研究者
西野 正理

ホーム > NIMSについて > 研究者 > 西野 正理
プロフィール
Last Update : 2012/07/25
Portrait
西野 正理 (ニシノ マサミチ)
物質・材料研究機構   MANA ナノセオリー分野 材料特性理論グループ   主幹研究員
メール: NISHINO.Masamichinims.go.jp
電話: 029-860-4966
茨城県つくば市並木1-1 [交通アクセス]
研究者紹介冊子版
printImage
ホームページ
併任先
磁性・スピントロニクス材料研究拠点 元素戦略磁性材料研究拠点 電子論グループ 主幹研究員
外部機関所属先
CNRS-Université de Versailles(客)
研究分野
キーワード 相転移、非平衡現象、スピン、電子状態、磁場、光、メモリーデバイス
出版物 2004年以降のNIMS所属における出版物を表示しています。
研究論文
  • M. Nishino, K. Boukheddaden and S. Miyashita : “Molecular dynamics study of thermal expansion and compression in spin-crossover solids using a microscopic model of elastic interactions” Phys. Rev. B 79[1] (2009) 012409-1 DOI:10.1103/PhysRevB.79.012409
  • M. Nishino, K. Boukheddaden, Y. Konishi and S. Miyashita : “Simple Two-Dimensional Model for the Elastic Origin of Cooperativity among Spin States of Spin-Crossover Complexes” Phys. Rev. Lett. 98[24] (2007) 247203-1 DOI:10.1103/PhysRevLett.98.247203
  • M. Nishino, K. Boukheddaden, S. Miyashita and F. Varret : “Clustering of high-spin molecules in spin-crossover systems and magnetic ordering in temperature cycling processes” Phys. Rev. B 74[21] (2006) 214416-1 DOI:10.1103/PhysRevB.74.214416
全情報を表示...
書籍
  • 西野正理 : “磁場や光により誘起される物性発現” 物性量子化学入門 (講談社) (2004)
全情報を表示...
会議録
  • M. Nishino, Kamel Boukheddaden, Seiji Miyashita, Francois Varret : “Dynamical properties of photoinduced phenomena in spin-crossover systems from the view point of elastic interactions” PIPT2008 Journal of Physics: Conference Series 148 (2009) 012034-1
  • Seiji Miyashita, M. Nishino, Yusuke Konishi, Hiroko Tokoro, Kamel Boukheddaden, Francois Varret, Per A. Rikvold : “New type of ordering process with volume change of molecule in the spin-crossover transition and new aspects of dynamical processes” 第3回 光誘起相転移現象に関する国際会議(PIPT2008) Journal of Physics: Conference Series 148 (2009) 012027-1
  • M. Nishino : “Relaxation dynamics of two-step spin crossover” International Conference on Molecule-based Magnets Polyhedron 24[17] (2005) 2852-2856
全情報を表示...
口頭発表
  • 2009/12/08-10 : 西野正理 : “Dynamical properties of nucleation and clustering in spin-crossover solids” JST/CREST 第4回量子情報ワークショップ
  • 2009/10/28-31 : M. Nishino : “Dynamical properties of nucleation in spin-crossover solids---Elastic interactions and intrinsic effects of the system boundary ---” 5th International Symposium on Molecular Materials: Electronics
  • 2009/09/25-28 : 西野正理, 宮下精二, K. Boukheddaden, F. Varret : “光誘起相転移現象を示すスピンクロスオーバー系のヒステリシス現象の特徴” 日本物理学会 2009 秋季大会
全情報を表示...
外部参照
ResearcherID.COM (No.H-2523-2011)
その他
所属学会 日本物理学会、日本化学会
研究者