SAMURAI - NIMS Researchers Database

HOME > Profile > NAKAMURA, Masaki

Research

PublicationsNIMS affiliated publications since 2004.

Research papers
Books
Proceedings
    Presentations
    Misc

      Society memberships

      日本セラミックス協会, 日本結晶学会, 日本アイソトープ協会

      Research Center for Electronic and Optical Materials
      Title

      古典的急冷法による合成と相平衡図作成と新物質探索

      Keywords

      相平衡,状態図,急冷法,新物質,探索

      Overview

      新機能、より優れた機能をもつ物質が、社会から求められている。既存の物質を組み合わせるだけでなく、元素置換、より高温等での物質探索を行うことで新物質の探索を行ってきた。

      Novelty and originality

      酸化インジウムー酸化ガリウムー酸化亜鉛三成分系の1350度における相図の作成 他2点
      層化合物における特異なインジウム元素の配列

      Details

      imageimageimage

      伝統的なセラミックス粉末を高温から急冷することにより安定した相を探索し、相状態図の作成を試みてきた。三成分系の相状態図により今後の新機能を持つ化合物の探索の道標となると期待される。

      Summary

      これまで透明電極に使われてきたITOインジウムスズなどと並ぶ透明電極材料として期待される。

      この機能は所内限定です。
      この機能は所内限定です。

      ▲ Go to the top of this page