研究者
吉田 英弘

ホーム > NIMSについて > 研究者 > 吉田 英弘
プロフィール
Last Update : 2012/08/28
Portrait
吉田 英弘 (ヨシダ ヒデヒロ)
物質・材料研究機構   機能性材料研究拠点 機能性粉体・セラミックス分野 外場制御焼結グループ   主幹研究員
メール: YOSHIDA.Hidehironims.go.jp
茨城県つくば市千現1-2-1 [交通アクセス]
研究者紹介冊子版
printImage
外部機関所属先
東京理科大学 基礎工学部材料工学科 客員准教授
研究分野
研究概要 セラミックスの粒界ナノ構造の制御を通して、ユニークな物理的・化学的特性を発現させる研究を行っています。
さまざまなナノアーキテクト技術を駆使し、粒界ナノ構造を操ることで、1000%以上伸びるセラミックスや透明なセラミックス、高温でも変形しにくいセラミックスを、より省資源・省エネルギーで製造することができるようになっています。
また、これらの基礎的知見を応用し、ジルコニアセラミックスの相変態挙動や、地球科学(下部マントルの塑性流動と微構造発達過程)に関する研究も行っています。
キーワード セラミックス,粒界,ナノ,透光性,クリープ,超塑性,イオン伝導,拡散,焼結,粒成長,相変態,微細組織,構造・機能材料,地球科学
出版物 2004年以降のNIMS所属における出版物を表示しています。
研究論文
  • H. Yoshida, K. Morita, B. Kim, K. Hiraga, K. Yamanaka, K. Soga and T. Yamamoto : “Low-Temperature Spark Plasma Sintering of Yttria Ceramics with Ultrafine Grain Size” J. Am. Ceram. Soc. 94[10] (2011) 3301-3307 DOI:10.1111/j.1551-2916.2011.04583.x
  • T. Hiraga, T. Miyazaki, M. Tasaka and H. Yoshida : “Mantle superplasticity and its self-made demise” Nature 468 (2010) 1091-1094 DOI:10.1038/nature09685
  • H YOSHIDA, K MORITA, B KIM and K HIRAGA : “Ionic conductivity of tetragonal ZrO2 polycrystal doped with TiO2 and GeO2” J. European Ceram. Soc. 29[3] (2009) 411-418 DOI:10.1016/j.jeurceramsoc.2008.06.016
全情報を表示...
会議録
  • H. Yoshida, K. Morita, B. Kim, K. Hiraga : “Grain Boundary Nanostructure and High Temperature Plastic Flow in Polycrystalline Oxide Ceramics” THERMEC' 2009 MATERIALS SCIENCE FORUM 638-642 (2010) 1731-1736
  • K. Hiraga, K. Morita, B. Kim, H. Yoshida : “Fracture toughness of a silica-doped cubic zirconia (8Y-CSZ)” THERMEC MATERIALS SCIENCE FORUM 638-342 (2010) 3846-3851
  • B. Kim, K. Hiraga, K. Morita, H. Yoshida : “Analysis of grain-boundary sliding with rotating particles” ICSAM 2009 KEY ENGINEERING MATERIALS 433 (2010) 305-310
全情報を表示...
口頭発表
  • 2012/08/19-24 : H. Yoshida, K. Morita, B. Kim, K. Hiraga : “Grain boundary nanostructure control for the improvement of high temperature ductility in oxide ceramics” International Conference on Strength of Materials ICSMA 16
  • 2011/08/28 - 2011/09/01 : H. Yoshida, M Kodo, K Soga, T Yamamoto : “Effect of Divalent Cation Doping on Sinterability of Polycrystalline Yttria” International Conference on Sintering 2011
  • 2010/12/13-17 : H. Yoshida, Y Ikuhara, T Sakuma : “Doping Effect on High-Temperature Plastic Flow in Fine-grained Alumina” 2010 AGU Fall Meeting
全情報を表示...
外部参照
ResearcherID.COM (No.H-2529-2011)
その他
受賞歴 日本金属学会第8回村上奨励賞(2011),第29回本多記念研究奨励賞(2008),日本セラミックス協会進歩賞(2005)
所属学会 日本金属学会,日本セラミックス協会,日本鉄鋼協会,American Ceramics Society
研究者