夫, 橋本達哉. ハンピングビード形成に及ぼすビーム電流の影響 −電子ビーム溶接におけるハンピングビード形成現象(第2報)−. 溶接学会誌. 51 [10] (1982) 61-67
  • ▲ページトップへ移動