研究者
中西 尚志

ホーム > NIMSについて > 研究者 > 中西 尚志
プロフィール
Last Update : 2014/08/29
Portrait
中西 尚志 (ナカニシ タカシ)
物質・材料研究機構   MANA ナノマテリアル分野 フロンティア分子グループ   グループリーダー
メール: NAKANISHI.Takashinims.go.jp
電話: 029-860-4740
茨城県つくば市千現1-2-1 [交通アクセス]
研究者紹介冊子版
printImage
研究分野
研究概要 機能性分子の自己組織化を精密に制御することで、様々な形状、モルフォロジーの有機材料の創製を行っています。 最近のトピックとしては、不揮発性、低粘性、発光性の常温液状材料の開発に成功しました。
キーワード 高分子化学 機能物質化学
researchPicture 有機分子のソフトな利点を活かした機能性有機材料の創製を目指しています。
特に光機能や半導体機能を司るパイ共役系分子を材料の基礎成分とし、その分子間相互作用そして自己組織化を、導入するアルキル鎖(直鎖や分岐鎖)によって巧みに制御する戦略を用いることで、ナノサイズからバルクスケールまでを網羅し、様々なモルフォロジー(形態、次元性)の有機材料を創出するに至った。
これまでに、常温液状の発光性液体材料、太陽電池に応用可能な光導電性材料、優れた環境耐性を示す超撥水性薄膜などの創製に成功している。
出版物 2004年以降のNIMS所属における出版物を表示しています。
研究論文
  • H. Martin James, Maciej Karny, Paul H. H. Bomans, Nico A. J. M. Sommerdjik, Akinori Saeki, Shu Seki, Hiroyuki Minamikawa, Isabelle Grillo, B.R. Pauw, Paul Brown, Julian Eastoe, Helmuth Möhwald, T. Nakanishi : “Directed assembly of optoelectronically active alkyl – π-conjugated molecules by adding n-alkanes or π-conjugated specie” NATURE CHEMISTRY 6[8] (2014) 690-696 DOI:10.1038/NCHEM.1977
  • S. Sukumaran, H. Martin James, J. Aimi, H. Ozawa, Akinori Saeki, Shu Seki, Kenji Kobayashi, Keita Hagiwara, Michito Yoshizawa, Helmuth Moehwald, T. Nakanishi : “Nonvolatile liquid anthracenes for facile full-colour luminescence tuning at single blue-light excitation” Nat. Commun 4 (2013) 1969-1 DOI:10.1038/ncomms2969
  • T. Nakanishi : “Supramolecular soft and hard materials based on self-assembly algorithms of alkyl-conjugated fullerenes” Chem. Commun. 46[20] (2010) 3425-3436 DOI:10.1039/c001723j
全情報を表示...
書籍
  • Y. Shen, T. Nakanishi : “Exotic Self-organized Fullerene Materials Based on Uncommon Hydrophobic-Amphiphilic Approach” Structure and Bonding159 Fullerenes and Other Carbon-Rich Nanomaterials (2014) DOI:10.1007/430_2013_114
全情報を表示...
会議録
  • T. Nakanishi : “Hierarchically organized soft-materials based on fullerenes” The IUMRS International Conference in Asia 2008 JOURNAL OF PHYSICS: CONFERENCE SERIES 159 (2009) 012005-1
  • T. Nakanishi, K. Ariga : “Electron Transfer Reactions of Electronics Molecules Embedded in Cationic Lipid Films” 第15回日本MRS学術シンポジウム TRANSACTIONS OF THE MATERIALS RESEARCH SOCIETY OF JAPAN 30[1] (2005) 139-142
全情報を表示...
口頭発表
  • 2014/06/04-07 : T. Nakanishi : “Functional Macromolecular Liquids as A NewType of Liquid Matter” 6th Internationak Symposium on Polymer Chemistry (PC2014)
  • 2011/09/05-08 : T. Nakanishi : “SUPRAMOLECULAR MATERIALS DEVELOPED VIA SOPHISTICATED MOLECULAR SELF-ASSEMBLY” 14th Asian Chemical Congress 2011
  • 2011/05/01-06 : Y. Shen, T. Nakanishi : “Nanocarbon Assemblies for Photovoltaics” 219th ECS Meeting
全情報を表示...
特許
  • No. US20100019205A1 “Liquid Fullerene Derivative, Method for Producing the Same, and Device Using the Same” (2010)
  • 特許第5268742号 “撥水性超分子組織体およびその製造方法” (2013)
  • 特許第5445991号 “ナノフレーク状金属複合材料、その製造方法および表面増強ラマン散乱活性基板” (2014)
全情報を表示...
外部参照
ResearcherID.COM (No.B-7276-2011)
その他
受賞歴 文部科学大臣表彰若手科学者賞(2012), 物質・材料研究機構理事長賞研究奨励賞(2010), 日本化学会進歩賞(2010), Award for Encouragement of Research of Materials Science, The IUMRS International Conference in Asia(2008), コロイドおよび界面化学部会第7回科学奨励賞(2008), The Best Poster Award, E-MRS 2008 Spring Meeting(2008), 高分子研究奨励賞(2008), 第60回コロイドおよび界面化学討論会ポスター賞(2007), 日本化学会第87春季年会若い世代の特別講演賞(2007), 第59回コロイドおよび界面化学討論会注目論文(2006), 第52回高分子研究発表会(神戸) ヤングサイエンティスト講演賞(2006), 物質・材料研究機構物質研究所研究奨励賞(2006), 第16回日本MRSシンポジウム奨励賞(2005), 第58回コロイドおよび界面化学討論会ポスター賞(2005), 日本学術振興会特別研究員PD(2001), 日本学術振興会特別研究員DC1(1998),第6回高分子・繊維若手研究者賞, 第35回化学関連支部合同九州大会高分子・繊維化学分野(1998)
所属学会 日本化学会 コロイドおよび界面化学部会, 高分子学会, American Chemical Society, The Electrochemical Society, 応用物理学会
研究者