SAMURAI - NIMS Researchers Database

HOME > プロフィール > 田中 秋広

田中 秋広
Address
305-0044 茨城県つくば市並木1-1 [アクセス]

[論文] | [書籍] | [会議録] | [口頭発表] | [その他の文献] | [特許]

論文 TSV

2022
  1. I. V. Solovyev, S. A. Nikolaev, A. V. Ushakov, V. Yu. Irkhin, A. Tanaka, S. V. Streltsov. Microscopic origins and stability of ferromagnetism in Co3Sn2S2. Physical Review B. 105 [1] (2022) 10.1103/physrevb.105.014415
2012
  1. Ken-Ichiro Imura, Yositake Takane, Akihiro Tanaka. Topological insulator “nanotubes”. Journal of Physics: Conference Series. 400 [4] (2012) 042021 10.1088/1742-6596/400/4/042021
  2. 新井 正男, 井上 純一, 鈴浦秀勝, 田中 秋広, 谷口伸彦. 凝縮系物理における場の理論(下)第2版翻訳. 凝縮系物理における場の理論(下)第2版. (2012) 541-1002
  3. 新井 正男, 井上 純一, 鈴浦秀勝, 田中 秋広, 谷口伸彦. 凝縮系物理における場の理論(上)第2版翻訳. 凝縮系物理における場の理論(上)第2版. (2012) 1-524
  4. Jun-ichi Inoue, Akihiro Tanaka. Photoinduced spin Chern number change in a two-dimensional quantum spin Hall insulator with broken spin rotational symmetry. Physical Review B. 85 [12] (2012) 10.1103/physrevb.85.125111
2004
  1. Y. Takano, T. Hatano, S. Kawakami, M. Ohmori, S. Ikeda, M. Nagao, K. Inomata, K.S. Yun, A. Ishii, A. Tanaka, T. Yamashita, M. Tachiki. Probing the order parameter using cross-whisker junction with adjustable Josephson characteristics. Physica C: Superconductivity. 408-410 (2004) 296-299 10.1016/j.physc.2004.02.091

書籍 TSV

2016
  1. Ki-Seok Kim, TANAKA, Akihiro. Emergent Gauge Fields and Their Nonperturbative Effects in Correlated Electrons . The Multifaceted Skyrmion second edition. , 2016, 285-350.

会議録 TSV

2012
  1. Ken-Ichiro Imura, Yositake Takane, Akihiro Tanaka. Topological insulator “nanotubes”. JOURNAL OF PHYSICS:CONFERENCE SERIES. 2012, 042021-1-042021-4
2011
  1. Akihiro Tanaka. Duality among competing orders in antiferromagnets and topological insulators: nonlinear sigma model approach. Open Access Journal of Physics: Conference Series (JPCS). 2011, 012020-1-012020-5
2007
  1. TANAKA, Akihiro, HU, Xiao. Topological terms in effective theories of two dimensional quantum magnets. JOURNAL OF MAGNETISM AND MAGNETIC MATERIALS. 2007, 1266-1268
2004
  1. YASUDA, CHITOSHI, TANAKA, Akihiro, HU, Xiao. Fluctuating Charge Stripes in an Antiferromagnetic Background. Physica C. 2004, 447-448
  2. TAKANO, Yoshihiko, HATANO, Takeshi, KAWAKAMI, SHINICHI, OOMORI, MASASHI, IKEDA, SHOZO, NAGAO, Masanori, INOMATA, Kunihiro, YUN, Kyungsung, ISHII, Akira, TANAKA, Akihiro, YAMASHITA, Tsutomu, TACHIKI, Masashi. Probing the Order Parameter using Cross-Whisker Junction with Adjustable Josephson Characteristics. Physica C. 2004, 296-299
  3. YASUDA, CHITOSHI, TANAKA, Akihiro, HU, Xiao. Quantum Monte Carlo Study of Fluctuating Charge Stripes in High-T Superconductors. JOURNAL OF MAGNETISM AND MAGNETIC MATERIALS. 2004, 193-194

