研究者
古谷 佳之

ホーム > NIMSについて > 研究者 > 古谷 佳之
プロフィール
Last Update : 2017/02/13
Portrait
古谷 佳之 (フルヤ ヨシユキ)
物質・材料研究機構   構造材料研究拠点 材料信頼性分野 疲労特性グループ   主席研究員
メール: FURUYA.Yoshiyukinims.go.jp
電話: 029-859-2298
茨城県つくば市千現1-2-1 [交通アクセス]
研究者紹介冊子版
printImage
併任先
構造材料研究拠点 SIP-鍛造ラボ Ti合金チーム
統合型材料開発・情報基盤部門 SIP-MIラボ 疲労能予測チーム チームリーダー
経営企画部門 経営戦略室 運営主席
研究分野
キーワード 機械材料・材料力学
出版物 2004年以降のNIMS所属における出版物を表示しています。
研究論文
  • 竹内悦男, 古谷佳之, 長島伸夫, 松岡三郎 : “Ti-6Al-4V合金のギガサイクル疲労特性における応力比の影響” Tetsu To Hagane-J. Iron Steel Inst. Jpn. 96[1] (2010) 36-41 DOI:10.2355/tetsutohagane.96.36
  • M. Shiwa, Y. Furuya, H. Yamawaki, K. Ito and M. Enoki : “Fatigue Process Evaluation of Ultrasonic Fatigue Testing in High Strength Steel Analyzed by Acoustic Emission and Non-Linear Ultrasonic” J. Jpn. Inst. Met. 73[3] (2009) 205-210 DOI:10.2320/jinstmet.73.205
  • 古谷佳之, 阿部孝行 : “高強度鋼の疲労特性に及ぼす応力比の影響” Tetsu To Hagane-J. Iron Steel Inst. Jpn. 95[4] (2009) 378-383
全情報を表示...
書籍
  • 阿部孝行, 古谷佳之 : “10億回の繰り返し試験を迅速に−ギガ疲労” 超鉄鋼 強度2倍×寿命2倍の実力と可能性 (2006)
全情報を表示...
会議録
  • Y. Furuya : “Size effects in gigacycle fatigue of high-strength steel under ultrasonic fatigue testing” Fatigue 2010 PROCEDIA ENGINEERING 2[1] (2010) 485-490
  • Y. Furuya, H. Hirukawa, T. Kimura, M. Hayaishi : “Ultrasonic Fatigue Testing for High-Strength Steels Prepared with Various Melting Methods” ATEMA Proceedings of AES- ATEMA 1st International Conference (2007) 77-85
  • M. Hayakawa, Y. Furuya, Kyushu University : “ATOMIC FORCE MICROSCOPY OF LOCAL PLASTIC DEFORMATION For TEMPERED MARTENSITE” 16th European Conference of Fracture Proceedings of 16th European Conference of Fracture 16 (2006) 358-365
全情報を表示...
口頭発表
  • 2010/03/28-30 : 長島伸夫, 古谷佳之, 木村勇次, 井上忠信 : “温間テンプフォーミングで作製した超微細粒鋼のギガサイクル疲労特性” 2010年春期(第146回)大会講演
  • 2009/12/03 : 古谷佳之 : “超音波疲労試験によるギガサイクル疲労特性評価” 住友金属工業殿社内講演会
  • 2009/11/12 : 古谷佳之 : “ギガサイクル疲労データシートの解析” 疲労データシートシンポジウム
全情報を表示...
特許 全情報を表示...
外部参照
ResearcherID.COM (No.H-2620-2011)
その他
所属学会 日本機械学会 日本金属学会 日本鉄鋼協会
研究者