研究者
板倉 明子

ホーム > NIMSについて > 研究者 > 板倉 明子
プロフィール
Last Update : 2017/02/13
Portrait
板倉 明子 (イタクラ アキコ)
物質・材料研究機構   先端材料解析研究拠点 原子構造物性分野 表界面物理計測グループ   グループリーダー
メール: ITAKURA.Akikonims.go.jp
電話: 029-859-2841
茨城県つくば市千現1-2-1 [交通アクセス]
研究者紹介冊子版
printImage
併任先
人材部門 人材開発・大学院室 男女共同参画アドバイザー
研究分野
キーワード Surface stress, Thin film, Sensing,
出版物 2004年以降のNIMS所属における出版物を表示しています。
研究論文
  • Y. Kamon, Y. Kitayama, A. Itakura, K. Fukazawa, K. Ishihara, T. Takeuchi : “Synthesis of Grafted Phosphorylcholine Polymer Layers as Specific Recognition Ligands for C-Reactive Protein via Optimization of” Phys. Chem. Chem. Phys. 17[15] (2015) 9951-9958 DOI:10.1039/c5cp00469a
  • 宮内直弥, 鈴木 真司, 高木 祥示, 後藤 哲二, 村瀬義治, 板倉明子 : “ステンレス表面上の透過水素分布の観察” JOURNAL OF THE VACUUM SOCIETY OF JAPAN 58[10] (2015) 387-391
  • Masaya Toda, Yun Chen, Sebastian Nett, A. Itakura, Joshen Gutemann, Ruediger Berger : “Thin Polyelectrolyte Multilayers Made by Inkjet Printing and Their Characterization by Nanomechanical Cantilever Sensors” J. Phys. Chem. C 118[15] (2014) 8071-8078 DOI:10.1021/jp501464j
全情報を表示...
書籍
  • 板倉明子 : “真珠はどうしてさまざまな色に輝く?” すごいぞ!身のまわりの表面科学(ブルーバックス) (2015)
  • 板倉明子 : “四重極質量分析計とリークチェック” 現代表面科学シリーズ 問題と解説で学ぶ表面科学 (2013)
全情報を表示...
会議録
  • A. Itakura, Shinji Suzuki, Shoji Takagi, Y. Murase, M. Tosa : “SURFACE STRESS EVOLUTION DURING HYDROGEN IRRADIATION ON METALS” 11th Annual International Workshop on Nanomechanical Sensing Proceedings of NMC 2014 (2014) 222-223
  • A. Itakura, A. Grinevich, TodaMasaya, BergerRuediger : “カンチレバーを用いた高分子薄膜のヤング率測定” 第51回材料工学連合講演会 第51回日本学術会議材料工学連合講演会講演論文集 (2007) 65-66
全情報を表示...
口頭発表
  • 2014/11/02-06 : A. Itakura, Y. Kitayama, Toshibumi Takeuchi : “Development a new technique for molecular sensing” The 7th International Symposium on Surface Science (ISSS-7)
  • 2014/09/08-12 : A. Itakura, Shinji Suzuki, Shoji Takagi, Y. Murase, M. Tosa : “Surface Processing Effect on Hydrogen Desorption from Stainless Steel” 13th Europian Vacuum Conference and 7th Europian Topical Confer
  • 2014/06/06-09 : A. Itakura, Masaya Toda, Ruediger Berger : “Gas sensing by micro cantilever and thin film” BIT’s 4th World Congress of Advanced Materials 2014
全情報を表示...
特許
  • 特許第3950951号 “欠陥性表面応力の緩和方法” (2007)
  • 特許第3924610号 “自己組織単分子膜をからなるステンシルマスクおよびステンシルマスクを用いる微細加工方法” (2007)
  • 特許第4930940号 “薄膜のヤング率相当の機械特性の測定方法とそれに用いる装置” (2012)
全情報を表示...
外部参照
ResearcherID.COM (No.H-2553-2011)
その他
所属学会 日本表面科学会、日本真空学会、日本物理学会
研究者