SAMURAI - NIMS Researchers Database

HOME > 研究者を検索 > 論文・分野から探す

論文・分野から探す

機構に所属する研究者の発表した論文を、タイトル・抄録・分野などから検索することができます。論文の分野はクラリベイト社のESI分類を参考に分類しています(Materials Science, Physics, Chemistry, Engineering, Biologyなど)。

最終更新日: 2024年07月19日

507件の論文が見つかりました。論文は出版年月日順に表示しています。(ヘルプ)
  • FURUBAYASHI Ei-ichi. 電子顕微鏡による格子欠陥の性質の決定. 鉄と鋼. 58 [2] (1972) 343-359 10.2355/tetsutohagane1955.58.2_343
  • NAKAJIMA Hiro-oki, ARAKI Toru. 中炭素Ni―Cr―Mo鋼のマルテンサイトおよびベイナイトの衝撃靭性. 鉄と鋼. 58 [14] (1972) 1993-2004 10.2355/tetsutohagane1955.58.14_1993
  • 尾沢正也, 田中稔, 田中稔. 微粉鉄鉱石中の水素による輸送層還元. 鉄と鋼. (1971)
  • 浜野 隆一, 津谷 和男. 鉄の低温延性におよぼすTiN分散相の影響. 鉄と鋼. 58 [10] (1971) 1415-1423 10.2355/tetsutohagane1955.58.10_1415
  • 藤田 充苗, 鈴木 正敏. 鉄鋼の恒温変態におよぼす圧力の影響. 鉄と鋼. 57 [10] (1971) 1676-1689 10.2355/tetsutohagane1955.57.10_1676
  • 斎藤 鉄哉, 内山 郁. 鋼の衝撃性質に及ぼす非金属介在物の影響. 鉄と鋼. 57 [6] (1971) 942-953 10.2355/tetsutohagane1955.57.6_942
  • 金尾正雄, 荒木透, 中野恵司. マルテンサイト系Fe―Ni―Si合金の析出硬化. 鉄と鋼. (1970)
  • 金尾 正雄, 荒木 透, 沼田 英夫, 中野 恵司. 鉄・ニッケル合金の析出硬化におよぼすAl,Be,Tiの複合添加の影響. 鉄と鋼. 56 [14] (1970) 1854-1866 10.2355/tetsutohagane1955.56.14_1854
  • 山崎 道夫. 18Cr―12Ni系鋼のクリープ破断強度におよぼす溶体化温度. 鉄と鋼. 56 [12] (1970) 1491-1500 10.2355/tetsutohagane1955.56.12_1491
  • 田村 良雄, 藤井 忠行, 大庭 幸夫. 純鉄の浮遊帯域精製効果について. 鉄と鋼. 57 [3] (1970) 498-504 10.2355/tetsutohagane1955.57.3_498
  • ▲ページトップへ移動