SAMURAI - NIMS Researchers Database

HOME > 論文 > 詳細

特異な構造に起因する Fe<sub>2</sub>Al<sub>5</sub> と Fe<sub>4</sub>Al<sub>13</sub> の低格子熱伝導率と熱電材料としての可能性
(Effect of Anomalous Crystal Structure of Iron Aluminides Fe<sub>2</sub>Al<sub>5</sub> and Fe<sub>4</sub>Al<sub>13</sub>: Low Lattice Thermal Conductivity and Potentiality as Thermoelectric Materials)

著者飛田 一樹, 佐藤 直大, 北原 功一, 高際 良樹, 木村 薫.
掲載誌名日本金属学会誌 79 [12] 672-676
ISSN: 18806880, 00214876
ESIでのカテゴリ: MATERIALS SCIENCE
出版社公益社団法人 日本金属学会
発表年2015
言語Japanese
DOIhttps://doi.org/10.2320/jinstmet.jaw201504
この文献をMendeleyにインポートMendeley

▲ページトップへ移動