SAMURAI - NIMS Researchers Database

HOME > プロフィール > 安藤 寿浩

安藤 寿浩
Address
305-0044 茨城県つくば市並木1-1 [アクセス]
  • 論文・発表

[研究論文] |[書籍] |[会議録] |[口頭発表] |[特許]

研究論文 TSV

2016
  1. Koki Baba, Mikka Nishitani-Gamo, Toshihiro Ando, Mika Eguchi. Durable Marimo-like carbon support for Platinum nanoparticle catalyst in polymer electrolyte fuel cell. Electrochimica Acta. 213 (2016) 447-451 10.1016/j.electacta.2016.07.022
  2. HASHIZUME, Hideo, Akihor Uehara, Satoru Fukutani, FUJII, Kazuko, ANDO, Toshihiro. Possible removal of tritium by reaction of Magnesia and water with Tritium. 京都大学原子炉実験所年報. (2016) 27053-27053
  3. Kazuko Fujii, Shigenobu Hayashi, Hideo Hashizume, Shuichi Shimomura, Keiko Jimura, Taketoshi Fujita, Nobuo Iyi, Akihiko Yamagishi, Hisako Sato, Toshihiro Ando. Structural changes of layered alkylsiloxanes during the reversible melting–solidification process. Physical Chemistry Chemical Physics. 18 [28] (2016) 19146-19157 10.1039/c6cp02363k
2014
  1. K. Iwasawa, M. Eguchi, K. Miyoshi, S. Ueda, M. N-Gamo, T. Ando. Preparation of TiO2/Marimo carbon composite. Transactions of the Materials Research Society of Japan. 38 [4] (2014) 573-577 10.14723/tmrsj.38.573
  2. Mika Eguchi, Kazuhisa Satou, Kenta Iwasawa, Mikka Nishitani-Gamo, Toshihiro Ando. Preparation of the Pt-Co bimetallic catalyst on Marimo carbon for PEFC. Transactions of the Materials Research Society of Japan. 38 [4] (2014) 549-553 10.14723/tmrsj.38.549
  3. M. Eguchi, K. Baba, K. Iwasawa, M. Nishitani-Gamo, T. Ando. The Marimo carbon as a polymer electrolyte fuel cell catalyst support. Transactions of the Materials Research Society of Japan. 38 [3] (2014) 349-352 10.14723/tmrsj.38.349
2013
  1. Koki Baba, Kenta Iwasawa, Mika Eguchi, Yoshio Kobayashi, Maya Kobori, Mikka Nishitani-Gamo, Toshihiro Ando. Interfacial Nanostructure of the Polymer Electrolyte Fuel Cell Catalyst Layer Constructed with Different Ionomer Contents. Japanese Journal of Applied Physics. 52 [6S] (2013) 06GD06 10.7567/jjap.52.06gd06
2012
  1. Takayuki Doi, Akihito Fukuda, Yasutoshi Iriyama, Takeshi Abe, Zempachi Ogumi, Kiyoharu Nakagawa, Toshihiro Ando. Low-temperature synthesis of graphitized nanofibers by a spray pyrolysis method and their electrochemical properties. TANSO. 2006 [225] (2012) 329-332 10.7209/tanso.2006.329
2010
  1. Mika Eguchi, Atsuhiko Okubo, Shun Yamamoto, Mayuko Kikuchi, Katsuhiro Uno, Yoshio Kobayashi, Mikka Nishitani-Gamo, Toshihiro Ando. Preparation of catalyst for a polymer electrolyte fuel cell using a novel spherical carbon support. Journal of Power Sources. 195 [18] (2010) 5862-5867 10.1016/j.jpowsour.2010.01.008
2009
  1. Kazuko Fujii, Nobuo Iyi, Hideo Hashizume, Shuichi Shimomura, Toshihiro Ando. Preparation of Integrated Coumarin/Cyanine Systems within an Interlayer of Phyllosilicate and Fluorescence Resonance Energy Transfer. Chemistry of Materials. 21 [7] (2009) 1179-1181 10.1021/cm803315h
  2. Kiyoharu Nakagawa, Hirokazu Oda, Akira Yamashita, Masahiro Okamoto, Yoichi Sato, Hidenori Gamo, Mikka Nishitani-Gamo, Kazuyuki Ogawa, Toshihiro Ando. A novel spherical carbon. Journal of Materials Science. 44 [1] (2009) 221-226 10.1007/s10853-008-3081-4
2008
  1. Kiyoharu Nakagawa, Mayuko Kikuchi, Mikka Nishitani-Gamo, Hirokazu Oda, Hidenori Gamo, Kazuyuki Ogawa, Toshihiro Ando. CO2Reforming of CH4over Co/Oxidized Diamond Catalyst. Energy & Fuels. 22 [6] (2008) 3566-3570 10.1021/ef800265x
  2. Hidenori Gamo, Mayuko Kikuchi, Takeshi Shibasaki, Toshihiro Ando, Hajime Tomokage, Mikka Nishitani-Gamo. Field Emission Current Uniformity and Stability of Well-Aligned Carbon Nanotubes Synthesized in Methanol. Japanese Journal of Applied Physics. 47 [8] (2008) 6606-6609 10.1143/jjap.47.6606
  3. Hideo Kiyota, Hidenori Gamo, Mikka Nishitani-Gamo, Toshihiro Ando. Composition and Bonding Properties of Carbon Nitride Films Grown by Electrochemical Deposition Using Acrylonitrile Liquid. Japanese Journal of Applied Physics. 47 [2] (2008) 1050-1055 10.1143/jjap.47.1050
  4. 蒲生美香, 中川清晴, 安藤 寿浩. 原子レベルで制御された高純度ダイヤモンドのメタンからの合成. メタン高度化学変換技術集成. (2008) 234-251
  5. 中川清晴, 蒲生美香, 安藤 寿浩. ダイヤモンド触媒担体を用いたナノカーボン材料の合成. メタン高度化学変換技術集成. (2008) 252-263
2007
  1. Jianbo Jia, Dai Kato, Ryoji Kurita, Yukari Sato, Kenichi Maruyama, Koji Suzuki, Shigeru Hirono, Toshihiro Ando, Osamu Niwa. Structure and Electrochemical Properties of Carbon Films Prepared by a Electron Cyclotron Resonance Sputtering Method. Analytical Chemistry. 79 [1] (2007) 98-105 10.1021/ac0610558
