研究者
森 利之

プロフィール
Last Update : 2017/05/30
Portrait
森 利之 (モリ トシユキ)
物質・材料研究機構   エネルギー・環境材料研究拠点   上席研究員
メール: MORI.Toshiyukinims.go.jp
茨城県つくば市並木1-1 [交通アクセス]
研究者紹介冊子版
printImage
ホームページ
併任先
エネルギー・環境材料研究拠点-ナノ材料科学環境拠点 電池分野 固体酸化物形燃料電池材料設計グループ GREENリーダー
<外部連携部門 NIMSオープンイノベーションセンター 電池材料オープンラボ 役職未定
外部機関所属先
筑波大学 大学院数理物質科学研究科 学際物質科学研究センター 客員教授
研究分野
研究概要  燃料電池は、水素と酸素から電気を生みだすクリーンで効率のよい発電デバイスであり、固体電解質や電極材料は、このデバイスの中でも中心となる材料です。そこで、持続可能社会の形成にために、燃料電池におけるキーマテリアルである、高性能固体電解質と電極材料の高性能化が強く望まれています。
 ただし、私たちの社会において、この燃料電池を用いるためには、性能の他にも、安定性や信頼性を向上させる必要があります。こうした要素を兼ね備えた燃料電池材料を設計するために、燃料電池内のナノ構造の特徴を原子スケールで注意深く設計していく必要があります。
 本研究においては、蛍石形酸化物系固体電解質内部に粒内、粒界、電解質・電極界面のナノ構造を、分析電子顕微鏡、光電子分光法などを使い、詳細に解析し、そのデータをもとに、バルク中のナノドメイン構造または表面における欠陥クラスター構造の改善などを行うことにより、固体電解質性能や、電極性能が、改善できることを明らかにしました。また、カソード上の酸素還元反応活性やアノードのCO被毒耐性も、Pt-CeOx系電極(カソード及びアノード)上にCe-O-Pt界面を形成させることで達成できることが分かってきました。
 以上のことから、近い将来、こうした燃料電池材料のナノ構造設計手法が、燃料電池分野における大きなブレークスルーをもたらすものと私たちは期待しています。

 森の研究業績については、Google scholar をご参照ください。
 Google scholar検索ワード: Toshiyuki MORI NIMS
 森 利之の論文リスト、被引用件数(times cited)、及び
 科学者の研究に対する相対的な貢献度を示すh-idexが表示されます。
キーワード 燃料電池材料、環境技術・環境材料、 ナノ構造科学
researchPicture
出版物 2004年以降のNIMS所属における出版物を表示しています。
研究論文
  • N. Tsud, T. Skála, K. Mašek, P. Hanyš, M. Takahashi, H. Suga, T. Mori, H. Yoshikawa, M. Yoshitake and K. Kobayashi : “Photoemission study of the tin doped cerium oxide thin films prepared by RF magnetron sputtering” Thin Solid Films 518[8] (2010) 2206-2209 DOI:10.1016/j.tsf.2009.07.128
  • M YAN, T MORI, J ZOU, F YE, D OU and J DRENNAN : “TEM and XPS analysis of CaxCe1-xO2-y (x=0.05–0.5) as electrolyte materials for solid oxide fuel cells” Acta Mater. 57[3] (2009) 722-731 DOI:10.1016/j.actamat.2008.10.014
全情報を表示...
書籍
  • T. Mori, W. Yarong, D. R. Ou, F. Ye, JD, HK : “Influence of microstructure on oxide ionic conductivity in DyxCe1-xO2-x/2 (x=0.1-0.25) system” Materials Processing for Properties and Performance (MP3) Volume 4 (2005)
  • J. Kim, T. Mori, IH : “Organic-Inorganic proton conductor materials for fuel cell” Materials Processing for Properties and Performance (MP3) Volume4 (2005)
  • M. Takahashi, T. Mori, A. Vinu, K. Ariga, J. Kim, HK, JD : “Preparation and characterization of Pt-CeO2 electrodes supported by conductive carbon materials for direct methanol fuel cell applications” Materials Processing for Properties and Performance (MP3) Volume4 (2005)
全情報を表示...
