研究者
由利 哲美

ホーム > NIMSについて > 研究者 > 由利 哲美
プロフィール
Portrait
由利 哲美 (ユリ テツミ)
物質・材料研究機構   構造材料研究拠点 材料信頼性分野 疲労特性グループ   主任研究員
メール: YURI.Tetuminims.go.jp
電話: 029-859-2340
茨城県つくば市千現1-2-1 [交通アクセス]
研究者紹介冊子版
printImage
出版物 2004年以降のNIMS所属における出版物を表示しています。
研究論文
  • 小野嘉則, 出村雅彦, 由利哲美, 緒形俊夫, 松岡三郎, 堀 秀輔 : “Ti-5Al-2.5Sn ELI合金鍛造材における極低温疲労破壊起点部の結晶方位解析” TRANSACTIONS OF THE JAPAN SOCIETY OF MECHANICAL ENGINEERS SERIES A(日本機械学会論文集 A編) 74[739] (2008) 329-334
  • 柴田浩司, 緒形俊夫, Aiman Nyilas, 由利哲美, 藤井秀樹, 大宮慎一 : “304L鋼および316L鋼の極低温における変形挙動の計算機シミュレーションによる解析” CRYOGENIC ENGINEERING(低温工学) 42[2] (2007) 34-41
  • 緒形俊夫, 由利哲美, 小野嘉則 : “オーステナイト系ステンレス鋼の低温での引張変形挙動と発熱及び加工誘起マルテンサイト変態” CRYOGENIC ENGINEERING(低温工学) 42[1] (2007) 10-17
全情報を表示...
会議録
  • T. Ogata, T. Yuri, Y. Ono : “Martensitic Transformation in SUS 304L and 316L during Tensile Tests at Low Temperatures” International Cryogenic Material Conference Proceedings of ICMC'06 2 (2007) 33-36
  • Y. Ono, T. Yuri, E. Takeuchi, T. Ogata, S. Matsuoka, K. OKITA, S. HORI : “Effect of Shot-Peening on High-Cycle Fatigue Properties at Cryogenic Temperature of Alloy 718” Multiconference CryoPrague2006 ICMC Proceedings of ICMC'06 2 (2007) 69-73
  • Y. Ono, M. Demura, T. Yuri, T. Ogata, S. Matsuoka : “Fatigue Crack Initiation Behavior at Cryogenic Temperatures in Ti-5%Al-2.5%Sn ELI Alloy” The 11th World Conference on Titanium Ti-2007 Science and Technology 1 (2007) 343-346
全情報を表示...
口頭発表
  • 2009/11/18-20 : 由利哲美, 小野嘉則, 緒形俊夫, 砂川英生 : “Ti-6Al-4V Normal材の低温における破壊靱性と疲労特性” 2009年度秋季低温工学・超電導学会
  • 2009/10/22 : 小野嘉則, 由利哲美, 緒形俊夫, 出村雅彦, 松岡三郎 : “低温環境下での高サイクル疲労特性評価” 第6回ヤングメタラジスト研究交流会
  • 2009/05/13-15 : 由利哲美, 小野嘉則, 緒形俊夫 : “Ti-6Al-4V ELI 合金鍛造材の20 K Heガス中における破壊靱性と疲労特性” 2009年度春季低温工学・超伝導学会
全情報を表示...
外部参照
ResearcherID.COM (No.H-2667-2011)
研究者