SAMURAI - NIMS Researchers Database

HOME > 研究者を検索 > 分野別にみる

分野別にみる

機構に所属する研究者の発表した論文を、タイトル・抄録・分野などから検索することができます。論文の分野はクラリベイト社のESI分類を参考に分類しています(Materials Science, Physics, Chemistry, Engineering, Biologyなど)。

最終更新日: 2022年08月13日

    29件の論文が見つかりました。論文は出版年月日順に表示しています。(ヘルプ)
  • 山下 良之, タン ジンミン. Si ドープGaN(0001)におけるドーパントの活性サイト・ 不活性サイトの化学状態解明. 表面と真空. (2022) 309-314 10.1380/vss.65.309
  • 田沼 繁夫. 電子分光法における表面感度と検出深さ. 表面と真空. (2022) 102-108 10.1380/vss.65.102
  • 山下 良之. 東北次世代放射光施設. 表面と真空. (2022) 156-156
  • 篠塚 寛志. ベイズ情報量規準をベースとしたXPSスペクトルの全自動解析システムの進展. 表面と真空. (2022) 121-127 10.1380/vss.65.121
  • 永村 直佳, 松村 太郎次郎, 永田 賢二, 赤穂 昭太郎, 安藤 康伸. 計測インフォマティクスを応用したX線顕微分光によるナノ表界面分析. 表面と真空. (2021) 382-389 10.1380/vss.64.382
  • Noriaki SANADA, Yoshiyuki YAMASHITA. 実用表面分析の最近の進展. 表面と真空. (2021) 492-492 10.1380/vss.64.492
  • Akiko N. ITAKURA, Yoshiharu MURASE, Taro YAKABE, Naoya MIYAUCHI, Masahiro KITAJIMA, Satoka AOYAGI. オペランド水素顕微鏡による時間分解水素透過測定から求める拡散モデルの提案. 表面と真空. (2021) 568-574 10.1380/vss.64.568
  • Ken-ichi UCHIDA, Takeshi SEKI. スピンカロリトロニクスにおける界面効果. 表面と真空. 64 [12] (2021) 562-567 10.1380/vss.64.562
  • Satoka AOYAGI, Tomomi AKIYAMA, Natsumi SUZUKI, Naoya MIYAUCHI, Akiko N. ITAKURA. 鉄鋼試料中水素拡散評価を目指したマルチモーダルデータ解析. 表面と真空. 64 [10] (2021) 472-475 10.1380/vss.64.472
  • Keiko ONISHI, Shoko NAGANO, Daisuke FUJITA, Taro YAKABE, Akiko ITAKURA. ヘリウムイオン顕微鏡による表面化学分析用標準試料の経年変化の解析. 表面と真空. 64 [9] (2021) 424-429 10.1380/vss.64.424
  • ▲ページトップへ移動