SAMURAI - NIMS Researchers Database

NIMS一般公開2024

HOME > プロフィール > 吉川 千晶

研究内容

Keywords

リビングラジカル重合、高分子界面、生体適合性

出版物2004年以降のNIMS所属における研究成果や出版物を表示しています。

論文
書籍
会議録
口頭発表
その他の文献

所属学会

高分子学会, 繊維学会

高分子・バイオ材料研究センター
タイトル

精密重合法を用いた機能性高分子バイオ材料の創出

キーワード

精密重合法,表面・界面,機能性高分子,バイオインターフェース

概要

機能性高分子材料の世界市場は成長しつづけており、2030年には約14兆円に達すると予測されている。特に、生体適合性材料や再生医療用材料などのバイオ機能材料は最も高い成長率を示しており、医療分野における機能性高分子材料の需要は今後も拡大していくと考えられる。この点に鑑みて、精密重合法を駆使した高分子材料設計により、新しい構造・物性・機能をもつ高分子バイオ材料の創出に取り組んでいる。特に、濃厚ポリマーブラシと呼ばれる特殊な高伸張・高配向組織を用いた表面・界面制御による材料開発を行っている。      

新規性・独創性

濃厚ポリマーブラシの構造・機能に基づく優れた生体適合性
構造制御によるボトルブラシポリマーの機能発現
塗るだけで材料表面に生体適合性が付与できるコーティング剤
ナノ材料を活用した三次元培養法
多孔質材料を活用した分離材料・細胞培養基材の開発

内容

image

【基盤技術】精密重合法を用いた高分子の一次構造の制御、【基礎研究】高次構造と物性・機能の相関解析と体系化、【応用研究】材料設計に基づく構造制御と機能発現、による高分子・バイオ材料の創出を行っている。現在、生体適合性コーティング、船舶塗料、細胞培養基材、診断材料などの応用研究に注力している。

まとめ

精密重合法を駆使し、様々な機能性高分子・バイオ材料を開発している。例えば、濃厚ポリマーブラシはその特異な構造・物性を反映して優れた生体適合性を発現するが、その発現機構に基づいた材料設計を行い、塗るだけで濃厚ポリマーブラシを様々なデバイス表面に付与できるボトルブラシポリマーを開発した。このコーティング剤は医療デバイス、船舶塗料など様々な分野への展開が期待できる。

この機能は所内限定です。
この機能は所内限定です。

▲ページトップへ移動