2006
  1. Yoichi Sato, Takayuki Minami, Yoshinori Chiku, Yosuke Takasawa, Mikka Nishitani-Gamo, Hirokazu Oda, Kazuyuki Ogawa, Kiyoharu Nakagawa, Toshihiro Ando. A Novel Nano-Carbon Rapid Growth Method in Liquid Alcohol Using Radiofrequency Induction Heating. Crystal Growth & Design. 6 [12] (2006) 2627-2629 10.1021/cg060207p
  2. T Mitsui, M Nishitani-Gamo, Y F Zhang, K Nakagawa, M Takeguchi, K Furuya, T Ando, G Kido, M Aono. An artificial carbon nano-thorn synthesized by a plasma chemical vapour deposition. Journal of Physics D: Applied Physics. 39 [15] (2006) 3337-3341 10.1088/0022-3727/39/15/017
2004
  1. T Shimamura. Direct formation of formaldehyde from methane and carbon dioxide over vanadium oxide catalysts. Journal of Molecular Catalysis A: Chemical. 211 [1-2] (2004) 97-102 10.1016/j.molcata.2003.09.026
  2. 中川 清晴, 蒲生 美香, 小川 一行, 安藤 寿浩. 固液界面接触蒸着法による有機液体中での炭素ナノ材料合成. まてりあ. 43 [3] (2004) 218-224
  3. Y Iseri, M Honda, Y-D Kim, T Ando, W Choi, H Tomokage. Surface resistance and field emission current measurements on chemically vapour deposited polycrystalline diamond measured by scanning probe methods. Journal of Physics: Condensed Matter. 16 [2] (2004) S171-S179 10.1088/0953-8984/16/2/020
  4. D Kawasaki, D Tsuchimura, W Choi, Y Iseri, T Ando, H Tomokage. Scanning probe field emission current measurements on diamond-like carbon films treated by reactive ion etching. Journal of Physics: Condensed Matter. 16 [2] (2004) S301-S308 10.1088/0953-8984/16/2/036

書籍 TSV

会議録 TSV

2016
  1. Koki Baba, Mikka Nishitani-Gamo, Toshihiro Ando, Mika Eguchi. Durable Marimo-like carbon support for Platinum nanoparticle catalyst in polymer electrolyte fuel cell. ELECTROCHIMICA ACTA 2016, 447-451
2010
  1. Mika Eguchi, Atsuhiko Okubo, Shun Yamamoto, Mayuko Kikuchi, Katsuhiro Uno, Yoshio Kobayashi, Mikka Nishitani-Gamo, Toshihiro Ando. Preparation of catalyst for a polymer electrolyte fuel cell using a novel spherical carbon support. JOURNAL OF POWER SOURCES 2010, 5862-5867
2007
  1. GAMO, Hidenori, IWASAKI, Koji, NAKAGAWA, Kiyoharu, ANDO, Toshihiro, GAMO, Mika. Surface conductivity change by oxidation of the homoepitaxially grown diamond (100) surface . Journal of Physics: Conference Series 2007, 332-335
  2. Mikka Gamo, Takeshi Shibasaki, Hidenori Gamo, Kiyoharu Nakagawa, ANDO, Toshihiro. Liquid-phase deposition of aligned carbon nanotubes using cobalt catalyst. JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS 2007, 6329-6334
  3. Hidenori Gamo, Takeshi Shibasaki, Kiyoharu Nakagawa, ANDO, Toshihiro, Mikka Gamo. Field emission characteristics of well-aligned carbon nanotubes synthesized in organic liquids. JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS 2007, 6339-6342
  4. Hidenori Gamo, Kentaro Shimada, Mikka Gamo, ANDO, Toshihiro. Ultrafine patterning of nanocrystalline diamond films grown by microwave plasma-assisted chemical vapor deposition. JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS 2007, 6267-6271
  5. GAMO, Hidenori, GAMO, Mika, NAKAGAWA, Kiyoharu, ANDO, Toshihiro. Surface potential change by oxidation of the chemical vapor deposited diamond (001) surface . Journal of Physics: Conference Series 2007, 327-331
2005
  1. SHINAGAWA, Hideyuki, KIDO, Giyuu, TAKAMASU, Tadashi, GAMO, Mika, ANDO, Toshihiro. Nano-Fabrication on Surface Conductive Layer of CVD-Diamond. Proceedings of the 10th Int. Symposium on Adv. Phys. Fields 2005, 335-339

口頭発表 TSV

2019
  1. 橋爪 秀夫, 上原章寛, 福谷悟, 藤井 和子, 安藤 寿浩. 水溶液中のトリチウムに対する水酸化物のプロトン交換反応. 京都大学複合原子力科学研究所学術講演会. 2019
2013
  1. FUJII, Kazuko, HASHIZUME, Hideo, SHIMOMURA, Shuichi, ANDO, Toshihiro. Phyllosilicate/alkylammonium/triethanolamine composites prepared under various conditions. 第23回MRS年次大会. 2013
  2. 岩澤健太, 三好健太, 江口美佳, 太田拓, 蒲生西谷美香, 安藤 寿浩. TiO2/マリモカーボン複合体を用いたリチウム二次電池特性. 第23回日本MRS年次大会. 2013
  3. 馬場恒生, 江口美佳, 蒲生西谷美香, 安藤 寿浩. 球状炭素繊維材料を用いた燃料電池用触媒の開発. 第40回炭素材料学会年会. 2013
  4. 三好健太, 岩澤健太, 江口美佳, 蒲生西谷美香, 安藤 寿浩. 導電助剤としてマリモカーボンを用いたTiO2/マリモカーボン複合体. 第54回電池討論会. 2013
  5. 林田佑介, 中川清晴, 小田廣和, 安藤 寿浩. 酸化チタン/ダイヤモンド複合材料の光触媒特性評価. 第74回応用物理学会秋季学術講演会. 2013
  6. 太田拓, 中川清晴, 蒲生西谷美香, 安藤 寿浩. 酸化ダイヤモンド担持Co触媒を用いた接触反応によるマリモカーボンの合成. 第74回応用物理学会秋季学術講演会. 2013
  7. 藤井 和子, 林 繁信, 橋爪 秀夫, 安藤 寿浩. 層状ケイ酸塩/アルキルアンモニウム/エタノールアミン複合体の評価. 第57回粘土科学討論会. 2013
