研究者
藤田 大介

ホーム > NIMSについて > 研究者 > 藤田 大介
プロフィール
Last Update : 2017/02/13
Portrait
藤田 大介 (フジタ ダイスケ)
物質・材料研究機構   役員   理事
メール: FUJITA.Daisukenims.go.jp
電話: 029-859-2004
茨城県つくば市千現1-2-1 [交通アクセス]
研究者紹介冊子版
printImage
ホームページ
併任先
先端材料解析研究拠点 拠点長
技術開発・共用部門 微細構造解析プラットフォーム推進室 運営責任者
研究分野
キーワード 応力場 走査型プローブ顕微鏡 超高真空
出版物 2004年以降のNIMS所属における出版物を表示しています。
研究論文
  • M. Xu, D. Fujita, K. Onishi and K. Miyazawa : “Improving Accuracy of Sample Surface Topography by Atomic Force Microscopy” J. Nanosci. Nanotechnol. 9[10] (2009) 6003-6007 DOI:10.1166/jnn.2009.1232
  • A. Bandyopadhyay, D. Fujita, Ranji Pati : “Architecture of a massive parallel processing nano brain operating 100 billion molecular neurons simultaneously” INTERNATIONAL JOURNAL OF NANOTECHNOLOGY AND MOLECULAR COMPUTATION 1[1] (2009) 50-80
  • M. Xu, D. Fujita and K. Onishi : “Reconstruction of atomic force microscopy image by using nanofabricated tip characterizer toward the actual sample surface topography” Rev. Sci. Instrum. 80[4] (2009) 043703-1 DOI:10.1063/1.3115182
全情報を表示...
書籍
  • 藤田大介 : “STMによるナノ構造の形成” エコマテリアルハンドブック (丸善) (2006)
  • 藤田大介 : “ナノワイヤーの製造法” ナノファイバーテクノロジーを用いた高度産業発掘戦略 (2004)
  • 藤田大介 : “表面反応” 21世紀版 薄膜作製応用ハンドブック (2003)
全情報を表示...
会議録
  • M. Harada, D. Fujita : “Auger investigation of fullerene nanowhiskers heat-treated at 400-800 degrees centigrade” The IUMRS International Conference in Asia 2008 (IUMRS-ICA2008) JOURNAL OF PHYSICS:CONFERENCE SERIES 159 (2009) 012025-1
  • X. Guo, Dong ZC, D. Fujita : “Deposition and STM Characterization of Luminescent Organic Molecules on Metal Substrates” The 7th International Conference on Nano-Molecular Electronics THIN SOLID FILMS 516[9] (2008) 2407-2410
  • K. Sagisaka, D. Fujita : “A parabolic quantum well on a single dimer row of the Si(001) surface studied by scanning tunneling spectroscopy” IVC-17/ICSS-13 and ICN+T2007 JOURNAL OF PHYSICS: CONFERENCE SERIES 100[5] (2008) 052002-1
全情報を表示...
口頭発表
  • 2009/12/10 : D. Fujita : “Nanofunctionality characterization on semiconductor surfaces by scanning probe microscopy” Joint Workshop between Osaka University and MANA/NIMS
  • 2009/12/07-09 : A. Bandyopadhyay, S. Sahu, D. Fujita : “Remarkable potential of pattern based computing on an organic molecular layer using the concept of cellular automata” ISPACS 2009
  • 2009/11/26 : 徐明生, 藤田大介, 花方信孝 : “Characterization of Nanomaterials for Risk Assessment” 平成21年度NIMSナノ計測センター研究成果発表会 - 公開セミナー
全情報を表示...
特許
  • 特許第4192237号 “ナノ構造の形状制御方法” (2008)
  • 特許第3686948号 “自己再生型カーボンナノチューブ・グラファイト混合膜の形成方法” (2005)
全情報を表示...
外部参照
ResearcherID.COM (No.H-2545-2011)
研究者