SAMURAI - NIMS Researchers Database

HOME > プロフィール > 天神林 瑞樹

  • プロフィール
  • タグクラウド
  • 人のつながり

研究内容

Keywords

Fluid interface; Wetting; Superhydrophobic surface; Liquid infused surface; Jamming; Soft Matter Physics

我々は流体界面現象を紐解くことで、材料の表界面を機能化する研究を行っています。特に表面のナノ構造および化学特性を調整するによって固液界面の”濡れ性”を制御し、超撥水材料などを設計し、環境・エネルギー・医療分野に貢献する機能性材料の開発を担っています。 これまでの研究では、汚れのつかない反射防止被膜(太陽電池の発電効率の維持や内視鏡レンズの視界維持に利用)、リチウムイオン電池の電極と電解液の濡れ性を制御(高効率な負極ナノ構造体を開発)。長期間塩水に浸漬してもさびない金属用コーティングや、医療用光学センサ(選択的イオン浸透型応答表面)など、バルク特性を表面機能によって高度化する技術を開発してきました。 また、環境問題の解決に強い関心があり、例えば選択的に油を吸い、水をはじく多孔体を構築しました。海上への油の流出事故において油の回収と精製技術に利用できます。 これらの研究はすべて固液界面のダイナミクスの理解に基づく材料設計によって開発されてきました。さらにこのような動的な界面はソフトインターフェイスとして近年注目を集める新しい研究分野です。 界面現象の理解とそれに基づく新規材料の設計を通じて、新たな価値の創造とSDGs、Society 5.0に貢献できる実用技術の開発を目指しております。

researchPicture

受け入れ先を検討している方へ:
最先端の表面・界面材料の創製を通じて、以下の3点を学ぶことができます。
1.世の中のニーズを的確に捉え、必要な課題を洗い出す情報収集能力。
2.材料開発過程において養われる問題解決能力。
3.最先端の研究による世界に通用する専門知識とその研究成果。

世の中にある材料における課題の多くは、界面現象が密接に関わっています。我々は物事の根幹にある界面現象をマクロな視点(流体力学)からミクロな視点(熱力学)まで解析し、課題解決のための材料開発を行います。最終的には実用化を目指すために材料の適合性や作製プロセスまでこだわり,工業分野から医療・環境エネルギー分野に役立つ機能性表面材料を創出してきました。

所属学会

日本化学会, コロイドおよび界面化学部会, 高分子学会

受賞履歴

  • Best Poster Awards in Okinawa Colloids 2019 (2019)
  • JSPS Excellent Young Researcher Candidate (2019)
  • Keio University Excellent Research Award (2018)
  • JSPS Research Fellow PD (2017)
  • Keio University Award for Material Design Science Course (2016)
  • JSPS Research Fellow DC1 (2016)
  • Fujiwara Award (Scholarship) (2015)
  • Keio University the 15'th Applied Physics and Physico-Informatics chief award (2014)

外部資金獲得履歴

  • 卓越研究員事業 (2019)
  • 科研費若手 (2018)
  • 科研費特別研究員奨励費 (2016)
  • 慶應義塾先端科学技術研究センター助成金 (2015)
第二期開発予定
第二期開発予定

▲ページトップへ移動