会議録
  • F. Ye, T. Mori, D. R. Ou, J. Zou, J. Drennan, M. Miyayama : “Effect of Ni Diffusion on the Microstructure of Gadolinium-Doped Ceria (GDC) Electrolyte Film Supported by Ni-GDC Cermet Anode” The IUMRS International Conference in Asia 2008 Transactions of the MRS-J(国際会議特集号論文) 35[2] (2010) 401-404
  • J. Kim, M. Ohnuma, C. Nishimura, T. Mori : “Small-angle X-ray scattering and proton conductivity of anhydrous nafion-blend membranes for high temperature PEFCs” 216th ECS meeting ECS TRANSACTIONS 25[1] (2009) 405-414
  • F. Ye, T. Mori, D. R. Ou, J. Zou, J. Drennan : “Improvement of Ionic Conductivity of Gadolinium-doped ceria by Microstructure Design” The 26th International Japan-Korea Seminar on Ceramics The 26th International Japan-Korea Seminar on Ceramics (2009) 73-75
全情報を表示...
口頭発表
  • 2010/07/04-09 : G. James, J. Hill, Y. Wakayama, F. D’Souza, T. Mori, K. Ariga : “Pyrazinacenes : Aza Analogues of Acenes” ICSM 2010
  • 2009/12/24-25 : 森利之, 葉飛 : “ナノイオニクスバルク体の創製に関する研究” 科研費特定領域研究(ナノイオニクス)最終全体研究発表会
  • 2009/12/14-15 : T. Mori, F. Ye, D. R. Ou : “Desing of nano-structured solid electrolyte for fuel cell application” Key Materials for Fuel Cell
全情報を表示...
特許
  • 特許第4106442号 “均一微細構造を持つDyドープナノセリア系焼結体の製造方法” (2008)
  • 特許第4092101号 “低温結晶化・高比表面積を有するホーランダイト型化合物粉末の製造方法” (2008)
  • 特許第3950966号 “溶存酸素濃度の制御方法” (2007)
全情報を表示...
外部参照
ResearcherID.COM (No.H-2920-2011)
その他
受賞歴 1) Australia Academy of Science Award (August.1999) (受賞者: 森 利之) 2) 注目発明表彰(文部科学省) (水質浄化触媒及びその製造方法, 2001, 4月) (受賞者: 森 利之, 藤本憲二郎, 渡辺 遵) 3) IU-MRS (第7回エコマテリアル国際会議) 最優秀ポスター発表表彰(2005年7月6日) 受賞発表:“Oxide supported Pd catalyst for low temperature catalytic CO oxidation” 受賞者:Libor Sedlacek, 森 利之, 高橋 基, Iva Matolinova, and Vladimir Matolin 4) IU-MRS (ICMAT2007) 最優秀ポスター発表表彰(2007年7月6日) 受賞発表:“Study of Rh doped SnO2 nano-catalyst for low temperature CO oxidation” 受賞者:Petr Hanys, 森 利之, 高橋 基,Vladimir Nehasil, and Vladimir Matolin 5) SSI(第16回固体イオニクス学会国際会議) 最優秀ポスター発表表彰(2007年7月6日) 受賞発表:“Intreganular segregation of dopant cations and ordering of oxygen vacancies in gadolinium doped ceria” 受賞者:Fei Ye, 森 利之, Ding Rong Ou, Jin Zou, and John Drennan 6) 第12回 固体イオニクス学会 アジア会議 最優秀ポスター発表表彰(2010年5月6日) 受賞発表:“Dislocation associated incubational domain formation in lightly gadolinium-doped ceria” 受賞者:Zhipeng Li, 森 利之, Fei Ye, DingRong Ou, Jin Zou, John Drennan
所属学会 電気化学会(米国)、マテリアルリサーチソサエティー(米国) 、日本マテリアルリサーチソサエティー、 日本セラミックス協会、 日本化学会、固体イオニクス、
研究者