SAMURAI - NIMS Researchers Database

HOME > 口頭発表 > 詳細

強強磁場中スリップキャストを用いて作製した配向ポーラスTi3SiC2焼結体における キンク変形帯のSEM-EBSDによる結晶方位解析磁場中スリップキャストを用いて作製した配向ポーラスTi3SiC2焼結体における キンク変形帯のSEM-EBSDによる結晶方位解析
(SEM-EBSD observation of deformed kink bands in the textured porous Ti¬3SiC2 sintered body fabricated by slip casting under high magnetic field)

著者橋本菜々, 池田賢一, 三浦誠司, 森田 孝治, 鈴木 達, 目 義雄.
会議名公益社団法人日本顕微鏡学会第63回シンポジウム
発表年2020
言語Japanese

▲ページトップへ移動