  8. Iwasawa Kenta, Miyoshi Kenta, Ueda Satoru, Eguchi Mika, Ota Taku, Gamo-Nishitani Mikka, ANDO, Toshihiro. Hydrothermal Synthesis of TiO2/Marimo Carbon Composite. SSI-19. 2013
  9. FUJII, Kazuko, HASHIZUME, Hideo, SHIMOMURA, Shuichi, ANDO, Toshihiro. Preparation of phyllosilicate/alkylammonium/ethanolamine composites and X-ray diffraction study under controlled relative humidi. 17th International Symposium on Intercalation Compounds. 2013
  10. 藤井 和子, 橋爪 秀夫, 下村 周一, 安藤 寿浩. 層状ケイ酸塩/アルキルアンモニウム/エタノールアミン複合体の湿度応答. 日本化学会第93春季年会. 2013
2012
  1. 馬場恒生, 岩澤健太, 江口美佳, 小林芳男, 小松慧史郎, 小堀まや, 蒲生西谷美香, 安藤 寿浩. マリモカーボンを触媒担体として用いたPEFCの発電特性. 第53回電池討論会. 2012
  2. Baba Kouki, Iwasawa Kenta, Eguchi Mika, Kobayashi Yoshio, Komatu Keishiro, kobori Maya, Gamo-Nishitani Mikka, ANDO, Toshihiro. Interfacial nanostructure of the PEFC catalyst layer constructed with different ionomer contents. MNC 2012. 2012
  3. Baba Kouki, Iwasawa Kenta, Eguchi Mika, Kobayashi Yoshio, Komatu Keishiro, kobori Maya, Gamo-Nishitani Mikka, ANDO, Toshihiro. The Marimo carbon as a polymer electrolyte fuel cell catalyst support. IUMRS-ICEM 2012. 2012
  4. FUJII, Kazuko, HASHIZUME, Hideo, ARIGA, Katsuhiko, ANDO, Toshihiro. Preparation of phyllosilicate/alkylammonium/ethanolamine composites. IUMRS-International Conference on Electronic Materials. 2012
  5. FUJII, Kazuko, KURODA, Takashi, IYI, Nobuo, SAKODA, Kazuaki, ANDO, Toshihiro. Fluorescence resonance energy transfer and arrangements of fluorophores in solid-state integrated coumarin/cyanine systems. STAC-6. 2012
  6. FUJII, Kazuko, KURODA, Takashi, IYI, Nobuo, SAKODA, Kazuaki, ANDO, Toshihiro. Construction and fluorescence resonance energy transfer of integrated coumarin/cyanine systems within an interlayer of phyllosilicate. IACIS2012. 2012
  7. 大沼孟光, 小松慧士郎, 江口美佳, 蒲生 美香, 安藤 寿浩. PEFC 触媒層内におけるマリモカーボンとイオノマーの関係. 電気化学会第79回大会. 2012
  8. 佐藤一央, 大沼孟光, 小松慧士郎, 江口美佳, 蒲生 美香, 安藤 寿浩. ナノコロイド溶液法を用いた PtCo 担持マリモカーボンの調製. 電気化学会第79回大会. 2012
  9. 藤井 和子, 橋爪 秀夫, 有賀 克彦, 安藤 寿浩. 層状ケイ酸塩の有機誘導体を用いた層状ケイ酸塩/アルキルアンモニウム/エタノールアミン複合体の合成. 日本化学会第92春季年会. 2012
  10. 森 充広, 中川清晴, 小田廣和, 安藤 寿浩. 表面酸化ダイヤモンドを用いた色素増感太陽電池セルの作製. 第59回応用物理学関係連合講演会. 2012
2011
  1. 小松慧士郎, 中川清晴, 江口美佳, 大沼孟光, 安藤 寿浩, 蒲生 美香. 熱CVD法によるダイヤモンド担持Ni触媒を用いたマリモカーボンの合成. 第38回炭素材料学会年会. 2011
  2. K, Eguchi Mika, NAKAGAWA, Kiyoharu, GAMO, Hidenori, ANDO, Toshihiro, GAMO, Mika. A Structural Investigation of Carbon Nanofilaments in the Marimo Carbon Formation by the Methane Decomposition with Oxidized Diamond-Supported Nickel Catalysts. 24th International Microprocesses and Nanotechnology Conference. 2011
  3. 小松慧士郎, 江口美佳, 大沼孟光, 安藤 寿浩, 蒲生 美香. PEFC用新規電極触媒担体としてのマリモカーボンの合成. 表面技術協会第124回講演大会. 2011
  4. 藤井 和子, 橋爪 秀夫, 安藤 寿浩. 共有結合型層状ケイ酸塩/アルキルアンモニウム複合体とアミン類の反応. 第55回粘土科学討論会. 2011
  5. 鳥山貴広, 中川清晴, 小田廣和, 安藤 寿浩. 酸化ダイヤモンド担持触媒を用いたメタン接触分解反応によるナノ炭素繊維の合成. ナノファイバー学会第2回年次大会. 2011
  6. 桑原一真, 中川清晴, 小田廣和, 安藤 寿浩. コバルト担持酸化ダイヤモンド触媒を用いたCVD反応によるナノ炭素繊維合成. ナノファイバー学会第2回年次大会. 2011
  7. 藤井 和子, 井伊 伸夫, 橋爪 秀夫, 下村 周一, 安藤 寿浩. シアニン/ヘクトライト複合キャスト膜の蛍光挙動. 日本化学会第91春季年会講演申込. 2011
  8. 小松慧士郎, 小堀まや, 蒲生 秀典, 中川 清晴, 安藤 寿浩, 蒲生 美香. ダイヤモンド担持触媒を用いたマリモカーボン生成反応の活性化エネルギー. 表面技術協会第123回講演大会. 2011
  9. 大沼孟光, 吉田和真, 江口美佳, 小松慧士郎, 蒲生 美香, 安藤 寿浩. マリモカーボンを担体として用いたPEFC用触媒層の作製と評価. 表面技術協会第123回講演大会. 2011
  10. 吉田和真, 大沼孟光, 江口美佳, 小松慧士郎, 蒲生 美香, 安藤 寿浩. マリモカーボンを担体として用いたPEFC用白金触媒のナノコロイド溶液法による調製. 表面技術協会第123回講演大会. 2011
  11. 小松慧士郎, 蒲生 秀典, 中川 清晴, 安藤 寿浩, 蒲生 美香. PEFC用新規触媒担体としてのマリモカーボンの合成. 表面技術協会第123回講演大会. 2011
2010
  1. 小松 慧士郎, 蒲生 秀典, 中川 清晴, 安藤 寿浩, 蒲生 美香. Ni触媒を用いたメタン接触反応によるマリモカーボンの合成. 第37回炭素材料学会年会. 2010
  2. 新井千晴, 蒲生 秀典, 中川 清晴, 安藤 寿浩, 蒲生 美香. 液相法による新炭素系ナノ材料生成に及ぼす硫黄の添加効果. 第37回炭素材料学会年会. 2010
  3. 小松慧士郎, 蒲生 秀典, 中川 清晴, 安藤 寿浩, 蒲生 美香. メタン接触反応によるダイヤモンド-繊維状ナノ炭素複合体 (Dia.-CNFs)の合成に及ぼすAr添加効果. 表面技術協会 第122回講演大会. 2010
2009
  1. 新井千晴, 蒲生 秀典, 中川 清晴, 安藤 寿浩, 蒲生 美香. 固液界面接触分解法によるナノ炭素合成に及ぼす硫黄の効果. 第36回炭素材料学会年会. 2009
  2. 山本俊, 江口美佳, 宇野勝弘, 小林芳夫, 菊地真由子, 蒲生 美香, 安藤 寿浩. 金属ナノコロイド溶液から得たPt担持MWCNTを用いたPEFC触媒の特性. 第50回 電池討論会. 2009
  3. Kikuchi Mayuko, NAKAGAWA, Kiyoharu, GAMO, Hidenori, ANDO, Toshihiro, GAMO, Mika. Catalytic synthesis of spiralled carbon nanofilaments using Pd catalyst. 22nd International Microprocesses and Nanotechnology Conference. 2009
  4. 新井千晴, 蒲生 秀典, 中川 清晴, 安藤 寿浩, 蒲生 美香. 液相合成ナノ炭素材料のモルフォロジーと電界電子放出特性の関係. 第29回表面科学学術講演会. 2009
  5. 青木聡亮, 中川 清晴, 蒲生 秀典, 安藤 寿浩, 蒲生 美香. スクリーン印刷法によりパターン化したマリモカーボンの電界電子放出特性. 第29回表面科学学術講演大会. 2009
  6. 新井千晴, 蒲生 秀典, 中川 清晴, 安藤 寿浩, 蒲生 美香. 液相法によるナノ炭素生成に及ぼす硫黄の効果. 表面技術協会第120回講演大会. 2009
