研究者
長田 俊郎

ホーム > NIMSについて > 研究者 > 長田 俊郎
プロフィール
Last Update : 2015/02/03
Portrait
長田 俊郎 (オサダ トシオ)
物質・材料研究機構   構造材料研究拠点 輸送機材料分野 高強度材料グループ   主任研究員
メール: OSADA.Toshionims.go.jp
電話: 029-859-2208
茨城県つくば市千現1-2-1 [交通アクセス]
研究者紹介冊子版
printImage
併任先
構造材料研究拠点 SIP-鍛造ラボ Ni合金チーム
研究分野
研究概要 研究テーマ:マルチスケールでの組織・強度設計による次世代耐熱材料の創生   ナノインデンテーション法や数値シミュレーションと連携し,構造材料の組織・強化機構をマルチスケールで設計・制御することで,ジェットエンジンやガスタービンの高効率化に大きく寄与する新たな耐熱材料を創生します.特に,国内において生産・実用化が期待されているNIMS開発タービンディスク用鍛造超合金,Ni-Co基超合金の組織制御法の開発及び強化機構の解明を試みます.更に,人体における緻密骨が持つ“自己治癒”という全く新しい概念を,構造材料の強度設計に取り込むことで(バイオミメティクス),使用中に万が一き裂が発生しても破断しない,新たな耐熱セラミックスの創生に挑戦します.
キーワード 材料強度学,破壊力学,材料工学,自己治癒材料,Ni基超合金,表面改質
researchPicture
出版物 2004年以降のNIMS所属における出版物を表示しています。
研究論文
  • T. Osada, W. Nakao, K. Takahashi, K. Ando : “Self crack-healing behavior in ceramic-matrix composites” Advances in ceramics matrix composites (2014) 410-441 DOI:10.1533/9780857098825.2.410
  • T. Osada, Y. Gu, N. Nagashima, Y. Yuan, T. Yokokawa, H. Harada : “Optimum microstructure combination for maximizing tensile strength” Acta Mater. 61[2013] (2013) 1820-1829 DOI:10.1016/j.actamat.2012.12.004
  • 長田俊郎, 佐野 勇人, 高橋宏治 : “有限要素法を用いた疲労き裂進展下限界に及ぼす過大荷重効果のモデル化” TRANSACTIONS OF THE JAPAN SOCIETY OF MECHANICAL ENGINEERS SERIES A 79[802] (2013) 716-720 DOI:10.1299/kikaia.79.716
全情報を表示...
会議録
  • T. Osada : “Kinetic Model for Self-Crack-Healing in Ceramics and Possibility of Turbine Blade Applications” International Conference on Self-Healing Materials 2013 Proceeding of ICSHM2013 (2013) 573-577
  • T. Osada, Y. Gu, N. Nagashima, Y. Yuan, T. Yokokawa, H. Harada : “New quantitative analysis of contributing factors to strength of disk superalloys” 12th International Symposium on Superalloys Supperalloy2012 Proceedings of the 12th International Symposium on Superalloys (2012) 121-128
  • T. Osada, Y. Gu, N. Nagashima, Y. Yuan, T. Yokokawa, H. Harada : “Ni-Co基鋳鍛造超合金におけるミクロ組織制御法及び強化因子の定量的解析” 耐熱金属材料第123委員会 耐熱金属材料第123委員会報告書 52[3] (2011) 405-414
全情報を表示...
口頭発表
  • 2013/08/29-31 : 長田俊郎, 原田広史, 谷月峰, 中尾航 : “航空機エンジン用次世代耐熱材料の開発と今後の展望” 高温強度と組織形成の材料科学研究会 「平成25年夏の学校」
  • 2013/07/16-18 : T. Osada, Y. Gu, N. Nagashima, Y. Yuan, H. Harada, T. Ohmura : “Grain Boundary Strengthening in Ni-Co base Polycrystalline Superalloy” International symposium on Strength of Fine Grained Materials
  • 2011/11/07-09 : 長田俊郎, 谷月峰, 長島伸夫, YUANYong, 横川忠晴, 原田広史 : “Ni-Co基鍛造超合金のミクロ組織とその強化挙動” 日本金属学会 2011年秋季大会
全情報を表示...
特許
  • 特開2011-236450号 “アニーリングツインを含有するニッケル基耐熱超合金と耐熱超合金部材” (2011)
  • No. US20130316891A1 “OXIDE MATRIX COMPOSITE MATERIAL” (2013)
  • No. US20130167687A1 “NICKEL ALLOY” (2013)
全情報を表示...
外部参照
ResearcherID.COM (No.D-3226-2014)
その他
受賞歴 日本鉄鋼協会研究奨励賞(2015), 日本機械学会優秀講演賞(2014), 日本高圧力技術協会科学技術奨励賞(2014), 日本金属学会優秀ポスター賞(学生)(2013), 日本ばね学会優秀ポスター賞(学生)(2012), 日本金属学会奨励賞(工業材料部門)(2011), 日本金属学会若手講演論文賞(2011), Award for Best Poster the 1st International Cluster for Structural Materials Symposium(2010), 日本材料学会最優秀発表賞(2008) Durability Prize Engineering Integrity Society(2007)
所属学会 日本金属学会, 日本機械学会、日本鉄鋼協会、日本MRS、新化学技術推進協会
研究者