SAMURAI - NIMS Researchers Database

NIMS一般公開2024

HOME > プロフィール > 島村 清史

研究内容

Keywords

結晶成長、結晶材料科学、光応用

出版物2004年以降のNIMS所属における研究成果や出版物を表示しています。

書籍
会議録

所属学会

日本結晶成長学会, 応用物理学会, 日本材料科学会, American Ceramic Society, 日本電子材料技術協会

電子・光機能材料研究センター
タイトル

新しい機能性単結晶材料の開発

キーワード

単結晶,結晶成長,光学応用,圧電体,半導体

概要

新しい単結晶材料の設計とバルク単結晶化、それらの評価とデバイス化に関する研究を進めています。レーザー・非線形光学結晶、磁気光学結晶、シンチレーター結晶など光学関連単結晶を中心に、ワイドバンドギャップ半導体や圧電・強誘電体単結晶など、バルク単結晶に関する次世代を担う応用分野全般を対象としています。酸化物からハライド、窒化物まで、様々な材料系にも挑戦し、それぞれに適した結晶成長技術開発も行っています。大学・研究機関、企業との連携を進めると同時に積極的な国際交流を推し進め、常に新しい観点からの、基礎から実用化まで幅のある研究を目指しています。

新規性・独創性

超高融点を持つ材料のバルク単結晶育成
フッ化物を中心とするハライドのバルク単結晶育成
従来の特性を超える機能性単結晶材料の設計
光から圧電、半導体まで、幅広く検討

内容

imageimageimageimage

従来圧電体と異なり高温で圧電動作し、単結晶育成が困難とされるCTAS単結晶を得た。高温での圧電動作に有利な、400℃で1011Ω・cmという、LTGAと比較しても高い抵抗率を示す。可視~赤外までの幅広い波長域で高出力全固体レーザー用として有用な単結晶を育成。レーザー加工機やEye-Safeレーザーなど、各種の展開が期待される。

まとめ

従来を上回る特性を示し、かつ大型結晶育成が可能な材料を考案し、そのバルク単結晶育成と特性の実証を進めている。こうした基礎研究の継続とデバイス製作、試験を平行して行っていきたい。

この機能は所内限定です。
この機能は所内限定です。

▲ページトップへ移動