  7. 青木聡亮, 中川 清晴, 蒲生 秀典, 安藤 寿浩, 蒲生 美香. パターン化した酸化ダイヤモンドー繊維状ナノ炭素複合体の電気特性. 表面技術協会第120回講演大会. 2009
  8. Eguchi MIka, Yamamoto SHun, Uno Katsuhiro, Kobayashi Yoshio, Kikuchi Mayuko, GAMO, Mika, ANDO, Toshihiro. Characterization of Multi-Walled Carbon Nanotube Supported Pt Catalyst Prepared by Metal Nanocolloidal Solution For Polymer Electrolyte Fuel Cell Catalyst. 4th International Conference on Polymer Batteries and Fuel Cells. 2009
  9. Kikuchi Mayuko, NAKAGAWA, Kiyoharu, GAMO, Hidenori, ANDO, Toshihiro, GAMO, Mika. Field Electron Emission Characteristics of the "Marimo Carbon". 22nd International Vacuum Nanoelectronics Conference. 2009
  10. 藤井 和子, 井伊 伸夫, 橋爪 秀夫, 下村 周一, 安藤 寿浩. クマリン/シアニン共存系の励起エネルギー移動. 日本化学会第89春季年会(2009). 2009
  11. 鍬田稔, 中川 清晴, 蒲生 秀典, 安藤 寿浩, 蒲生 美香. 酸化ダイヤモンド−繊維状ナノ炭素複合体のパターン化および電子放出特性評価. 表面技術協会第119回講演大会. 2009
  12. 青木聡亮, 中川 清晴, 蒲生 秀典, 安藤 寿浩, 蒲生 美香. 酸化ダイヤモンド担体がPd担持状態及び生成物形態に及ぼす影響. 表面技術協会第119回講演大会. 2009
  13. 新井千晴, 蒲生 秀典, 中川 清晴, 安藤 寿浩, 蒲生 美香. 1−オクタンチオールを用いた固液界面接触分解法によるナノ炭素材料の合成. 表面技術協会第119回講演大会. 2009
2008
  1. 新井千晴, 蒲生 秀典, 中川 清晴, 安藤 寿浩, 蒲生 美香. 液相法による炭素系ナノ材料の合成−有機液体の種類が生成物の構造に及ぼす影響−. 第35回 炭素材料学会年会. 2008
  2. 青木聡亮, 蒲生 秀典, 中川 清晴, 安藤 寿浩, 蒲生 美香. 酸化ダイヤモンド担持8族金属触媒を用いた繊維状ナノ炭素材料の気相合成. 第28回表面科学学術講演会. 2008
  3. 新井千晴, 蒲生 秀典, 中川 清晴, 安藤 寿浩, 蒲生 美香. 1-オクタノールを用いた固液界面接触分解法によるナノ炭素材料の合成. 第28回表面科学学術講演会. 2008
  4. 鍬田稔, 蒲生 秀典, 中川 清晴, 安藤 寿浩, 蒲生 美香. スクリーン印刷法による繊維状ナノ炭素複合体のパターン化. 第28回表面科学学術講演会. 2008
  5. 畠中優子, 岩崎 幸治, 竹内貞雄, 蒲生 秀典, 中川 清晴, 安藤 寿浩, 蒲生 美香. 化学気相合成co-dopingダイヤモンドのカソードルミネッセンススペクトル. 第28回表面科学学術講演会. 2008
  6. 鍬田稔, 中川 清晴, 蒲生 秀典, 安藤 寿浩, 蒲生 美香. スクリーン印刷法による酸化ダイヤモンド−繊維状ナノ炭素複合体のパターン化. 第69回応用物理学会学術講演会. 2008
  7. 鍬田稔, 中川 清晴, 蒲生 秀典, 安藤 寿浩, 蒲生 美香. 印刷法を用いた繊維状ナノ炭素複合体のパターン化. 表面技術協会 第118回講演大会. 2008
  8. 畠中優子, 岩崎 幸治, 竹内貞雄, 蒲生 秀典, 中川 清晴, 安藤 寿浩, 蒲生 美香. ボロンー窒素co-dopingダイヤモンドのカソードルミネッセンス測定. 第55回応用物理学関連連合講演大会. 2008
  9. 鍬田稔, 中川 清晴, 蒲生 秀典, 安藤 寿浩, 蒲生 美香. 印刷法を用いたZnOー繊維状ナノ炭素複合体のパターン化. 第55回応用物理学関係連合講演大会. 2008
  10. 青木聡亮, 菊地真由子, 畠中優子, 中川 清晴, 蒲生 秀典, 安藤 寿浩, 蒲生 美香. 担体の異なるPd担持触媒を用いた接触反応による繊維状ナノ炭素材料の合成. 表面技術協会第117回講演大会. 2008
  11. 菊地真由子, 中川 清晴, 蒲生 秀典, 安藤 寿浩, 蒲生 美香. 高分解能電子顕微鏡を用いたダイヤモンドー繊維状ナノ炭素接合界面の微細構造観察. 表面技術協会第117回講演大会. 2008
  12. 勝間田夕可子, 菊地真由子, 畠中優子, 中川 清晴, 蒲生 秀典, 安藤 寿浩, 蒲生 美香. 混合溶媒を用いた含浸法によるPd触媒粒子の担持状態制御. 表面技術協会第117回講演大会. 2008
  13. 鍬田稔, 中川 清晴, 蒲生 秀典, 安藤 寿浩, 蒲生 美香. 印刷法を用いた酸化亜鉛ー繊維状ナノ炭素複合体のパターン化. 表面技術協会第117回講演大会. 2008
2007
  1. 菊地真由子, 中川 清晴, 蒲生 秀典, 安藤 寿浩, 蒲生 美香. 有機液体中での接触反応による繊維状ナノ炭素材料の合成. 第27回表面科学講演大会. 2007
  2. 菊地真由子, 中川 清晴, 蒲生 秀典, 安藤 寿浩, 蒲生 美香. 高分解能電子顕微鏡によるダイヤモンドー繊維状ナノ炭素複合体接合界面の微細構造観察. 第27回表面科学講演大会. 2007
  3. KIKUCHI Mayuko, GAMO, Hidenori, ANDO, Toshihiro, SHIBASAKI, Takeshi, Tomokage Hajime, GAMO, Mika. Field Emission Current Uniformity and Stability of the Well-Aligned Carbon Nanotubes Synthesized in Methanol. 20th International Microprocesses and Nanotechnology Conference. 2007
  4. 畠中優子, 蒲生 秀典, 中川 清晴, 安藤 寿浩, 蒲生 美香. 酸化ダイヤモンド担持Pd, Ni触媒を用いた低級炭化水素の接触分解によるナノ炭素材料合成. 第27回表面科学講演大会. 2007
  5. 菊地真由子, 蒲生 秀典, 中川 清晴, 安藤 寿浩, 蒲生 美香. パラジウム触媒を用いた固液界面接触分解法による繊維状ナノ炭素材料の合成. 表面技術協会第116回講演大会. 2007
  6. 畠中優子, 蒲生 秀典, 中川 清晴, 安藤 寿浩, 蒲生 美香. 表面酸化ダイヤモンド担持触媒を用いた低級炭化水素によるナノ炭素繊維合成. 表面技術協会第116回講演大会. 2007
  7. 岩崎 幸治, 蒲生 美香, 蒲生 秀典, 中川 清晴, 安藤 寿浩. ボロンドープダイヤモンドの気相成長における窒素添加効果. 表面技術協会第115回講演大会. 2007
2006
  1. Kikuchi Mayuko, GAMO, Mika, GAMO, Hidenori, NAKAGAWA, Kiyoharu, ANDO, Toshihiro. Selective Synthesis of Carbon Nanocoil by the Decomposition of Ethylene Using Oxidized-Diamond-Supported Palladium Catalyst. The 2006 MRS Fall Meeting. 2006
  2. 岩崎 幸治, 蒲生 美香, 蒲生 秀典, 中川 清晴, 安藤 寿浩. ホモエピタキシャル(100)および(111)ダイヤモンドの酸化による表面電気伝導性の変化. 第26回表面科学講演大会. 2006
  3. 菊池真由子, 蒲生 美香, 蒲生 秀典, 中川 清晴, 安藤 寿浩. 酸化ダイヤモンド担持Pd触媒を用いたカーボンナノコイルの選択合成. 第26回表面科学講演大会. 2006
  4. Mayuko Kikuchi, GAMO, Hidenori, NAKAGAWA, Kiyoharu, ANDO, Toshihiro, GAMO, Mika. Field Emission Characteristics of the “Marimo Carbon”. 19th International Microprocesses and Nanotechnology Conference . 2006
  5. GAMO, Hidenori, SHIMADA, Kentaro, GAMO, Mika, ANDO, Toshihiro. Ultra-fine Patterning of the Nanocrystalline Diamond Film Grown by Microwave Plasma-enhanced Chemical Vapor Deposition. 19th International Microprocesses and Nanotechnology Conference . 2006
  6. SHIBASAKI, Takeshi, GAMO, Hidenori, NAKAGAWA, Kiyoharu, ANDO, Toshihiro, GAMO, Mika. Liquid Phase Deposition of Aligned Carbon Nanotubes by using a Cobalt Catalyst. 19th International Microprocesses and Nanotechnology Conference . 2006