口頭発表 TSV

2021
  1. 田中 秋広, 野々村 禎彦. Twisted bilayer grapheneの有効理論おけるベリー位相項に関する考察. 日本物理学会 2021年秋季大会/https://w4.gakkai-web.net/jps_search/2021au/index.html. 2021
  2. 田中 秋広. 魔法角ねじれ二層グラフェンとトポロジー. ワークショップ「超伝導物質、トポロジカル物質」(SCTM2020). 2021
  3. 田中 秋広, 野々村 禎彦. Analog of Lieb-Schultz-Mattis argument for low dimensional antiferromagnets in the semiclassical sigma model framework. APS March Meeting 2021. 2021
2019
  1. TANAKA, Akihiro. Revisiting the sigma model approach to quantum spin systems -topological terms and LSM. International Conference on Topological Materials Science 2019. 2019
2016
  1. 田中 秋広. Parisi-Wu確率過程量子化とSPT状態. 日本物理学会2016年秋期大会. 2016
  2. 田中 秋広, 高吉慎太郎. 3次元量子スピン系SPT相とO(6)非線形シグマ模型の間の双対性. 日本物理学会2016年秋期大会. 2016
  3. 高吉慎太郎, 田中 秋広. 量子スピン系のSPT相における strange correlator. 日本物理学会2016年秋期大会. 2016
2014
  1. 高吉 慎太郎, 田中 秋広. 磁化プラトー状態における対称性に守られたトポロジカル相. International conference on topological quantum phenomena. 2014
  2. 高吉 慎太郎, 田中 秋広. 磁化プラトーにおける対称性に保護されたトポロジカル相. Novel Quantum States in Condensed Matter 2014 (NQS2014). 2014
  3. 田中 秋広. 反強磁性体における対称性に保護された状態-時間軸状のエッジステートの役割について. New topological phenomenn in condensed matter physics. 2014
  4. 田中 秋広. 対称性に保護されたトポロジカル相-四元数非線形シグマ模型からのアプローチ. 理研セミナー. 2014
  5. 田中 秋広. シンポジウム:対称性に保護されたトポロジカル相とエンタングルメント-はじめに. 日本物理学会2014年秋期大会. 2014
  6. 高吉 慎太郎, 田中 秋広. 場の理論の質量項を用いたHaldane相を保護する対称性の解析. 日本物理学会秋季大会. 2014
  7. 田中 秋広. 四元数非線形シグマ模型のトポロジカル項とSPT相. 日本物理学会2014年秋期大会. 2014
  8. 田中 秋広, 高吉 慎太郎, 菊池徹, 新田宗土. 凝縮系のトポロジカル物質相におけるアクシオンの創発とその物性. 凝縮系及び量子気体系におけるヒッグス・モード. 2014
  9. 高吉 慎太郎, 田中 秋広. 量子スピン系における対称性に守られたトポロジカル相. OIST国際ワークショップ:新奇な量子物質と量子相. 2014
  10. 高吉 慎太郎, 田中 秋広. 対称性で保護されたトポロジカル相の場の理論による解析. 日本物理学会第69回年次大会. 2014
  11. 田中 秋広, 菊池徹, 新田宗土. トポロジカル物質相における渦糸の受けるマグナス力-超流動相との比較. 日本物理学会第61回年次大会. 2014
  12. 田中 秋広, 菊池徹, 新田宗土. トポロジカル物質相における渦糸欠陥の動力学. 2014 March Meeting of the American Physical Society. 2014
  13. 高吉 慎太郎, 田中 秋広. 磁性体における対称性によって保護されたトポロジカル相の場の理論. FIRST International Symposium on Topological Quantum Technology. 2014
2013
  1. 高吉 慎太郎, 田中 秋広. スピン系における対称性で保護された状態への場の理論的アプローチ. 新学術領域研究「対称性の破れた凝縮系におけるトポロジカル量子現象. 2013
