SAMURAI - NIMS Researchers Database

HOME > 口頭発表 > 書誌詳細

量子ドット2励起子カスケードにおける光子相関の飽和効果
(Bunching visibilty for correlated two photons from single quantum dot)

2009年春季第56回応用物理学関係連合講演会. 2009年03月30日-2009年04月02日.

NIMS著者


Materials Data Repository (MDR)上の本文・データセット


    作成時刻: 2017-02-14 11:06:27 +0900更新時刻: 2017-07-10 20:27:21 +0900

    ▲ページトップへ移動