  7. GAMO, Hidenori, SHIBASAKI, Takeshi, NAKAGAWA, Kiyoharu, ANDO, Toshihiro, GAMO, Mika. Field Emission Characteristics of Well-aligned Carbon Nanotubes . 19th International Microprocesses and Nanotechnology Conference . 2006
  8. 菊地真由子, 蒲生 秀典, 中川 清晴, 安藤 寿浩, 蒲生 美香. 酸化ダイヤモンド−繊維状炭素複合体の気相合成と電界電子放出特性. 表面技術協会 第114回講演会. 2006
  9. 菊地真由子, 中川 清晴, 蒲生 秀典, 蒲生 美香, 安藤 寿浩. 酸化ダイヤモンド担持Pd触媒を用いたカーボンナノコイルの選択合成. 表面技術協会 第114回講演会. 2006
  10. 岩崎 幸治, 蒲生 美香, 中川 清晴, 蒲生 秀典, 安藤 寿浩. ボロンドープダイヤモンドの気相成長に対する窒素添加効果. 表面技術協会 第114回講演会. 2006
  11. 蒲生 秀典, 柴崎 健, 中川 清晴, 蒲生 美香, 安藤 寿浩. 固液界面接触分解法により合成したナノ炭素材料の電界電子放出特性. 第67回応用物理学会学術講演会. 2006
  12. 菊池真由子, 蒲生 秀典, 中川 清晴, 蒲生 美香, 安藤 寿浩. マリモカーボンの気相合成と電界電子放出特性. 第67回応用物理学会学術講演会. 2006
  13. 岩崎 幸治, 蒲生 秀典, 蒲生 美香, 中川 清晴, 安藤 寿浩. ホモエピタキシャルダイヤモンドの酸化による表面電気伝導性の変化. 第113回表面技術協会講演大会. 2006
  14. 岩崎 幸治, 蒲生 秀典, 蒲生 美香, 中川 清晴, 安藤 寿浩. 気相合成ボロンドープダイヤモンドのモルフォロジーに対する窒素添加効果. 第113回表面技術協会講演大会. 2006
  15. 岩崎 幸治, 蒲生 秀典, 蒲生 美香, 中川 清晴, 安藤 寿浩. 接触分解反応による繊維状炭素ー酸化亜鉛複合体の合成. 第113回表面技術協会講演大会. 2006
  16. 島田 健太郎, 蒲生 秀典, 蒲生 美香, 中川 清晴, 柴崎 健, 安藤 寿浩. マイクロ波プラズマCVDによる炭素薄膜の合成. 第113回表面技術協会講演大会. 2006
  17. 菊池真由子, 蒲生 秀典, 蒲生 美香, 中川 清晴, 安藤 寿浩. 繊維金属担持触媒を用いたエチレンの接触分解反応によるナノ炭素材料合成. 第113回表面技術協会講演大会. 2006
  18. 柴崎 健, 蒲生 秀典, 蒲生 美香, 中川 清晴, 安藤 寿浩. コバルト触媒を用いた固液界面接触分解法による炭素ナノ材料の合成. 第113回表面技術協会講演大会. 2006
2005
  1. 柴崎 健, 蒲生 秀典, 蒲生 美香, 中川 清晴, 安藤 寿浩. コバルト触媒を用いた固液界面接触分解法による. 炭素材料学会年会. 2005
  2. 中川 清晴, 小田廣和, 蒲生 美香, 安藤 寿浩. 固液界面接触分解法によるカーボンナノフィラメント. 炭素材料学会年会. 2005
  3. IWASAKI, Koji, GAMO, Hidenori, GAMO, Mika, NAKAGAWA, Kiyoharu, ANDO, Toshihiro. The effect of nitrogen addition on the morphology and quality of boron doped diamond films.. 2005 MRS Fall Meeting. 2005
  4. SHIBASAKI, Takeshi, GAMO, Hidenori, GAMO, Mika, NAKAGAWA, Kiyoharu, ANDO, Toshihiro. Liquid Phase Deposition of Carbon Nanomaterials by Using a Cobalt Catalyst. 2005 MRS Fall Meeting. 2005
  5. 岩崎 幸治, 蒲生 秀典, 蒲生 美香, 中川 清晴, 安藤 寿浩. ホモエピタキシャルダイヤモンドの酸化による表面伝導性の変化. 第25回表面科学講演大会. 2005
  6. 柴崎 健, 蒲生 秀典, 蒲生 美香, 中川 清晴, 安藤 寿浩. コバルト触媒を用いた固液界面接触分解法による炭素ナノ材料の合成. 第25回表面科学講演大会. 2005
  7. 柴崎 健, 蒲生 美香, 蒲生 秀典, 中川 清晴, 安藤 寿浩. 固液界面接触分解法によるカーボンナノチューブの合成. 表面技術協会第112回講演大会. 2005
  8. 岩崎 幸治, 蒲生 美香, 蒲生 秀典, 中川 清晴, 安藤 寿浩. ボロンドープダイヤモンドのモルフォロジーに対する窒素添加効果. 表面技術協会第112回講演大会. 2005
  9. 三井 正, 庄善之, 蒲生 美香, 安藤 寿浩. ライオンの顔が見えますか?. 日本顕微鏡学会第61回学術講演会. 2005
  10. 松崎裕一, 蒲生 美香, 中川 清晴, 蒲生 秀典, 安藤 寿浩. 遷移金属−酸化ダイヤモンド担持触媒を用いたエチレンの接触分解反応による炭素材料合成. 表面技術協会第111回講演大会. 2005
  11. 柴崎健, 蒲生 美香, 中川 清晴, 蒲生 秀典, 安藤 寿浩. 固液界面接触分解法によるカーボンナノチューブの合成−コバルト触媒の物理化学的状態と生成物の関係. 表面技術協会第111回講演大会. 2005
  12. 岩崎幸治, 蒲生 美香, 中川 清晴, 蒲生 秀典, 安藤 寿浩. ボロンドープ気相合成ダイヤモンドのモルフォロジーに対する酸素および窒素の添加効果. 表面技術協会第111回講演大会. 2005
  13. 澤秀明, 蒲生 美香, 中川 清晴, 蒲生 秀典, 安藤 寿浩. 固液界面接触分解法による1-オクタノール中でのカーボンナノチューブの液相合成. 表面技術協会第111回講演大会. 2005
  14. 島田健太郎, 蒲生 美香, 中川 清晴, 蒲生 秀典, 安藤 寿浩. マイクロ波プラズマCVDダイヤモンドの構造および物性に及ぼす窒素添加効果. 表面技術協会第111回講演大会. 2005
  15. 藤原竜馬, 蒲生 美香, 中川 清晴, 蒲生 秀典, 安藤 寿浩. ニッケル触媒を用いた固液界面接触分解法によるカーボンナノチューブの合成. 表面技術協会第111回講演大会. 2005
2004
  1. 蒲生 美香, 蒲生 秀典, 中川 清晴, 安藤 寿浩. 酸化ニッケル薄膜表面の化学状態と表面電位の関係. 第24回表面科学講演大会. 2004
  2. 蒲生 美香, 蒲生 秀典, 中川 清晴, 安藤 寿浩. 固液界面接触分解法によるカーボンナノチューブの液相合成. 第24回表面科学講演大会. 2004
  3. 蒲生 秀典, 蒲生 美香, 中川 清晴, 安藤 寿浩. ダイヤモンド表面の酸化による仕事関数の変化. 第24回表面科学講演大会. 2004
  4. 中川 清晴, 蒲生 美香, 蒲生 秀典, 安藤 寿浩. 遷移金属担持表面酸化ダイヤモンド触媒を用いた炭素ナノ材料の合成. 第24回表面科学講演大会. 2004
  5. 蒲生 秀典, 蒲生 美香, 中川 清晴, 安藤 寿浩. マイクロ波CVDによるナノクリスタルダイヤモンド薄膜の作製とナノレベル微細加工. 第24回表面科学講演大会. 2004
  6. GAMO, Hidenori, NAKAGAWA, Kiyoharu, GAMO, Mika, ANDO, Toshihiro. The relation between stress and photoluminescence of hydrogenated amorphous silicon nitride films. 206th Meeting of The Electrochemical Society. 2004
  7. GAMO, Mika, NAKAGAWA, Kiyoharu, GAMO, Hidenori, ANDO, Toshihiro. Ultra-Fine Patterning of the N-doped CVD Diamond Films I. - N2 Addition in the Gas Phase for the Nano-fabrication -. 206th Meeting of The Electrochemical Society. 2004
  8. GAMO, Mika, NAKAGAWA, Kiyoharu, GAMO, Hidenori, ANDO, Toshihiro. A liquid-phase synthesis of various carbon nanofilaments in liquid hydrocarbons. 206th Meeting of The Electrochemical Society. 2004
  9. NAKAGAWA, Kiyoharu, GAMO, Mika, GAMO, Hidenori, ANDO, Toshihiro. Catalytic Synthesis of Carbon Nanotubes in the Organic Liquid. 206th Meeting of The Electrochemical Society. 2004
  10. GAMO, Mika, NAKAGAWA, Kiyoharu, GAMO, Hidenori, ANDO, Toshihiro. Chemical Structure and Surface Potential of Nickel and Nickel-oxide Thin-film Surfaces Studied by High-resolution Monochromated . 206th Meeting of The Electrochemical Society. 2004
