SAMURAI - NIMS Researchers Database

HOME > プロフィール > 内橋 隆

  • プロフィール
  • 研究概要
  • 人のつながり
  • タグクラウド

外部併任先

  • 横浜市立大学大学院生命ナノシステム科学研究科 客員教授

研究内容

Keywords

ナノテクノロジー、表面科学、超伝導

物質の表面界面では、バルクとは異なる原子構造や電子状態をとるなど、様々な興味深い現象が現れます。また、表面界面では結晶内部と違って空間反転対称性が破れており、物質が内部にもつトポロジーが不連続に変化できるため、応用上重要なラシュバ効果やトポロジカル表面状態が発現する場所でもあります。私たちは、量子力学的性質が顕著に現れた「量子相物質」を表面界面において原子レベルから設計・創製して、その重要な物性と機能性を解明していくことを目標にしています。現在のところ、原子レベル厚さの領域の固体表面界面で現れる超伝導を中心に研究しています。また、超清浄・極低温環境における電気伝導測定技術などを独自に開発しています。

researchPicture

(左)シリコン表面上に成長したインジウム原子層の走査トンネル顕微鏡像。(右)超伝導転移を直接的に示す、インジウム原子層の電気抵抗の温度依存性。

出版物2004年以降のNIMS所属における研究成果や出版物を表示しています。

研究論文
書籍
会議録

所属学会

日本物理学会, 日本表面科学会

受賞履歴

  • 物質・材料研究機構 理事長賞研究奨励賞 (2014)
  • Nature Nanotechnology Poster Prize, E-MRS 2014 Spring Meeting (2014)
  • 日本表面科学会会誌賞 (2016)
PrintImage
第二期開発予定
第二期開発予定

▲ページトップへ移動