SAMURAI - NIMS Researchers Database

HOME > 口頭発表 > 書誌詳細

ナノインデンテーション法を用いたMAX相Ti2AlCにおける塑性変形開始挙動の方位依存性

和田 悠佑, 関戸 信彰, 中村純也, 大村 孝仁, 吉見享祐.
日本金属学会2017春期講演大会. 2017年03月15日-2017年03月17日.

NIMS著者


Materials Data Repository (MDR)上の本文・データセット


    作成時刻: 2017-06-27 22:19:55 +0900更新時刻: 2018-06-05 14:09:55 +0900

    ▲ページトップへ移動