  11. GAMO, Hidenori, NAKAGAWA, Kiyoharu, GAMO, Mika, ANDO, Toshihiro. Ultra-Fine Patterning of the N-doped CVD Diamond Films II. -Electron Beam Lithography-. 206th Meeting of The Electrochemical Society. 2004
  12. NAKAGAWA, Kiyoharu, GAMO, Mika, GAMO, Hidenori, ANDO, Toshihiro. Oxidized diamond-supported catalyst for simultaneous synthesis of nanocarbons and H.. 206th Meeting of The Electrochemical Society. 2004
  13. 蒲生 秀典, 蒲生 美香, 島田 健太郎, 田村章, 安藤 寿浩. マイクロ波プラズマCVDによるナノクリスタルダイヤモンドの作製とナノ加工. 表面技術協会第110回講演大会. 2004
  14. 蒲生 美香, 中川 清晴, 安藤 寿浩. アルコールおよび炭化水素液体中でのカーボンナノフィラメントの合成. 第65回応用物理学会学術講演会. 2004
  15. 品川 秀行, 木戸 義勇, 高増 正, 蒲生 美香, 安藤 寿浩. ダイヤモンド伝導性表面上のナノ加工. 日本物理学会第59回年次大会. 2004
  16. 中川 清晴, 蒲生 美香, 安藤 寿浩. 有機溶液中でのカーボンナノチューブの高速合成. 第84回日本化学会春季年会. 2004
  17. 藤田昭彦, 北條賢治, 蒲生 美香, 蒲生 秀典, 中川 清晴, 安藤 寿浩. 固液界面接触分解法によるカーボンナノチューブの合成Ⅰ.−鉄触媒の物理化学的状態. 表面技術協会第109回講演大会. 2004
  18. 北條賢治, 藤田昭彦, 蒲生 美香, 蒲生 秀典, 中川 清晴, 安藤 寿浩. 固液界面接触分解法によるカーボンナノチューブの合成Ⅱ.−生成物の合成条件依存性. 表面技術協会第109回講演大会. 2004
  19. 蒲生 美香, 中川 清晴, 蒲生 秀典, 安藤 寿浩. アルコール中でのカーボンナノチューブの液相合成. 表面技術協会平成16年度論文賞受賞記念講演会. 2004
  20. GAMO, Mika, NAKAGAWA, Kiyoharu, ANDO, Toshihiro. Carbon Nanotubes Synthesis in Organic Liquid by the Green & Sustainable Chemistry. 第4回グリーン・サステイナブルケミストリーシンポジウム. 2004

特許 TSV

登録特許
  1. 特許第6106870号 リチウム電池用電極活物質 (2017)
  2. 特許第6048960号 層間隔不変-層状無機/有機複合体、その製造方法及び湿度観測システム (2016)
  3. 特許第6020889号 Cs+イオン吸着剤及びその製造方法 (2016)
  4. 特許第5971790号 放射性Cs+イオン吸着剤及びその製造方法 (2016)
  5. 特許第5854314号 マリモカーボンおよびその製造方法 (2015)
  6. 特許第5630727号 ナノ炭素材料複合体の製造方法 (2014)
  7. 特許第5549028号 フレーク状ナノ炭素材料の製造方法及び電子放出素子並びに面発光素子 (2014)
  8. 特許第5549027号 粒子状ナノ炭素材料の製造方法及び電子放出素子並びに面発光素子 (2014)
  9. 特許第5544503号 マリモカーボン及びその製造方法並びにその製造装置 (2014)
  10. 特許第5476751号 ナノカーボンエミッタ及びその製造方法並びにそれを用いた面発光素子 (2014)
  11. 特許第5476883号 ナノ炭素材料複合基体及びその製造方法 (2014)
  12. 特許第5418874号 ナノ炭素材料複合体の製造方法及びナノ炭素材料複合体を用いた電子放出素子 (2013)
  13. 特許第5376197号 ナノ炭素材料複合体の製造方法 (2013)
  14. 特許第5344210号 カーボンナノチューブの合成方法及び合成装置 (2013)
  15. 特許第5321880号 ナノ炭素材料複合体 (2013)
  16. 特許第5321881号 カーボン膜の製造方法 (2013)
  17. 特許第5283031号 コイン積層状ナノ炭素材料複合体及びその製造方法並びにそれを用いた電子デバイス (2013)
  18. 特許第5283030号 らせん状ナノ炭素材料複合体用いた電子デバイス (2013)
  19. 特許第5245087号 ナノ炭素材料複合体ペーストおよびそれを用いたパターン形成方法 (2013)
  20. 特許第5245072号 カーボンナノチューブの合成方法及びその合成装置 (2013)
  21. 特許第5207244号 水素製造用触媒担持基板および水素製造装置 (2013)
  22. 特許第5110835号 燃料電池用触媒電極、それを用いた、膜・電極接合体、及び燃料電池 (2012)
  23. 特許第5110836号 燃料電池用触媒電極、それを用いた、膜・電極接合体、及び燃料電池 (2012)
  24. 特許第5099331号 ナノ炭素材料複合体およびその製造方法並びにそれを用いた電子放出素子 (2012)
  25. 特許第5099300号 ナノ炭素材料複合体及びその製造方法 (2012)
  26. 特許第5024813号 面発光素子の製造方法 (2012)
  27. 特許第5013155号 ダイヤモンドエミッタアレイの製造方法 (2012)
  28. 特許第4984131号 ナノカーボンペースト及びナノカーボンエミッタの製造方法 (2012)
  29. 特許第4984130号 ナノカーボンエミッタとその製造方法並びに面発光素子 (2012)
  30. 特許第4967536号 ナノ炭素材料複合体及びその製造方法 (2012)
  31. 特許第4967535号 ナノカーボンペースト及びナノカーボンエミッタの製造方法 (2012)
  32. 特許第4911743号 電気化学素子及びその製造方法 (2012)
  33. 特許第4899120号 窒化酸化シリコン膜の組成評価方法及び物性評価方法 (2012)
  34. 特許第4789035号 n型ダイヤモンドを用いた半導体デバイス (2011)
  35. 特許第4730686号 カーボン繊維の切断・加工方法 (2011)
  36. 特許第4719909号 ナノクリスタルダイヤモンド膜の製造方法 (2011)
  37. 特許第4654383号 ステンシルマスク及びその製造方法 (2011)
  38. 特許第4644798号 金属担持ナノ炭素繊維触媒 (2010)
  39. 特許第4639334号 ダイヤモンド膜、その製造方法、電気化学素子、及びその製造方法 (2010)
  40. 特許第4610350号 マリモカーボンを用いた電気二重層キャパシタ (2010)
  41. 特許第4590631号 フィールドエミッタアレイ及びその製造方法 (2010)
  42. 特許第4487035号 ダイヤモンド膜のパターン形成方法 (2010)
  43. 特許第4287692号 非晶質シリコンの化合物薄膜の応力評価方法 (2009)
  44. 特許第4048138号 コイン積層型ナノグラファイト、その製造方法及びその製造用触媒 (2007)
  45. 特許第4019167号 核酸とダイヤモンドの結合方法 (2007)
  46. 特許第4002955号 ダイヤモンド半導体デバイスの製造方法 (2007)
  47. 特許第3978496号 自動車排ガス脱硫装置及び脱硫方法 (2007)
  48. 特許第3968439号 電気二重層キャパシタ (2007)
  49. 特許第3918074号 ダイヤモンド状炭素膜の合成方法 (2007)
  50. 特許第3918073号 3C-SiCナノウィスカーの合成方法及び3C-SiCナノウィスカー (2007)
  51. 特許第3769642号 n型半導体ダイヤモンド及びその製造方法 (2006)
  52. 特許第3751247号 合成ガス製造触媒及びその製造方法、並びに合成ガス製造方法 (2005)
  53. 特許第3747440号 金属ナノワイヤーの製造方法 (2005)
  54. 特許第3713561号 有機液体による高配向整列カーボンナノチューブの合成方法及びその合成装置 (2005)
  55. 特許第3711390号 カーボンナノコイルの製造方法 (2005)
  56. 特許第3698263号 炭素繊維の製造方法及びその製造用触媒 (2005)
  57. 特許第3663422号 メタノールを原料とする水素製造方法及びこの方法を用いた水素製造装置 (2005)
  58. 特許第3590883号 紫外線発光デバイス及びその製造方法 (2004)
  59. 特許第3579689号 吸熱性反応を利用した機能性ナノ材料の製造方法 (2004)
  60. 特許第3030311号 ホウ素添加ダイヤモンドのホウ素濃度の簡易測定方法 (2000)
公開特許
  1. 特開2010116279号 ナノ炭素材料の製造方法 (2010)
  2. 特開2010082555号 水素製造用触媒担持基板および水素製造装置 (2010)
  3. 特開2009215121号 フレーク状ナノ炭素複合体の製造方法 (2009)
  4. 特開2008066230号 燃料電池用触媒電極、それを用いた、膜・電極接合体、及び燃料電池 (2008)
