SAMURAI - NIMS Researchers Database

HOME > 研究者を検索 > 論文・分野から探す

論文・分野から探す

機構に所属する研究者の発表した論文を、タイトル・抄録・分野などから検索することができます。論文の分野はクラリベイト社のESI分類を参考に分類しています(Materials Science, Physics, Chemistry, Engineering, Biologyなど)。

最終更新日: 2024年06月12日

45964件の論文が見つかりました。論文は出版年月日順に表示しています。(ヘルプ)
  • SAITO Tetsuya, UCHIYA Iku. 焼入れ状態のNi―Cr―Mo鋼の靭性について. 鉄と鋼. 61 [8] (1975) 2038-2050 10.2355/tetsutohagane1955.61.8_2038
  • 佐々木靖男, 松本武彦, 日原政彦, 吉岡孝之, Y. Sasaki, T. Matsumoto, M. Hihara, T. Yoshioka. Effect of Strain Rate on Ductile-Brittle-Ductile Transition in Nb-0.5at%H Alloy. Transactions of the Japan Institute of Metals. 16 [5] (1975) 307-308 10.2320/matertrans1960.16.307
  • 池田雄二, 新居和嘉, 新居和嘉, 池田雄二, 新居和嘉, 新居和嘉. Thermodynamic Stability of Oxides Formed on Fe-Cr and Fe-Ni-Cr Alloys in H2-H2O Mixture at 900瀉. Trans. JIM. 16 (1975) 7
  • 大森梧郎, 松尾茂, 松尾茂, 大森梧郎, 松尾茂, 松尾茂. Mg―1.3wt%Ce合金の析出過程におよぼす冷間加工の影響. 日本金属学会誌. 39 (1975)
  • 大森梧郎, 松尾茂, 麻田宏, 大森梧郎, 松尾茂, 麻田宏. . Trans.JIM. 16 (1975)
  • 深町正利, 菊池武丕児, 菊池武丕児, 深町正利, 菊池武丕児, 菊池武丕児. Application of the Critical Voltage Effect to the Measurement of Temperature Increase of Metal Foils during the. JJAP. 14 (1975) 4
  • 福田芳雄, 福田芳雄. アルミニウム陽極酸化皮膜の生成と溶解におよぼす電解液のpHとシュウ酸濃度の効果. 日本化学会誌. [8] (1975) 1299-1304
  • 大森梧郎, 大森梧郎. 多結晶マグネシウムの再結晶におよぼすセリウム添加の影響. 日本金属学会誌. 39 (1975)
  • 辻本得蔵, 辻本得蔵. Cu―4%Ti合金の時効過程のX線的研究. 日本金属学会誌. 39 (1975) 285
  • 藤井哲雄, 藤井哲雄. 高温塩化物水溶液中におけるステンレス鋼の孔食と孔食電位の温度依存性. 防食技術. 25 (1975)
  • ▲ページトップへ移動