SAMURAI - NIMS Researchers Database

HOME > プロフィール > 高井 淳朗

研究内容

Keywords

Organic Materials, pi-Conjugated Compound, Electron Transfer, Supramolecule, Electronic State

Development of Actuating pi-Conjugated Compounds

出版物2004年以降のNIMS所属における研究成果や出版物を表示しています。

所属学会

日本化学会, 高分子学会, 基礎有機化学会

高分子・バイオ材料研究センター
タイトル

π電子系分子集積体の新奇機能開拓

キーワード

π電子系材料,光・電子機能,クリック反応,超分子集積体,非平衡系

概要

π共役分子を基盤とするπ電子系材料は、有機エレクトロニクス産業や紫外〜赤外光を利用した光技術を支える基幹材料の一つである。π共役分子はその配向や集積構造によって、異なる電子的および光学的特性を発現し得る。そのためπ電子系材料の開発においては、π共役分子自体の機能拡張も然ることながら、緻密な分子配向制御に基づく分子集積体の機能開拓も重要である。しかし、π共役分子の機能拡張や集積化に要する合成手法の煩雑さがπ電子系材料開発のボトルネックの一つとなっている。当研究者は、アトムエコノミカルな化学反応を基軸とする独自の有機合成技術と分子設計を強みとして、π電子系材料の簡便な創成法の開発と新奇機能の開拓に従事している。

新規性・独創性

新奇π電子系材料の設計と合成
電子受容性π共役分子とアミンとの無触媒クリック反応
光・電子・力学応答の時間発展性を伴う非平衡系を活用した材料開発

内容

image

一例として、電子受容性π共役分子と汎用な官能基であるアミンの無触媒クリック反応を見出した。現在、このクリック反応の適用範囲の拡張や反応機構の解明、ポリマーや薄膜材料・有機電子デバイス・時間発展する超分子材料への展開などを行っている。

まとめ

構造有機化学・超分子化学・材料化学のバックグラウンドを基盤として、独自の技術・知見を元に新奇な光・電子機能性π電子系材料の開拓を行っている。これらのπ電子系材料に基づく化学センサーやエネルギー変換デバイスの開発や、光・電子・力学応答の時間発展性を伴う非平衡系を活用した材料開発が期待される。

この機能は所内限定です。
この機能は所内限定です。

▲ページトップへ移動