SAMURAI - NIMS Researchers Database

HOME > 研究者を検索 > 分野別にみる

分野別にみる

論文の分野はクラリベイト・アナリティクス社のESI分類を参考に分類し(Materials Science, Physics, Chemistry, Engineering, Biology)、ほか発表文献タイトル・抄録などから2006年以降刊行の論文検索を行うことができます。

最終更新時刻: 2021年02月26日

    29件の論文が見つかりました。論文は出版年月日順に表示しています。(ヘルプ)
  • 高橋旦征, 吉岡孝之, 中村佳右, 大河内春乃. 低圧火花放電とエアロゾルサイクロンを用いた高速度鋼の直接ICP発光分光分析. Trans. JIM. 49 (1985) 463-467
  • 武井厚, 新居和嘉, 新居和嘉. Effects of Tensile Stress on the High Temperature Oxidation of Ni-20Cr-4Al Alloy. Trans. JIM. 25 (1984)
  • 吉原一紘, 新居和嘉, 新居和嘉. 表面偏析の速度論とFe(100)面上のイオウ偏析への適用. Trans. JIM. 24 (1983) 12
  • 清沢昭雄, 増本剛, 増本剛. 強磁性半導体CdCr2Se4のPse2―Acdse状態図. Trans. JIM. (1983) 29
  • 武井厚, 新居和嘉, 新居和嘉. Effects of Oxygen Pressure on the Oxydation Behavior of Ni-20Cr Alloy. Trans. JIM. 23 (1982) 12
  • 有冨敬芳, 郡司好喜, 郡司好喜. アルミ脱酸し一方向凝固させた鋼塊中の介在物. Trans. JIM. (1981) 43
  • 武井厚, 新居和嘉, 新居和嘉. The Effect of Sillicon Content on High Temperature Oxidation of 80Ni-20Cr Alloys.. Trans. JIM. 22 (1980) 2
  • 吉原一紘, 新居和嘉, 新居和嘉. 銀の表面自己拡散係数におよぼす酸素ポテンシャルの影響. Trans. JIM. 20 (1979) 9
  • 藤井忠行, 大庭幸夫, 大庭幸夫. (111)[ii2]方位Mo単結晶の再結晶集合組織の形成におよぼす微細析出物の影響. Trans JIM. 16 (1978) 413
  • 池田雄二, 新居和嘉, 新居和嘉. Contribution of Breakdown and Healing of Oxide Scale to Oxidation Rate of Fe-Cr Alloys. Trans. JIM. 18 (1977) 6
  • ▲ページトップへ移動