  2. 菊池徹, 新田宗土, 田中 秋広. トポロジカルな物質相における渦糸欠陥の運動. 新学術領域「トポロジカル量子現象」第4回領域研究会. 2013
  3. 田中 秋広, 菊池 徹, 井村健一郎. 欠陥が誘起するトポロジカル相-ベリー位相からのアプローチ. 日本物理学会2013年秋季大会. 2013
  4. 田中 秋広. 固体のトポロジカルな性質の光学的な操作. 先端物質科学セミナー. 2013
  5. 菊池 徹, 田中 秋広. トポロジカル絶縁体におけるアクシオン渦の電磁応答. 日本物理学会 春季大会. 2013
  6. 菊池 徹, 田中 秋広. 質量ゼロのアクシオン:Callan-Harvey効果再訪. aps march meeting. 2013
  7. 田中 秋広. Dislocation-induced electronic states in topological insulators and related systems. IES Special Seminars. 2013
  8. 田中 秋広. 固体のトポロジカル物性の光学的な操作. IES Special Seminars. 2013
  9. 田中 秋広. 結晶欠陥に誘起されたトポロジカルに保護された表面電子状態. IES Special Seminars. 2013
2012
  1. 田中 秋広. トポロジカル場の理論による凝縮系の新規量子現象の探索. 新学術領域「トポロジカル量子」公募研究最終年度報告会. 2012
  2. 田中 秋広. 欠陥のあるトポロジカル相と非線形シグマ模型の対応. 日本物理学会2012年秋期大会. 2012
  3. 田中 秋広. トポロジカル絶縁体のトポロジカル場の理論. 第8回集中連携研究会「冷却原子気体とトポロジー」. 2012
  4. 田中 秋広. トポロジカル絶縁体/量子磁性体のaxion string励起. International conference on topological quantum phenomena. 2012
  5. 田中 秋広. トポロジカル絶縁体・量子スピン系におけるaxion string. 日本物理学会第67回年次大会. 2012
  6. 田中 秋広. トポロジカル絶縁体および量子スピン系のアクシオンストリング上束縛状態. March Meeting 2012 of the American Physical Society. 2012
2011
  1. 田中 秋広. トポロジカル絶縁体・量子スピン系におけるアクシオン・ストリング. 新学術領域「トポロジカル量子現象」第二回領域研究会. 2011
  2. 田中 秋広. トポロジカル量子効果による機能デザイン. NIMS-AIST(NRI)計測・計算シミュレーション合同ワークショップ. 2011
  3. 田中 秋広. トポロジカル絶縁体-結晶の時空変形の効果. 日本物理学会2011年秋期大会. 2011
  4. 田中 秋広. トポロジカル絶縁体とリーマン・カルタン時空. 理化学研究所数理物理学研究室 セミナー. 2011
  5. 田中 秋広. Polyakovスピン因子の量子スピン系・トポロジカル絶縁体への応用. 日本物理学会第66回年次大会. 2011
  6. 田中 秋広. トポロジカル絶縁体とディラックフェルミオン:結晶の時空変形の効果. 日本物理学会第66回年次大会. 2011
2010
  1. 田中 秋広. トポロジカル場の理論が予測する新規量子効果. 対称性の破れた凝縮系におけるトポロジカル量子現象. 2010
  2. 田中 秋広. 捩率を含むトポロジカル場の理論とトポロジカル絶縁体. 日本物理学会2010年秋季大会. 2010
  3. 田中 秋広. フラストレート磁性体のトポロジカル応答とゲージ・重力量子異常. 科研費特定領域「フラストレーションが創る新しい物性」平成21年度. 2010
2009
  1. 田中 秋広. グラフェン型絶縁体における量子異常がもたらす新奇物性. RIKEN WS on Emergent Phenomena of Correlated Materials. 2009
  2. 田中 秋広. グラフェン様絶縁体におけるトポロジカルな電荷・スピン・熱応答. 茨城大学物理学科セミナー. 2009
  3. 田中 秋広. グラフェン関連物質における重力量子異常と新規熱輸送現象. ディラック電子系の物性−グラフェンおよび関連物質の最近の研究. 2009
  4. 田中 秋広. グラフェン様絶縁体における重力アノマリー. 日本物理学会2009年秋季大会. 2009