  5. 特開2008053177号 ナノカーボンエミッタとその製造方法並びに面発光素子 (2008)
  6. 特開2008053171号 面発光素子の製造方法 (2008)
  7. 特開2007262509号 カーボンナノチューブ生成用合金基板とその作製方法、それを用いて生成したカーボンナノチューブ生成合金基板とその製造方法、及びその用途 (2007)
  8. 特開2007194559号 複合光電変換素子及びその製造方法 (2007)
  9. 特開2007194354号 分極性電極およびこれを備えた電気二重層キャパシタ (2007)
  10. 特開WO2007061078号 カーボンナノチューブ、これを備えた基板及び電子放出素子、カーボンナノチューブ合成用基板、及びそれらの製造方法並びに製造装置 (2007)
  11. 特開2007099601号 ナノカーボン材料の積層基板及びその製造方法 (2007)
  12. 特開2007048907号 電気二重層キャパシタ用電極およびこれを用いたキャパシタ (2007)
  13. 特開2006294387号 ナノカーボンエミッタ及びその製造方法 (2006)
  14. 特開2006294525号 電子放出素子、その製造方法及びそれを用いた画像表示装置 (2006)
  15. 特開2006282444号 高比表面積マリモカーボンの製造方法及びこれを用いた電気二重層キャパシタ (2006)
  16. 特開2006272374号 カーボン繊維の切断・加工方法及びその装置 (2006)
  17. 特開2006193380号 化学修飾カーボンナノ繊維及びその製造方法 (2006)
  18. 特開2006196750号 マリモカーボンを用いた電気二重層キャパシタ (2006)
  19. 特開2006196751号 化学修飾カーボンナノ繊維を分極性電極とした電気二重層キャパシタ (2006)
  20. 特開2006185636号 ディスプレイ装置に用いる電子放出源の製造方法 (2006)
  21. 特開2006182572号 ナノカーボンの精製方法 (2006)
  22. 特開2006110701号 炭素繊維体とそれを有する部材および製造方法 (2006)
  23. 特開2006103996号 窒素原子を含むカーボンナノチューブとその製造方法 (2006)
  24. 特開2006083486号 炭素繊維体およびそれを有する部材並びにそれらの製造方法 (2006)
  25. 特開WO2005116306号 ナノクリスタルダイヤモンド膜、その製造方法、及びナノクリスタルダイヤモンド膜を用いた装置 (2005)
  26. 特開2005314160号 高密度高配向カーボンナノチューブの合成方法 (2005)
  27. 特開2005314161号 カーボンナノチューブの合成方法 (2005)
  28. 特開2005314162号 導電性可変三層カーボンナノチューブ及び三層カーボンナノチューブの合成方法並びに導電性可変三層カーボンナノチューブの合成方法 (2005)
  29. 特開2005239504号 加熱体からの伝熱による繊維状炭素の製造方法および製造装置 (2005)
  30. 特開2005213700号 繊維径の異なる複合型繊維状炭素およびその製造方法 (2005)
  31. 特開2005187300号 繊維状炭素の生成方法及びその生成装置 (2005)
  32. 特開2005005659号 ダイヤモンド積層基板、電気化学素子およびその製造方法 (2005)
  33. 特開2004327843号 非晶質シリコンおよびその化合物薄膜の応力評価方法 (2004)
  34. 特開2004327844号 窒化シリコン膜、およびその製造方法、ならびに機能デバイス (2004)
  35. 特開2004176132号 ナノダイヤモンド膜及びその製造方法 (2004)
外国特許
  1. No. JP2013047160A MARIMO CARBON AND METHOD OF PRODUCING THE SAME (2013)
  2. No. EP2431504A1 Method for manufacturing an organic thin fim transistor using a nano-crystalline diamond film (2012)
  3. No. EP2431503A1 Method of manufacturing an organic electroluminescent device or an organic photoelectric receiving device using a nano-crystalline diamond film (2012)
  4. No. EP2365111A3 Method of manufacturing of a nano-crystal diamond film and devices using the nano-crystal diamond film (2011)
  5. No. EP2365111A2 Method of manufacturing of a nano-crystal diamond film and devices using the nano-crystal diamond film (2011)
  6. No. EP1607369A4 METHOD AND APPARATUS FOR PRODUCING HYDROGEN FROM METHANOL (2011)
  7. No. US20100296984A1 METHOD OF AND APPARATUS FOR PRODUCING HYDROGEN FROM METHANOL (2010)
  8. No. US20100183494A1 METHOD FOR PREPARING FUNCTIONAL NANOMATERIALS UTILIZING ENDOTHERMIC REACTION (2010)
  9. No. US20100171409A1 CARBON NANOTUBES, SUBSTRATE AND ELECTRON EMISSION DEVICE WITH SUCH CARBON NANOTUBES AND CARBON NANOTUBE SYNTHESIZING SUBSTRATE AS WELL AS METHODS OF AND APPARATUS FOR MAKING THEM (2010)
  10. No. US20100124526A1 Method of and apparatus for synthesizing highly oriented, aligned carbon nanotubes from an organic liquid (2010)
  11. No. US20100084634A1 Nano-crystal diamond film, manufacturing method thereof, and device using nano-crystal diamond film (2010)
  12. No. EP1752566A4 NANO-CRYSTAL DIAMOND FILM, MANUFACTURING METHOD THEREOF, AND DEVICE USING NANO-CRYSTAL DIAMOND FILM (2009)
  13. No. EP1454880A4 METHOD FOR PREPARING FUNCTIONAL NANO-MATERIAL UTILIZING ENDOTHERMIC REACTION (2009)
  14. No. EP2014616A3 Carbon nanotubes, substrate and electron emission device with such carbon nanotubes and carbon nanotube synthesizing substrate as well as methods of and apparatus for making them (2009)
  15. No. EP1964809A4 CARBON NANOTUBE, SUBSTRATE AND ELECTRON EMITTING ELEMENT EQUIPPED THEREWITH, SUBSTRATE FOR CARBON NANOTUBE SYNTHESIS, PROCESS FOR PRODUCING THEM, AND PRODUCTION APPARATUS (2009)
  16. No. EP1988056A3 Carbon nanotubes, substrate and electron emission device with such carbon nanotubes and carbon nanotube sythesizing substrate as well as methods of and apparatus for making them (2009)
  17. No. CN101360681A Carbon nanotube, substrate and electron emitting element equipped therewith, substrate for carbon nanotube synthesis, process for producing them, and production apparatus (2009)
  18. No. EP2014616A2 Carbon nanotubes, substrate and electron emission device with such carbon nanotubes and carbon nanotube synthesizing substrate as well as methods of and apparatus for making them (2009)
