SAMURAI - NIMS Researchers Database

HOME > 論文 > 書誌詳細

MAX相Ti2AlCにおける塑性変形開始挙動の圧入方位依存性
(Effect of Indentation Orientation on the Onset of Plastic Deformation for a MAX Phase Ti2AlC)

和田 悠佑, 関戸 信彰, 大村 孝仁, 吉見 享祐.
日本金属学会誌 82 [5] 162-168. 2018.
Open Access 公益社団法人 日本金属学会 (Publisher)

NIMS著者


Materials Data Repository (MDR)上の本文・データセット


    作成時刻: 2019-03-01 11:48:30 +0900更新時刻: 2024-07-06 04:23:41 +0900

    ▲ページトップへ移動