  5. 田中 秋広. 曲がったフラフェン関連物質における交差パリティー異常. 日本物理学界第64回年次大会. 2009
  6. 田中 秋広. グラフェン関連物質におけるカイラル構造と混合パリティー異常. 2009 March Meeting of the American Physical Society. 2009
2005
  1. 田中 秋広, 古月 暁. 固有ジョセフソン接合における量子散逸の理論. 日本物理学会2005年秋季大会. 2005
  2. 田中 秋広. Aspects of Dirac fermions in low dimensional condensed matters. Miniworkshop on topological aspects of condensed matter physics. 2005
  3. 田中 秋広, 古月 暁. New spin Berry phase terms and their influence on quantum criticality in low dimensional magnets. 2005 Taiwan summer symposium on statistical and nonlinear physic. 2005
  4. 猪股 邦宏, 佐藤茂雄, 田中 秋広, 高野 義彦, 王 華兵, 長尾 雅則, 羽多野 毅, 川畑史郎, 中島康治. Bi-2212固有ジョセフソン接合におけるマクロスコピックカンタムトンネリング. 2005年春季第52回応用物理学関係連合講演会. 2005
  5. 猪股 邦宏, S. Sato, K. Nakajima, 田中 秋広, 高野 義彦, 王 華兵, 長尾 雅則, S. Kawabata, 羽多野 毅. Macroscopic quantum tunneling in a d-wave high-Tc superconductor. APS Martch Meeting 2005. 2005
  6. 田中 秋広, 古月 暁. πフラックス状態から生じ得るベリー位相について. Annual Meeting of the American Physical Society. 2005
  7. 田中 秋広. 固有ジョセフソン接合の電気伝導特性におけるd波ペアリング対称性と結晶対称性の競合-キュービット応用に向けた理論研究. CTCプログラム「超伝導ナノサイエンスと応用」研究会. 2005
2004
  1. 田中 秋広, 古月 暁. πフラックス状態近傍におけるベリー位相. 日本物理学会 2004年秋季大会. 2004
  2. 猪股 邦宏, 佐藤茂雄, 高野 義彦, 長尾 雅則, 中島康治, 王 華兵, 羽多野 毅, 田中 秋広, 山下努. 固有ジョセフソン接合におけるスイッチング電流分布の温度依存性. 2004年秋季応用物理学関係連合講演会. 2004
  3. 田中 秋広, 古月 暁. 格子上の電子系における量子位相とトポロジカル励起. International Conference on Statistical Physics of Quantum Syste. 2004
  4. 田中 秋広, 古月 暁. 三角格子電子系におけるスピン三重項超伝導. Annual APS March Meeting 2004. 2004
  5. 田中 秋広, 古月 暁. 四角および三角格子上電子系における電子状態と空間パターン. 科研費特定領域「遷移金属酸化物における新しい量子現象」成果報告会. 2004

その他の文献 TSV

2017
  1. 田中 秋広. 物性論と場の理論-34年後のHaldane予想. 数理科学 (サイエンス社). 55 [11] (2017) 26-33
2010
  1. 新井 正男, 井上 純一, 鈴浦秀勝, 田中 秋広, 谷口伸彦. 凝縮系物理における場の理論(下). 吉岡書店. (2010) 551-825
  2. 新井 正男, 井上 純一, 鈴浦秀勝, 田中 秋広, 谷口伸彦. 凝縮系物理における場の理論 (中). 凝縮系物理における場の理論(中) 吉岡書店. (2010) 261-548
2009
  1. 新井 正男, 井上 純一, 鈴浦秀勝, 田中 秋広, 谷口伸彦. 凝縮系物理における場の理論(上). 吉岡書店. (2009) 1-260

特許 TSV

登録特許
  1. 特許第5233039号 銅酸化物高温超伝導体固有ジョセフソン接合を用いた量子ビット (2013)
公開特許出願
    外国特許

      ▲ページトップへ移動