  19. No. EP1988056A2 Carbon nanotubes, substrate and electron emission device with such carbon nanotubes and carbon nanotube sythesizing substrate as well as methods of and apparatus for making them (2008)
  20. No. EP1964809A1 CARBON NANOTUBE, SUBSTRATE AND ELECTRON EMITTING ELEMENT EQUIPPED THEREWITH, SUBSTRATE FOR CARBON NANOTUBE SYNTHESIS, PROCESS FOR PRODUCING THEM, AND PRODUCTION APPARATUS (2008)
  21. No. US20080193764A1 Cladophora-Form Carbon, Process for Producing the Same and Production Apparatus (2008)
  22. No. KR2008072070A CARBON NANOTUBE, SUBSTRATE AND ELECTRON EMITTING ELEMENT EQUIPPED THEREWITH, SUBSTRATE FOR CARBON NANOTUBE SYNTHESIS, PROCESS FOR PRODUCING THEM, AND PRODUCTION APPARATUS (2008)
  23. No. EP1411155A4 3C-SIC NANOWHISKER SYNTHESIZING METHOD AND 3C-SIC NANOWHISKER (2008)
  24. No. US20080003162A1 3C-SiC nanowhisker and synthesizing method of the same (2008)
  25. No. EP1179621A4 N-TYPE SEMICONDUCTOR DIAMOND AND ITS FABRICATION METHOD (2007)
  26. No. EP1413550A4 METHOD AND DEVICE FOR SYNTHESIZING HIGH ORIENTATIONALLY ARRANGED CARBON NANO-TUBE BY USING ORGANIC LIQUID (2007)
  27. No. WO2007061078A1 CARBON NANOTUBE, SUBSTRATE AND ELECTRON EMITTING ELEMENT EQUIPPED THEREWITH, SUBSTRATE FOR CARBON NANOTUBE SYNTHESIS, PROCESS FOR PRODUCING THEM, AND PRODUCTION APPARATUS (2007)
  28. No. CN1957116A Nanocrystal diamond film, process for producing the same and apparatus using nanocrystal diamond film (2007)
  29. No. GB2430672A Cladophora-form carbon, process for producing the same and production apparatus therefor (2007)
  30. No. KR2007022733A CLADOPHORA-FORM CARBON, PROCESS FOR PRODUCING THE SAME AND PRODUCTION APPARATUS THEREFOR (2007)
  31. No. KR2007020465A NANO-CRYSTAL DIAMOND FILM, MANUFACTURING METHOD THEREOF, AND DEVICE USING NANO-CRYSTAL DIAMOND FILM (2007)
  32. No. EP1752566A1 NANO-CRYSTAL DIAMOND FILM, MANUFACTURING METHOD THEREOF, AND DEVICE USING NANO-CRYSTAL DIAMOND FILM (2007)
  33. No. US20060210471A1 Method and apparatus for producing hydrogen from methanol (2006)
  34. No. EP1607369A1 METHOD AND APPARATUS FOR PRODUCING HYDROGEN FROM METHANOL (2005)
  35. No. KR2005115912A METHOD AND APPARATUS FOR PRODUCING HYDROGEN FROM METHANOL (2005)
  36. No. WO2005116306A1 NANOCRYSTAL DIAMOND FILM, PROCESS FOR PRODUCING THE SAME AND APPARATUS USING NANOCRYSTAL DIAMOND FILM (2005)
  37. No. WO2005113433A1 CLADOPHORA-FORM CARBON, PROCESS FOR PRODUCING THE SAME AND PRODUCTION APPARATUS THEREFOR (2005)
  38. No. US20050089680A1 3C-sic nanowhisker and synthesizing method and 3c-sic nanowhisker (2005)
  39. No. US20050002849A1 Method for preparing functional nanomaterials utilizing endothermic reaction (2005)
  40. No. WO2004080890A1 METHOD AND APPARATUS FOR PRODUCING HYDROGEN FROM METHANOL (2004)
  41. No. EP1454880A1 METHOD FOR PREPARING FUNCTIONAL NANO-MATERIAL UTILIZING ENDOTHERMIC REACTION (2004)
  42. No. CN1520381A Method and device for synthesizing high orientationally arranged carbon nano-tube by using organic liquid (2004)
  43. No. US20040151653A1 Method and device for synthesizing high orientationally arranged carbon nano-tube by using organic liquid (2004)
  44. No. EP1413550A1 METHOD AND DEVICE FOR SYNTHESIZING HIGH ORIENTATIONALLY ARRANGED CARBON NANO?TUBE BY USING ORGANIC LIQUID (2004)
  45. No. EP1411155A1 3C-SIC NANOWHISKER SYNTHESIZING METHOD AND 3C-SIC NANOWHISKER (2004)
  46. No. WO2003042099A1 METHOD FOR PREPARING FUNCTIONAL NANO-MATERIAL UTILIZING ENDOTHERMIC REACTION (2003)
  47. No. WO2003000590A1 METHOD AND DEVICE FOR SYNTHESIZING HIGH ORIENTATIONALLY ARRANGED CARBON NANO-TUBE BY USING ORGANIC LIQUID (2003)
  48. No. WO2003000965A1 3C-SIC NANOWHISKER SYNTHESIZING METHOD AND 3C-SIC NANOWHISKER (2003)
  49. No. WO2002052266A1 METHOD OF BINDING NUCLEIC ACID TO DIAMOND, DIAMOND-MONONUCLEOSIDE CONJUGATE AND DIAMOND-NUCLEIC ACID CONJUGATE (2002)
  50. No. EP1179621A1 N-TYPE SEMICONDUCTOR DIAMOND AND ITS FABRICATION METHOD (2002)
  51. No. TW471006B N-type semiconductor diamond and its fabrication method (2002)
  52. No. TW466777B Diamond semiconductor device and manufacture of the same (2001)
  53. No. WO2000079603A1 DIAMOND SEMICONDUCTOR DEVICE AND METHOD OF MANUFACTURE THEREOF (2000)
  54. No. WO2000058534A1 N-TYPE SEMICONDUCTOR DIAMOND AND ITS FABRICATION METHOD (2000)

▲ページトップへ移動