研究者
川添 直輝

ホーム > NIMSについて > 研究者 > 川添 直輝
プロフィール
Last Update : 2014/06/18
Portrait
川添 直輝 (カワゾエ ナオキ)
物質・材料研究機構   MANA ナノライフ分野 生体組織再生材料グループ   主幹研究員
メール: KAWAZOE.Naokinims.go.jp
茨城県つくば市並木1-1 [交通アクセス]
研究者紹介冊子版
printImage
ホームページ
研究分野
キーワード パターン化、高分子、幹細胞制御
出版物 2004年以降のNIMS所属における出版物を表示しています。
研究論文
  • W. Dai, N. Kawazoe, X. Lin, J. Dong and G. Chen : “The influence of structural design of PLGA/collagen hybrid scaffolds in cartilage tissue engineering” Biomaterials 31[8] (2010) 2141-2152 DOI:10.1016/j.biomaterials.2009.11.070
  • N. Kawazoe, Xiaoting Lin, T. Tateishi and Guoping Chen : “Three-dimensional Cultures of Rat Pancreatic RIN-5F Cells in Porous PLGA-collagen Hybrid Scaffolds” J. Bioact. Compat. Polym. 24[1] (2009) 25-42 DOI:10.1177/0883911508099439
  • M. J. Wozniak, N. Kawazoe, T. Tateishi and G. Chen : “Monitoring of mechanical properties of serially passaged bovine articular chondrocytes by atomic force microscopy” Micron 40[8] (2009) 870-875 DOI:10.1016/j.micron.2009.06.002
全情報を表示...
会議録
  • N. Kawazoe, H. Lu, X. Jin, T. Tateishi, J. Chang, G. Chen : “Osteogenic Differentitation of Mesenchymal Stem Cells on Hardystonite (Ca2ZnSi2O7) Ceramic” 9th Asian BioCeramics Symposium (ABC2009) Proceedings of the 9th Asian BioCeramics Symposium 9 (2009) 275-278
  • G. Chen, N. Kawazoe, T. Tateishi : “再生医療のための高分子材料の開発” 第47回日本生体医工学会大会 第47回日本生体医工学会大会論文集 CD-ROM (2008) 172-173
  • G. Chen, N. Kawazoe, T. Tateishi : “再生医療のための高分子多孔質基盤材料の開発” 分子ナノテクノロジー174委員会 第25回研究会 分子ナノテクノロジー第174委員会 第25回研究会資料 (2008) 7-12
全情報を表示...
口頭発表
  • 2010/03/18-19 : 干場隆志, 川添直輝, 立石哲也, 陳国平 : “脂肪分化模倣型マトリックスによる間葉系幹細胞の機能制御” 第9回日本再生医療学会総会
  • 2010/03/18-19 : 干場隆志, 川添直輝, 立石哲也, 陳国平 : “骨分化過程で産生した細胞外マトリックスによる間葉系幹細胞の分化制御の解析” 第9回日本再生医療学会大会
  • 2010/03/18-20 : 川添直輝, 呂宏旭, 郭立坤, 立石哲也, 陳国平 : “高分子マイクロパターン状固定化基板を用いたヒト間葉系” 第9日本再生医療学会総会
全情報を表示...
外部参照
ResearcherID.COM (No.H-2817-2011)
研究者