研究者
志波 光晴

ホーム > NIMSについて > 研究者 > 志波 光晴
プロフィール
Portrait
志波 光晴 (シワ ミツハル)
物質・材料研究機構   構造材料研究拠点   上席研究員
メール: SHIWA.Mitsuharunims.go.jp
電話: 029-859-2457
茨城県つくば市千現1-2-1 [交通アクセス]
研究者紹介冊子版
printImage
ホームページ
併任先
経営企画部門 経営戦略室 調査役
構造材料研究拠点 構造材料基盤技術分野 積層スマート材料グループ 上席研究員
構造材料研究拠点 SIP-鍛造ラボ 非破壊評価チーム 役職未定
構造材料研究拠点 SIP-インフラ構造材料ラボ 検出技術チーム 役職未定
研究分野
キーワード 非破壊評価、信頼性、余寿命
出版物 2004年以降のNIMS所属における出版物を表示しています。
研究論文
  • 伊藤海太, 山脇寿, 升田博之, 志波光晴, 榎 学 : “連続計測AE波形の解析によるSUS304薄板試験片の塩化物液滴SCCモニタリング” HIHAKAI KENSA 58[1] (2009) 25-29
  • M. Shiwa, Y. Furuya, H. Yamawaki, K. Ito and M. Enoki : “Fatigue Process Evaluation of Ultrasonic Fatigue Testing in High Strength Steel Analyzed by Acoustic Emission and Non-Linear Ultrasonic” J. Jpn. Inst. Met. 73[3] (2009) 205-210 DOI:10.2320/jinstmet.73.205
  • M. Shiwa, H. Yamawaki, H. Masuda, itoh kaita, enoki manabu : “AE Signals Analysis During Chloride Droplet SCC on Thin Plate of SUS304 Steel” STRENGTH FRACTURE AND COMPLEXITY 5[2-3] (2009) 109-116
全情報を表示...
会議録
  • M. Shiwa, K. Itoh, H. Masuda, Y. Adachi, H. Yamawaki, M. Ojima, M. Enoki : “塩化マグネシウム液滴の腐食・SCC試験時のAE特性” 第17回 超音波による非破壊評価シンポジウム 第17回 超音波による非破壊評価シンポジウム講演論文集 17 (2010) 111-116
  • M. Watanabe, S. Kuroda, M. Shiwa, H. Yamawaki : “テラヘルツ波によるコーティング材の非破壊評価” 安全・安心な社会を築く先進材料・非破壊計測技術シンポジウム 安全・安心な社会を築く先進材料・非破壊計測技術シンポジウム講演論文集 21 (2010) 85-90
  • M. Shiwa, K. Itoh, H. Yamawaki, H. Masuda, M. Enoki : “Acoustic emission signal analysis of MgCl2 droplet corrosion and stress corrosion testing in stainless steels” The 4th Japan-U.S. Symposium Emerging NDE Capabilities for a Saf Proceedings in the 4th Japan-U.S. Symposium Emerging NDE Capabilities for a Safer World 2010[2010] (2010) 312-317
全情報を表示...
口頭発表
  • 2009/12/03-05 : 渡邊誠, 黒田聖治, 山脇寿, 志波光晴 : “テラヘルツ波による耐熱コーティング材の非破壊評価に関する研究” 日本溶射協会 第90回(2009年度秋季) 全国講演大会
  • 2009/10/22-23 : M. Watanabe, M. Shiwa, T. I., S. N. : “THz-TDS Non-Destructive Evaluation in New Material Development” テラヘルツ分光法の最先端Ⅲ 〜テラヘルツ領域の次世代技術と高感度
全情報を表示...
特許 全情報を表示...
外部参照
ResearcherID.COM (No.H-2690-2011)
研究者