SAMURAI - NIMS Researchers Database

NIMS一般公開2024

HOME > プロフィール > 海老名 保男

研究内容

Keywords

ナノシート、層状物質、単層剥離

出版物2004年以降のNIMS所属における研究成果や出版物を表示しています。

書籍

所属学会

日本化学会, 触媒学会

ナノアーキテクトニクス材料研究センター
タイトル

新規ナノシートの合成と高機能化

キーワード

ナノシート,層状物質,単層剥離

概要

ナノレベルでの機能性材料の構築が開発されている現在、その構築ブロックとして厚さが1ナノメートル前後、横サイズがサブマイクロメートル程度かそれ以上のシート状物質(ナノシート)を利用することが一つの有望な手法であると考えらる。ナノシートの合成手法として層状物質の単層剥離が有効であり,目的の機能に応じた特性に向けて構造・組成をデザインした層状物質を設計・合成をしている。そして得られた層状物質からナノシートを合成し,配列・集積・複合化を行うことにより特性の高機能化を目指している。

新規性・独創性

新規構造の層状物質の合成
新規・高機能化を目指した層状物質の合成
新規ナノシートの合成
ナノシートの配列・集積・複合化による高機能化

内容

image

層状化合物を単層まで剥離することにより厚さ1ナノメートル程度,横サイズが1マイクロメートル程度のシート状物質,ナノシートを合成できる。出発物質として電気,磁気,触媒等の特性を持たせた層状化合物を出発物質としてナノシートの合成を行えば,様々な特性を持つナノシートを得ることができ,それを種々の異なる特性を持つナノシートを用いて成膜等を行えば単一のナノシートのみで得られなかった特性の付与が期待できる。

まとめ

磁性材料・誘電材料・光触媒材料等、組成・ナノシート厚による特性の制御
ナノシートの機能の解明
実用化デバイスへ向けたナノシートの集積法の開発

この機能は所内限定です。
この機能は所内限定です。

▲ページトップへ移動