SAMURAI - NIMS Researchers Database

HOME > 口頭発表 > 詳細

口頭発表の表示

著者名渡辺 健太郎, フォルク ヤノシュ, オウ セウンジン, 長田 貴弘, 若山 裕, 関口 隆史.
タイトルナノプローブCL法によるZnOナノロッドの曲げ変形とバンドギャップの歪シフトのその場評価
(In-situ characterization of ZnO nano-rod bending deformation and strain-induced bandgap shift using nano-probe cathodoluminescence technique)
会議名2014年春季<第61回>応用物理学会
発表年2014
言語Japanese
外部での文献参照

▲ページトップへ移動