研究者
打越 哲郎

ホーム > NIMSについて > 研究者 > 打越 哲郎
プロフィール
Last Update : 2013/07/05
Portrait
打越 哲郎 (ウチコシ テツオ)
物質・材料研究機構   機能性材料研究拠点 機能性粉体・セラミックス分野 微粒子工学グループ   グループリーダー
メール: UCHIKOSHI.Tetsuonims.go.jp
電話: 029-859-2460
茨城県つくば市千現1-2-1 [交通アクセス]
研究者紹介冊子版
printImage
ホームページ
併任先
外部連携部門 NIMS-トヨタ次世代自動車材料研究センター
外部連携部門 LINKセンター センター長
外部機関所属先
北海道大学大学院総合化学院客員教授(連携講座)、法政大学大学院理工学研究科客員教授
研究分野
研究概要 コロイド化学に基づいた液中セラミックス粒子集積技術をベースに、強磁場、電場などの外場の作用を駆使して、配向、配列、積層、均一分散など組織微構造が自在に制御されたセラミックスの創製が可能なプロセス技術の確立を図る。特に、地球環境、エネルギー問題の解決に寄与するセラミックス材料系について、機能および力学特性を最大限に引き出すような組織微構造を理論的に予測、設計し、予測に基づいた組織を実際に作製して、特性向上をもたらす組織との関係を体系化する。
・セラミックス製造プロセスの科学的体系化 ・新規セラミックス製造法の開発 ・外場による組織微構造制御技術の確立 ・セラミックスナノ粒子合成とキャラクタリゼーション
キーワード 粉体の物理化学、コロイドプロセス、組織制御、強磁場プロセス
燃料電池、光触媒、太陽電池、磁性材料、サイアロン蛍光体、ゼオライト、セラミック多孔膜、機能性化粧品
出版物 2004年以降のNIMS所属における出版物を表示しています。
特許
  • 特許第3876311号 “セラミックス多孔体の製造方法” (2006)
  • 特許第3747240号 “電気伝導異方性を有する多結晶セラミックス焼結体とその製造方法” (2005)
  • 特許第3579710号 “セラミックス成形体の製造方法” (2004)
全情報を表示...
外部参照
ResearcherID.COM (No.H-2543-2011)
その他
受賞歴 日本セラミックス協会学術賞(2013)、粉体粉末冶金協会研究進歩賞(2012)、日本金属学会奨励賞(1994)
所属学会 日本セラミックス協会、無機マテリアル学会、粉体粉末冶金協会、日本金属学会
研究者