研究者
高際 良樹

ホーム > NIMSについて > 研究者 > 高際 良樹
プロフィール
Last Update : 2017/04/12
Portrait
高際 良樹 (タカギワ ヨシキ)
物質・材料研究機構   エネルギー・環境材料研究拠点 熱電材料グループ   主任研究員
メール: TAKAGIWA.Yoshikinims.go.jp
電話: 029-859-2811
茨城県つくば市千現1-2-1 [交通アクセス]
併任先
情報統合型物質・材料研究拠点 情報統合型材料設計分野 伝熱制御・熱電材料グループ 主任研究員
研究分野
研究概要 ユビキタス系熱電素子の創製
キーワード 熱電材料, バンド計算, 金属間化合物, Zintl化合物, 準結晶
researchPicture
ユビキタス系熱電材料探索のために、実験と理論計算を相補的に用いて研究を遂行しています。
具体的には、
1)電子構造・バンド構造・化学結合性から、熱電物性の予測・スクリーニング
2)対象物質の作製プロセスの最適化及び熱電物性評価
3)性能向上指針の構築
これらを通じて、環境低負荷・低コスト熱電素子の創製に注力します。
出版物 2004年以降のNIMS所属における出版物を表示しています。
研究論文
  • Y. Takagiwa, Y. Sato, A. Zevalkink, I. Kanazawa, K. Kimura, Y. Isoda, Y. Shinohara : “Thermoelectric properties of EuZn2Sb2 Zintl compounds: zT enhancement through Yb substitution for Eu” J. Alloy. Compd. 703 (2017) 73-79 DOI:10.1016/j.jallcom.2017.01.350
  • Y. Takagiwa, N. Kuroda, E. Imai, I. Kanazawa, H. Hyodo, K. Soga, K. Kimura : “Improvement in Thermoelectric Performance of Cu-doped β-Rhombohedral Boron” Mater. Trans. JIM 57[7] (2016) 1066-1069 DOI:10.2320/matertrans.MF201609
  • Y. Takagiwa, S. Utada, I. Kanazawa, K. Kimura : “MoSi2-type narrow band gap intermetallic compound Al6Re5Si4 as a thermoelectric material” J. Mater. Chem. C 3[40] (2015) 10422-10429 DOI:10.1039/c5tc01608h
全情報を表示...
口頭発表
  • 2017/03/17-20 : 高際良樹 : “実験と計算を組み合わせた擬ギャップ系・狭ギャップ系熱電材料の研究” 日本物理学会年次大会
  • 2017/02/10 : 高際良樹 : “準結晶および関連結晶の熱電物性” 第10回新機能無機物質探索研究センターシンポジウム
  • 2016/09/05-07 : 高際良樹, 佐藤直大, 北原功一, 木村薫 : “13 族-遷移金属からなる金属間化合物の熱電特性” 第13回日本熱電学会学術講演会
全情報を表示...
外部参照
ResearcherID.COM (No.J-4254-2015)
その他
受賞歴 [1] 東京大学大学院新領域創成科学研究科, 研究科長賞 [専攻首席修了](2009), [2] 日本熱電学会, 欧文論文賞(2011), [3] 日本熱電学会, 講演奨励賞(2011), [4] International Thermoelectric Society, The 2014 ITS Outstanding Poster Award(2014), [5] 日本熱電学会, 欧文論文賞(2015), [6] Elsevier, Outstanding Contribution in Reviewing, Journal of Alloys and Compounds (2015), [7] 日本物理学会, 第11回若手奨励賞(2017)
所属学会 日本物理学会, 日本金属学会, 日本熱電学会, International Thermoelectric Society
研究者