研究者
岡田 勝行

ホーム > NIMSについて > 研究者 > 岡田 勝行
プロフィール
Portrait
岡田 勝行 (オカダ カツユキ)
物質・材料研究機構   機能性材料研究拠点 電気・電子分野 電子セラミックスグループ   主幹研究員
メール: OKADA.Katsuyukinims.go.jp
茨城県つくば市並木1-1 [交通アクセス]
研究者紹介冊子版
printImage
研究分野
キーワード ナノクリスタルダイヤモンド、低圧誘導結合プラズマ、CVD
出版物 2004年以降のNIMS所属における出版物を表示しています。
研究論文
  • K. Okada : “Plasma-Enhanced Chemical Vapor Deposition of Nanocrystalline Diamond” Sci. Tech. Adv. Mat. 8[7-8] (2007) 624-634
  • S. Komatsu, D. Kazami, H. Tanaka, Y. Shimizu, Y. Moriyoshi, M. Shiratani and K. Okada : “Boron nitride microfibers grown by plasma-assisted laser chemical vapor deposition without a metal catalyst” Appl. Phys. Lett. 88[15] (2006) 151914-1 DOI:10.1063/1.2188381
  • S. Komatsu, D. Kazami, H. Tanaka, Y. Moriyoshi, M. Shiratani and K. Okada : “Fractal growth of sp[sup 3]-bonded 5H-BN microcones by plasma-assisted laser chemical vapor deposition” J. Appl. Phys. 99[12] (2006) 123512-1 DOI:10.1063/1.2205612
全情報を表示...
書籍
  • K. Okada : “Plasma chemical vapor deposition of nanocrystalline diamond” Encyclopedia of Nanoscience and Nanotechnology (2003)
全情報を表示...
会議録
  • K. Okada : “Plasma-Enhanced Chemical Vapor Deposition of Nanocrystalline Diamond” 1st South Africa COE-SM & NIMS Workshop Proceedings of 1st South Africa COE-SM & NIMS Workshop 1[1] (2009) 1-2
  • K. Okada : “Growth of Nanostructured Diamond Diamond-Like Carbon and Carbon Nanotubes in a Low Pressure Inductively Coupled Plasma” プラズマ科学シンポジウム2009/第26回プラズマプロセシング研究会 Proceedings of PSS-2009/SPP-26 1[1] (2009) 210-211
  • K. Okada : “Growth of Nanostructured Diamond Carbon Nanotubes and Carbon Nanocapsules in a Low Pressure Inductively Coupled Plasma” ISSP 2009 Proceedings of ISSP 2009 1[1] (2009) 115-118
全情報を表示...
口頭発表
  • 2009/03/30 - 2009/04/02 : 岡田勝行 : “低圧誘導結合プラズマによるナノ構造ダイヤモンド・ダイヤモンド状炭素・カーボンナノチューブの合成” 第56回応用物理学関係連合講演会
  • 2008/05/07-09 : 岡田勝行 : “低圧誘導結合プラズマCVDにより合成されたナノクリスタルダイヤモンドの粒子の表面構造解析” 第6回ナノ学会
  • 2007/09/04-08 : 岡田勝行, 小松正二郎, 松本精一郎 : “ナノ構造カーボン合成用低圧誘導結合VHFプラズマの診断” 第68回応用物理学会学術講演会
全情報を表示...
特許
  • 特許第3783057号 “電界電子放出特性を利する自己造形的表面形状を有するsp3結合性窒化ホウ素薄膜とその製造方法及びその用途” (2006)
全情報を表示...
外部参照
ResearcherID.COM (No.H-2759-2011)
研究者