SAMURAI - NIMS Researchers Database

HOME > 口頭発表 > 書誌詳細

理論計算を活用したイオン伝導体酸化ビスマスの安定化元素の効率的探索
(Materials Design of Oxide-ion Conductor Er-Stabilized Bi2O3 by Selective Doping for Improved Long-Term Stability at Moderate Temperatures)

設樂 一希, Takafumi Moriasa, Akifumi Sumitani, 世古 敦人, 林 博之, 小山 幸典, Rong Huang, Donglin Han, 森分 博紀, 田中 功.
第27回日本MRS年次大会. 2017年12月05日-2017年12月07日.

NIMS著者


Materials Data Repository (MDR)上の本文・データセット


    作成時刻: 2017-10-31 22:15:21 +0900更新時刻: 2018-06-05 14:14:23 +0900

    ▲ページトップへ移動